阿久悠作詞の初島小中学校校歌2016/08/29 06:06

 25日の<等々力短信>第1086号『不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読む』を 読んだ澤辺正恭さんからメールを頂いた。 澤辺さんはずっと富士急行にお勤 めで、現在は「慶應の水」の富士ミネラルウォーターの事業に関わっている。  熱海沖に浮ぶ初島は、富士急行が昭和39(1964)年から観光開発を手掛けて きた地域なのだそうだが、その初島小中学校の校歌にまつわる、とても良い話 があるというのだ。

 この学校は元々は分校(昭和47(1972)年独立)だったので、校歌がなか った。 遠足で出かけたバスのガイドに「校歌を聞かせて」と言われて、しょ んぼりしたり、子供たちが漁の手伝いをして校歌を作るための資金を貯めたり していた。 それを寂しく思った昭和55(1980)年当時の校長が、阿久悠さ んに手紙を書いて、校歌の作詞を頼んだ。 すると手紙を読んだ阿久悠さんが、 三木たかしさんと二人で島を訪れ、作詞作曲をしてくれたのだそうだ。 しか も無料でやってくれたという。

 熱海市立初島小中学校の校歌、阿久悠作詞、三木たかし作曲の『地球の丸さ を知る子どもたち』は、昭和55(1980)年11月に制定された。

   「空にも道がある 海にも道がある 流れる風にも 道がある 歩けよ たずねよ 自然の子らよ 太陽と語れよ おおらかに 君らには あり余る光 があり 君らには あり余る愛がある 視界は はるか 三百六十度 地球の 丸さを 知る子どもたち 初島 初島 ああ 初島

季節は誰よりも やさしい道しるべ 走れよ 歌えよ みどりの子らよ 黒潮と語れよ はれやかに 君らには はちきれる心があり 君らには はち きれる夢がある 視界は はるか 三百六十度 地球の丸さを 知る子どもた ち 初島 初島 ああ 初島」

 澤辺正恭さんは「視界は はるか 三百六十度」、初島灯台から見ると、全く その通りだと言う。

『不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読む』を読むとわかるが、阿久悠さんの自宅 は伊東の手前の宇佐美にあって、東京の事務所に通う時に、いつも初島は見て いたわけだ。 淡路島の出身だったから、島の小学校というのにも、思い入れ があったのかと思われる。 校歌が出来た昭和55年は、阿久悠さんが『瀬戸 内少年野球団』で直木賞の候補になった年であった。

タイに製糸技術を教えた富岡製糸場の工女2016/08/28 07:01

 22日の「私の祖母も芸者だった」を読んだ弟からメールがあり、8月25日 (木)の日経新聞の文化欄に“タイ生糸で歴史紡いだ娘”という記事が掲載さ れているのだけれど、祖母の若き日に思いをはせる、という点では、何か相通 じるところがあるという。 日経新聞は、会社を畳んでから読む必要がなくな ったので見ていないけれど、ネットで検索して件の記事をだいたい把握した。

 「どこの家庭にも秘められた歴史というものがあるのではないだろうか。」  古田節子(童話作家)さんの祖母小金澤さわ、そろばんが得意な利発な子だっ たので、高等小学校の担任の先生に頼まれて、富岡製糸場に入った。 タイで 宮廷を中心に絹の需要が増える中、輸入に頼らず、自国で安定的に生産したい ということになって、日本に養蚕と製糸の技術指導を求める。 日本から多く の男性技術者がタイに渡り、農学や養蚕学を教えた。 現場の製糸技術を教え るため工女の小金澤さわも、タイへ渡ったのだった。 古田節子さんがアルバ ムを持って大使館を訪ねると、東南アジア史の研究者、吉川利治大阪外国語大 学(現大阪大学)教授を紹介され、外務省の外交文書とタイの公文書に小金澤 さわの名前のあることがわかった。 その時の感動は忘れられない、という。

 長く患っていて17日に亡くなった元片倉工業社長の岩本謙三さんは、大学 の同期だった。 柔道部だった友達の友達だったことで知り合い、「等々力短信」 を読んでもらっていた。 19日朝日新聞朝刊の死亡記事に「同社が所有・管理 していた富岡製糸場を、群馬県富岡市に05年に寄贈した当時の社長。14年の 世界遺産登録につながった。」とあった。 短い訃報なのに、こう書かれていた のが嬉しかった。

大名屋敷街と新旧の伏見城2016/08/27 06:31

 大河ドラマ『真田丸』を、とても面白く見ている。 「伏見」についても、 実際の政治が、大坂でなく、この伏見の地で行なわれていたことが、よくわか る。 諸大名は、伏見城下にそれぞれ屋敷を持って、妻子は人質として住まわ されていた。 後の江戸は、そのやり方を踏襲したわけだ。

 『ブラタモリ』「伏見は“日本の首都”だった!?」で、伏見城から宇治川、 巨椋池のある低湿地へ向かって、傾斜地に城下町を造成した大工事を説明して いた。 丹波橋駅(京阪本線・近鉄)へ向かう傾斜地の道路は左右はまっすぐ なのだが、路面はうねっている(アップダウンがある)。 これは「直線を見た ら、豊臣と思え」で、京都にならって碁盤の目に造成し、自然の地形に逆らっ て、まっすぐな道を通したためだ。

 お城に近い斜面は急勾配で、段差が見られ、雛段型に造成したかなり広い敷 地になっている。 ここは大名屋敷街だ。 現在の地名にも、伏見区の、桃山 毛利長門西町(毛利輝元邸)、桃山福島太夫西町(福島正則邸)、桃山長岡越中 東町(細川忠興邸)、桃山町金森出雲(金森可重邸)、桃山羽柴長吉西町(池田 長吉邸)などと、残っている。 福島正則邸は、黒田家の母里(もり)太兵衛 がここへ使いに行き、名槍日本号をかけて酒を飲み競べた、あの「酒は飲め飲 め…」の「黒田節」の故事の場所だそうだ。

 最近の『真田丸』「応酬」「動乱」では慶長3(1598)年、秀吉の死を秘して いる間に、徳川家康がいろいろ画策して、影響力を強めてゆくため、石田三成 との対立が次第に激しくなり、三成はついに徳川屋敷の夜襲を計画する。 そ の動きを察知した家康の家老本多正信は、徳川屋敷に諸大名を集めて、三成の 企ては頓挫する。 その徳川屋敷も、真田昌幸の屋敷も、ここ伏見の大名屋敷 街にあった。

 そもそも伏見城は、関白の位と聚楽第を豊臣秀次に譲った秀吉の隠居屋敷と して築かれたが、秀頼が産まれたことから大規模な改修を行なって、秀吉の本 城となった。 『ブラタモリ』が最後に行った、宇治川沿いの京阪宇治線観月 橋駅近くの、伏見区桃山町泰長老の集合住宅の所が、昨2015年、最初の伏見 城である指月(しげつ)城の場所であることが発掘によって確認された。 金 箔瓦やしゃちほこの瓦が出土したのだ。 指月城は、築城の2年後、文禄5 (1596)年の慶長伏見地震で崩壊した(慶長に改元)ため、新たに木幡山城(木 幡城)が築城された、これが明治天皇陵の所の城だ。 秀吉は、晩年の5年間 を、自らがつくった“日本の首都”伏見で過ごした。 秀吉最後の豪遊となっ た「醍醐の花見」の醍醐寺も、伏見城から4キロほどの場所になる。

「伏見は“日本の首都”だった!?」2016/08/26 06:27

 『ブラタモリ』でとても勉強になったのは、その横浜の前の回「京都・伏見」 「伏見は“日本の首都”だった!?」(5月7日放送)である。 安土桃山時代 というけれど、安土は織田信長の安土城、桃山は豊臣秀吉の伏見城が政治の中 心だった時代であると、あらためて言われて、なるほどと納得した。 大坂城 は豊臣家のプライベートな家で、豊臣政権のオフィシャルな場所は伏見城だっ たという。 桃山は、京都市伏見区の地名で、伏見の中心街の南東に当たり、 伏見城の廃址に桃が多く植えられたため、この称が起こったという、明治天皇 の伏見桃山陵、昭憲皇太后の伏見桃山東陵がある、と『広辞苑』に書いてある。

『ブラタモリ』ではおなじみの京都街歩きガイド、京都高低差崖会(がっか い)崖長(がけちょう)梅林秀行さん(42)が、伏見は“日本の首都”だった ことを説明していく。 東山連峰南端の丘陵に位置し、前面に宇治川、巨椋池 (おぐらいけ)を控え、京都盆地はもちろん大坂から奈良まで一望できる自然 の要害地、絶好の立地だったので、慶長元(1596)年豊臣秀吉が伏見城を築き、 丘陵西斜面に城下町を造成し、“日本の首都”とした。 それまで宇治川が直接 巨椋池に流入していたのを、豊臣秀吉が伏見城の築城にあたり、文禄3(1594) 年宇治川の流路を変更して、淀川に直結、日本で最も重要な商業都市大坂と結 ぶとともに、巨椋池の上を通る道路「太閤堤」を築いて、伏見を水陸両面から 交通の要衝、物流の中心としたのである。(落語の『三十石 夢の通い路』など があるのは、秀吉のおかげだということになる。)

伏見城の築城と城下町の造成は驚きの都市計画、一大土木工事で、秀吉の土 木工事好きが現れている。 伏見城の本丸は、現在明治天皇陵の敷地の一部に なっているが、その北側に直線の巨大な堀(北堀)の跡がある。 幅150メー トル、深さ15メートルの堀を人工的に掘っている。 伏見城はすべてを一年 未満で築いたといわれ、天下人の権力を物語っている。 豊臣秀吉は「土木デ ベロッパー」「豊臣建設」だった。 巨大で直線的な、すさまじい地形、伏見に ちょこちょこ残る直線を見たら、豊臣と思え、と梅林秀行さんは言う。

元和5(1619)年、徳川幕府によって伏見城は取り壊され、跡地に桃の木が 植樹されて、桃の名所になった。 江戸時代の絵地図に、桃山とあり、たくさ ん桃の花が咲いていた。 現在建っている伏見城のまがい物は、昔の本丸とは 違う場所に、昭和39(1964)年キャッスルランドという遊園地が建てたもの、 13年前に閉園したため、『ブラタモリ』でなければ、入れなかった。  それにしても豊臣秀吉のつくった伏見城を、徳川幕府が壊し、明治天皇の崩 御に際し伏見桃山陵がつくられた。 権力の興亡を如実に物語っている。

『不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読む』<等々力短信 第1086号 2016.8.25.>2016/08/25 06:33

三田完さんの本は、この短信で何度か紹介してきた。 『俳風三麗花』(975 号)『当マイクロフォン』(989号)『草の花』(1025号)『歌は季につれ』(1045 号)『俳魁』(1062号)だ。 8月1日だったか、NHKニュースウォッチ9に 三田完さんが映っているのを見た。 明治大学に阿久悠記念館があり、そこに ある阿久悠日記をご子息の深田太郎さんや大学教授、編集者など6名で読み研 究しているという。 そのコーナーのキーワードは、「「逆境を好機に変える天 才」になりたい」だった。 直後、三田完著『不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読 む』(文藝春秋)の広告を見たので、さっそく読む。

 私は2003年に阿久悠さんの『日記力』(講談社+α新書)を読んで、7月3 日~6日の<小人閑居日記>に、「日記で時代の風や人間を読み取る」「すべて はメモから始まる」「情報やイメージに騙されないために」「阿久悠『日記』風 を試みる」を書いていた。

 三田完さんは、NHK時代の平成3(1991)年に作詞家生活25周年『阿久悠 歌は時代を語り続けた』という2時間番組制作に関わって、阿久さんとの“え にし”を深め、翌年地方局転勤をいいわたされたのをきっかけに、阿久さんを マネージメントするオフィス・トゥー・ワンに入社、阿久さんが亡くなる平成 19(2007)年まで15年間、この歌謡界の巨人の身近にいた。 同社は、久米 宏さんをマネージメントし、『ニュースステーション』(テレビ朝日)の制作に も開発段階からかかわっていたことを知る。

 阿久悠=深田公之(ひろゆき)さんは、昭和12(1937)年に淡路島で巡査 の子に生まれ、洲本高校から明治大学文学部に進む、柴生田稔教授の指導で卒 論は和泉式部を書いた。 昭和34(1959)年広告代理店宣弘社に入り、コピ ーや企画書を書いていたが、5年目にアルバイトでオフィス・トゥー・ワンに 所属、テレビのコントを書く放送作家阿久悠との二重生活に入る。 29歳で宣 弘社を退社、作詞家デビューもして、昭和45(1970)年森山加代子の『白い 蝶のサンバ』が48万枚のヒット、通帳に見たことのない桁の数字が印字され た。 『笑って許して』(和田アキ子)、『ざんげの値打ちもない』(北原ミレイ) もヒット、作詞家阿久悠は一挙に歌謡界のモンスターとなった。 時代は変わ っても、「人間は、やはり悲しいし淋しいし、また、幸福を求めるもので、時代 の中で変装した心を探すのが、歌だと思います。」 ヒットメーカーとして頂点 を極めたのは昭和48(1973)年からの6年間。 作詞から小説に力点を移し、 昭和54(1979)年上梓の『瀬戸内少年野球団』が直木賞候補になった。 精 力的に小説執筆をつづけ、何度か直木賞候補にもなるが、受賞は叶わなかった。  日記に、<ライバルが直木賞とりし日の夜の梅こぼれ散る様しばし見ており> ―なかにし礼氏受賞―。