柳家小さんの「青菜」前半2017/07/24 07:09

 黒い着物に羽織無し、灰色の袴の小さん、お暑うございます、茹だるような 暑さで。 今はエアコンをセットしておけば、涼しくなっている。 便利過ぎ るのが、不便になる。 年を取ってくると、昔の方が情緒があった。 風呂に 入って、遠くからの扇風機、風鈴の音がして、ビールを飲んで、何で巨人はこ んなになっちゃったんだろう…。

 植木屋さん、ご精が出ますね。 休んでいるんじゃない、お庭を拝見しなが ら、あの松はどうしたらいいかとか、考えているところで…。 毎日、庭に手 を入れてくれるだけで結構、水を撒くのも商売人で、夕立が降ったよう、冷た い風が来るようで。 お屋敷はいいですね、ウチは長屋のどんづまり、あっち こっちにぶつかった熱い風が来る、今夜あたり化け猫が出る。

 時に植木屋さん、ご酒はお好きかな。 酒は銭だけ呑むんで。 懐の銭みん な呑まないと気が済まない。 あなたの仕事を見ながら今、一杯やっていたと ころだ。 大阪の友人から送ってくれた柳蔭、縁側に腰掛けて、そのガラスの 猪口で、手酌でやらないか。 柳蔭、幽霊でも出そうな酒ですね。 柳蔭、焼 酎にちょいと味醂を割ったものだな。 こっちで言う、直しじゃございません か、夏場の暑気払いにいい。 よく冷えてますな。 あなたは外で仕事をして いたから、口の中に熱があって、冷たく感じるんだろう。

 時に、鯉の洗いはお好きかな。 鯉の洗い、話には聞きますが、職人ですか ら食ったことがない。 黒いかと思ったら、白いんですね。 ここまで白くす るのは、シャボンで洗うんですかね。 黒いのは皮、外套だな。 鯉が外套な ら、鰻はズボンですね。 私は鰻のシャッポ専門で。 その酢味噌をつけて。  酢味噌をたっぷりつけてと、うん、シャキシャキして、旨いですね、さっぱり している。 淡白なものだ、下に氷があって、冷やしてあるところが値打ちだ な。 わっしら、氷のかけらが、一夏に一つか二つ、口に入るかどうか。 ク チュ、クチュ、クチュ…、この氷、よく冷えてますね(頭の後ろをさかんに叩 く)。

 時に植木屋さん、菜はお好きかな。 菜のおしたし、大好物で。 取り寄せ ましょう。 わっしが、台所へ取りに行きますよ。 いいから、お座んなさい。  (手を叩き)これよ、奥や! 旦那様、お呼びでございますか。 植木屋さん は菜がお好きだというから、鰹節をかけて持ってきておくれ。 旦那様、鞍馬 から牛若丸が出でまして、菜は九郎判官。 そうか、義経にしておきなさい。  すまないね植木屋さん、菜がみんなになっていた。 誰か、お見えになったん じゃないですか。 鞍馬さんとか、牛若さんとか。 ウチの出入りの者だから 言うけれど、内緒話、隠し言葉のようなものでな。 そうなんですか、ちっと もわからない、どういうことで。 菜は食べてしまって、もうないという。 お 屋敷には、いろんな苦労があるんですね。 奥方様はごチョウエキ……、ご教 養がおありですから。 (すっかり注いで)お酒が、義経になりました。 柳 蔭でなく、普通の酒ならあるから、よかったら。 ほんの冗談で…、今日はこ れで上がらせてもらいます。 鯉の洗いを、もう一つ頂いて…、ごっそう様で した。

昭和2(1927)年7月<等々力短信 第1097号 2017.7.25.>2017/07/24 07:06

 90年を迎えた岩波文庫が創刊されたのは、昭和2(1927)年7月である。 岩 波文庫90年「掌(てのひら)の教養」(朝日新聞7月12日朝刊)に寄せた談 話で、山崎正和さん(劇作家・評論家)は、岩波文庫が創刊されたのはエリー トが大量生産された時代だったと言う。 学制改革で旧制高校が増え、私学も 専門学校から大学に昇格し、日本中にインテリがあふれ出た。 同じ頃に雑誌 『文藝春秋』も生まれた。 大正末期から昭和初期に新しい出版の動きが重な ったのは面白い現象だ。 朝日新聞や毎日新聞が100万部を突破したのもこの 頃、みんなが知的欲望を持ち、日本は「知的中流社会」になった。 ところが 今、活字文化は一斉に没落し、文庫はスマホに取って代わられながら、踏ん張 ってはいるが、総合雑誌も、新聞も厳しい。 つまり「総合の知」が没落して、 せっかくつくった知的中流社会を日本は手放すことになるかもしれない、と。

岩波文庫創刊と同じ月の24日未明、「何か僕の将来に対する唯ぼんやりした 不安」という遺書をのこして芥川龍之介が睡眠薬自殺をとげた。 今月講談社 文芸文庫で初の文庫化がなされた作家・野口冨士男最晩年の記念碑的労作『感 触的昭和文壇史』は、第一章「芥川龍之介の死」で始まっている。 野口は、 芥川の死の要因となったものが、文壇人として生活人としての彼の周囲に、十 重二十重に張り巡らされていたと見ている。

芥川が文壇の寵児だった文学史としての大正時代が過ぎ去って、「既成文学に 対立する若き昭和文学」が台頭し、二つの進路があった。 一つはプロレタリ ア文学、もう一つは前衛的なモダニズム文学への方向だった。 前者は中野重 治たち、後者は横光利一、川端康成、中河与一、片岡鉄兵、今東光らによる新 感覚派の文学運動だ。

大正12(1923)年の関東大震災後、上で山崎正和さんの語った時代、マス コミ出版界は不死鳥のように蘇り、大衆文学の進出が顕著で、「量における文芸 の黄金時代」を築く。 芥川も大阪毎日新聞社の社友、嘱託社員という立場に はあったが、いわゆる新聞小説の書き手ではなく、作家的体質は短篇作家に終 始した。 量産がともなわず、単行本の部数も少ないのは、「ぼんやりした不安」 の一因子かもしれない。

大正15年11月、昭和改元の1月前、改造社が発表した『現代日本文学全集』、 いわゆる円本の刊行という怒涛が、人気作家の芥川をまるごとのみ込んだ。 予 約募集の大量生産方式による不況乗り切り策が大当たり、予約読者はたちまち 23万にのぼった(後に4、50万)。 円本合戦は児童文学全集にまで及び、『日 本児童文庫』(アルス・『羅生門』を処女出版)と、菊池寛・芥川編集の『小学 生全集』(文藝春秋・興文社)の板挟みで、芥川はそうでなくてさえ繊細な神経 をいっそう痛めつけられるのだ。

三遊亭兼好「一眼国」の本篇2017/07/23 06:49

 お前さんに頼みがある。 本物を生け捕って来てくれないか。 何年か前、 お前さん、旅から帰って、ガタガタ震えていたことがあった。 何か怖いもの、 珍しいものを見たんだろう。 お前が生きていられるのは、誰のおかげだ、お 父っつあんも、お前も、恩知らずということになるぞ。

 今まで黙っていましたが、旦那にはお話します。 一度だけ、一つ目を見た ことがある。 江戸から北に百里、大きな原っぱがあり、その真中に大きな榎 の木が一本あった。 一足ごとに暗くなって、人家は見当たらない。 遠寺の 鐘がゴーーンと鳴り、なま温かい風が吹いてきて、「おじちゃん」と呼ぶ、子供 の声がする。 五つか、六つの女の子、赤い着物に、赤い布を頭にのせ、小さ な毬を持っている。 前髪の下に、大きな目が一つしかなかった。 逃げに逃 げた、後にも先にも、あんな怖い思いをしたことはない。 一つ目の国では、 人間を捕まえて食らうそうだ。 よく話してくれた。 鰻はないが、握り飯を 持って行け、親父さんによろしく。

 明くる日、江戸から真北に百里、大きな原っぱにやって来る。 遠寺の鐘が ゴーーンと鳴り、なま温かい風が吹いてきて、「おじちゃん」と呼ぶ、子供の声 がする。 五つか、六つの女の子、赤い着物に、赤い布を頭にのせ、小さな毬 を持っている。 目は、たった一つ。 いたーーっ、大儲けだ。 お嬢ちゃん、 おいで、お菓子がある。

 女の子を小脇にかっこみ、口を押えて、走り出す。 ジャンジャンと半鐘が 鳴り、大きな原から、人がピョコピョコ湧き出して、追いかけて来る。 女の 子を投げ出して逃げたが、たちまち捕まり、後ろ手に縛られて、奉行所へ。 お 奉行様も目が一つ、追って来た連中もみんな目が一つだった。 一眼国だ、南 無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経。 生国はどこだ? 江戸で。 かどわかしの罪 は重いぞ。 おもてを上げよ。 奴、珍しい、目が二つじゃ。 調べは後廻し にしよう、さっそく見世物に出そう。

三遊亭兼好「一眼国」のマクラ2017/07/22 07:12

 夏の想い出といえば夏祭、子供の頃の屋台や夜店だ。 昔は的屋(香具師) がやっていて、怪しげな雰囲気だった。 焼きそばなんか、とても旨い。 そ れが家に持って帰ると、不味い。 子供を平気でだます。 輪投げというのが あって、私、自慢じゃないが得意だった。 三つに二つぐらいは、狙ったのが、 取れた。 近所の恐いお兄いさんに頼まれて、代わりに取ってやったりした。  五重塔の貯金箱があり、途中で引っかかって、どうしても取れない。 とうと う取れず、店の人がいない時にやってみたら、輪より屋根の方が大きかった。

 たこ焼きのおじさん、やさしい人だった。 小指がない。 両方ともなかっ た。 不思議に思って、子供だから、聞いてみた。 これか、タコに合わせた んだよ。

 「もぎ取り」、金さえ取れればいい、というのがある。 「目が三つに、歯が 二本!」 下駄が置いてある。 「八間の大どうろう!」 入口で手をつかん で、ひきずって、出口で押し出す。 入口から出口まで、通ろう通ろう。 「ベ ナ、ベナだよ!」 「人間と生まれたからは、いっぺんベナを見ておきなさい。」  小屋の真ん中に、男が一人、鍋のひっくり返したのを、竹の棒で叩く。 「ご めんね、ベナだよ! ベナ!」 表に出た奴が、「ベナ、見た? エッ、まだ見 てないの、まずいよ、見なくちゃあ」で、広まる。

 見世物小屋。 ヘビ女、なんてのがあった。 ストリップみたいなもの。 煽 りの見世物、緞帳を紐で引っ張って、チラッと見せる。 「鬼娘だよ。 いら っしゃい、いらっしゃい。 ご当地評判の鬼娘! 親代々の猟人で、親の因果 が子に報い、生餌を食べる、バッタ、カエル、ヘビ。 ある日、隣の赤ん坊の 頭をガリガリ噛んだ。 父親が帰って来なくなり、母親は狂い死にしたんで、 やむなく娘を預かった。 さあさあ、ガリガリ噛むところを見せるよ!」  娘には角が生えている、人参。 前にバッタ、カエル、ヘビの食い散らしが置 いてあって、本物の赤ん坊がいる。 「今、こんなに食べたんだが、この赤ん 坊を無理に食わそうか? 今日はよそうか?」 サクラが、「助けてやれよ。 な あ、皆さん。」 おー、そうそう、可哀そうだ、やめろ。やめろ。 「そんなに 言うんなら、今日はやめておこう。」

 そんなことを続けていると、客が来なくなる。 「おおざる、こざる」「おお かみ(大紙)男」「カエル(帰る)娘」なんていうのも、みんな、お見通しだ。

 この小屋も長くはない。 乞食坊主、六十六部を呼ぶ。 全国を旅している お前さんに頼みがある。 本物を生け捕って来てくれないか。 何でもいい、 何かあるだろう。 腹が減ったろう、鰻でも取ろうか。

桂宮治の「徳ちゃん」2017/07/21 07:12

 19日は暑い日で、第589回の落語研究会だった。 5月の第587回を書き始 めた6月4日に触れた麹町交差点の住友のビルに、半蔵門駅へのエレベーター やエスカレーターが出来て、使えるようになっていた。

「徳ちゃん」       桂 宮治

「一眼国」        三遊亭 兼好

「青菜」         柳家 小さん

         仲入

「なす娘」        入船亭 扇辰

「佃祭」         五街道 雲助

 丸い顔、頭のてっぺんだけ毛のある桂宮治、どこの誰だかご存知ないでしょ うが、芸協(落語芸術協会)の桂宮治(みやじ)、色物を見るやさしい視線で 見てほしい。 落語研究会は三回目、前の二回は心の傷を負った。 一人会を 多治見、日本で一番暑い所でやってもらった。 気温38.1℃、古民家ギャラリ ーの瀬戸物を片付けた(手癖が悪いので)会場、100人ぐらい入って、クーラ ーなし、午後2時から。 1万円の扇風機、20台入れました、と。 エアコン 買えよ!

 娘が1年生、一番背が高い、幼稚園の時、塀を乗り越えて逃げ出した。 先 生に捕まって、「花魁の足抜けの稽古」と言った。 呼び出されて、噺家だと 言ったら、納得された。 6歳で「花魁の足抜け」を習得している。 花魁は、 今で言えばディズニーランドでなく、ソープランド。

 大正時代、大正デモクラシーなどで、ゆっくりした時間の流れていた頃のお 話。 学生さん、登楼(あが)ってらっしゃい。 本ばかり読んでいると、頭 が固くなるよ、固くするのは他の所でしょ。 小店の遊び。 そこの二人、噺 家でしょ。 どうして、わかる。 紋付きの羽織なんか着ているのは、大神宮 様のお札配りか、大学の応援団ぐらいのもんだ。 噺をするだけで、他人の話 を聞いた経験はないの。 いい妓が揃ってる。 明日の朝まで、二人で全部含 めて1円80銭、台の物も付く。 いい妓が並んでるから、見てってよ。 真 ん中の白いのは? あれは多治見の花瓶。 あとは黒いのばかり、猿の惑星か。  他にもいるから、登楼って下さい。 ここでお勘定。 もう。 1円80銭は、 特別だから。 売れない噺家が二人、お登楼りだよ。

 徳ちゃん、ここ汚えな、回し部屋、鶏小屋みたいだ。 なんか書いてある。  「牛と狐の泣き別れ、モウコンコン」、赤い血で「タ・ス・ケ・テ!」 徳ち ゃんは隣の部屋かい。 隣はラシャを売ってるロシア人。 徳ちゃんは、離れ で。

 廊下をまっすぐ行く、周りに大きな穴があるから落ちないように、階段を上 がって踊り場、隣の家との間に、畳が敷いてある、ウチじゃあ「ノアの箱舟」 と言っている。 こないだ、カッポレを踊った人がいて、突然、いなくなった。  畳に穴が開いて、下へ落っこちた。 手鉤と荒縄で、引き上げる。 鼻に引っ 掛かったりしたけど、私がうまく帯に引っ掛けて、持ち上げた。 みんなで小 一時間、遊んだっけ。 あの人、瀕死の状態で、あれからもう来ません。

 お客様、こちらへ。 蒲団は、触っちゃいけない、藁が出る、陸軍払下げ。  毛布は本物、軍馬用だけど。 キリストじゃないよ。

 花魁とは名ばかり、頭はざんばら、簪の代りに割り箸を挿し、何十年も着て いるような友禅の長襦袢、1メートル80の真っ黒な大女、芋をボリボリ食いな がら、(とてつもない大声で)「コンバンハ!」 男か、女の人、掃除の人?  ハハハハ、花魁。 お前、いらん。 若い衆に、度胸試しに来たんじゃないっ て、伝えてよ。 あんた、噺家だってね、鼻から鹿を出すの。 寄席で噺をす るんだ。 一人気違いか。 お前、屁、こいたな。 芸人か、おら、田舎にい たとき、浮名を流したもんだ、三味線弾きなんかと、一生忘れない。 チュウ しようよ。 いや、中止しよう。 誰もいない、二人だけだ、チュウしよう。  俺、腹が痛いんだ、帰ってくれ。 女に恥をかかせるのか。 俺、帰える。

 徳ちゃん、廊下を走って、大きな穴に足を突っ込んで、動けなくなった。 お 客さん、どうするんです。 花魁に、足を抜かせる。 そんなことをしたら、 ウチの商売、上がったりだ。