室町幕府第十三代将軍、足利義輝2020/04/07 07:12

 『麒麟がくる』で向井理がやっている足利義輝、天文5年(1536)の生れだ から、天文15年(1546)細川晴元らに擁立されて、将軍職を譲られ、室町幕 府第十三代将軍となったのは数え11歳の時だった。 当初は父義晴の補佐を 受ける。 天文16年(1547)、細川晴元と畠山正国の争いに、畠山にくみした ため、細川勢に洛北の北白川城を攻められ、父義晴とともに近江坂本へ逃れた のち晴元と和し、翌17年6月帰洛した。 しかし翌18年(1549)晴元が家臣 三好長慶と摂津に戦って敗れたため、義晴父子は晴元とともに再び坂本に移る。  天文19(1550)年5月4日義晴が病没したので、義輝が家督を継いだ(数え 15歳)。 天文20年(1551)三好氏の近江侵攻により、坂本からさらに北の 山中の高島郡朽木に移った。 天文21年(1552)には三好氏との和約が出来、 一時帰京するが、まもなく朽木に戻る。 朽木幽居の間、秀隣院庭園(国指定 名勝)を造営し、俗説では塚原卜伝に剣術を学んだといわれるが不詳。

 永禄元年(1558)(数え23歳)六角義賢の尽力で長慶と和して京都に帰還。  交戦中の戦国大名間に和議を勧めるなど将軍権威の回復に努めた。 還京後は、 単なる長慶の傀儡に甘んぜず、幕府の首長として、三好政権に抵抗の姿勢を続 けたため、松永久秀らに警戒され、長慶死去の翌永禄8年(1565)5月19日 暗殺された。 義輝は数え年で30歳になったばかりだったから、いかにも若 い。 義輝が殺害されたのち、越前の朝倉義景に仕えて40代で歴史に登場す る明智光秀との、年齢の差が際立つ。  この足利義輝晩年の、将軍権威の回復に努めた姿勢を、池端俊策さんが『麒 麟がくる』のメインテーマに取り込んで、響かせたのであろう。

『麒麟がくる』の天文年間2020/04/06 07:04

 大河ドラマ『麒麟がくる』が始まった時、第一回の「光秀、西へ」でナレー ションの市川海老蔵が、年号の「天文」を「てんぶん」と読んだと、パソコン 通信以来の知人、国語学のやまももさんがブログ「やまもも書斎記」に書いた。  「てんもん」と読ませたいのだろう。 おせっかいな私は、「『広辞苑』は「て んぶん(テンモンとも)」ですね」と、コメントしたのだった。

 『麒麟がくる』、タイトルの初めに「天文〇〇年」と出て、まだずっと天文年 間が続いている。 NHKは『麒麟がくる』のホームページに、以前の大河で は付けていた、年表を出してくれたらよいのにと思った。 だが、ちょいと調 べてみると、明智光秀は生まれた年も不詳で、『日本歴史大事典』には「美濃源 氏土岐氏の庶流と伝えられるが、詳かではない。「永禄六年諸役人付」に足軽衆 明智とあるので、足利義輝の代からの幕臣と思われる。1565年(永禄8)義輝 が殺害されたのち、越前の朝倉義景に仕えたらしい。68年(永禄11)足利義 昭が義景のもとを去って織田信長を頼った際に、細川藤孝とともにその仲介工 作をしたと伝えられ、以後光秀は幕臣であるとともに、信長にも仕えることと なった。同年義昭・信長の上洛に従い、信長に認められて、公家・寺社領の仕 置など京都近辺の政務を1575年(天正3)頃まで担当した。他方、武将として も、1570年(元亀元)信長の朝倉・浅井攻めに参加し、翌年近江南部の一向一 揆や延暦寺との戦いに従軍し、信長による延暦寺焼打ち後に、その旧領近江国 志賀郡を与えられて坂本に築城した。この頃より義昭とは不和となり、1573 年(天正元)に信長が義昭を攻めて追放した際には信長方に従軍した。同年7 月信長から惟任(これとう)の名字を受け、日向守に任じられた。(以下略)〈下 村信博〉」とある。

 要するに、今までの『麒麟がくる』、「天文〇〇年」までの明智光秀の動静は まったく不詳、光秀が歴史に登場するのは当時で言えば老年期の40代だそう で、作者池端俊策さんが勝手に創作しても構わないというか、裁量の範囲が広 いことになる。 「足利義輝の代からの幕臣」とすると、第十一回「将軍の涙」 で近江の朽木(くつき)に幽居している将軍足利義輝(向井理)のところに、 奉公衆の細川藤孝(眞島秀和)に案内されて、明智光秀(長谷川博己)が行く というのは、おかしいことになる。 室町幕府第十三代将軍、足利義輝のこと は、また明日。

 4月1日、先月からつぶやき始めているtwitterに「年表も出してほしいで す。」と意味不明のことを書いたのは、NHKの『麒麟がくる』のtwitterに付 けるつもりだった(不慣れで…そのまま)。 しかし、その後、ちょっと調べて みて、「天文〇〇年」までの明智光秀の動静を年表にすることは不可能だとわか ったのであった。

大河ドラマ、呉座勇一さんの見方と、『麒麟がくる』2020/04/05 07:26

 呉座勇一さんは、「私たち日本史研究者の間ではNHKの大河ドラマの評判は 芳しくない。専門家だから、つい厳しい目で見てしまうのだ。」と言う(「呉座 勇一の歴史家雑記」朝日新聞2018年11月13日「ドラマ「真田丸」の妙」)。  細かい事実関係より世界観の方が気になり、近年の大河ドラマで顕著なのは、 現代的価値観を持ち込みすぎている点だそうだ。 側室が当り前の社会で、正 室があからさまにヤキモチを焼く。 戦乱が日常的に起きた時代に、主人公が 平和主義を唱える。 とはいえ、現代的価値観と懸け離れた思考の登場人物ば かりでは、視聴者が感情移入できない。 この点で、呉座さんが巧妙だと見た のが、2016年の「真田丸」で、視聴者の分身を登場させたことだ。 それが真 田信繁(堺雅人)の幼馴染という設定のきり(長澤まさみ)である。 彼女は 現代的価値観を現代的な言葉遣いで語り、作品世界で明らかに浮いていた。 そ れは、彼女が視聴者の代弁者だからに他ならない。 要するに、現代的価値観 を作品の基調にするのではなく、スパイス的に用いるべきだ、というのだ。

 その呉座勇一さんの見解から、今年の大河ドラマ『麒麟がくる』を考えてみ よう。 まず主題、戦乱のない平らかな世をもたらす「麒麟がくる」のを期待 しているというのだから、基調、大きなテーマは平和主義である。 時代の傍 観者のような明智光秀十兵衛(長谷川博己)を主人公に据えて、戦国時代の只 中に派遣して、美濃の斎藤道三家、京都の足利将軍家、尾張の織田家、駿河の 今川家、三河の徳川家の現場へ、カメラを持ち込んでいる。 作者の池端俊策 さんが、呉座勇一さんのコラムを読んだかどうかわからないけれど、完全にそ の見解を逆手に取り、明智光秀を視聴者の身代わりにして『麒麟がくる』を書 いたかのように思えるのだ。 明日、触れるが、明智光秀は40代になるまで の動静が詳しく分かっていないそうで、それも時代の傍観者としての設定を強 く後押ししている。

歴史学の手法と、福沢の実学=実証科学2020/04/04 07:02

 『陰謀の日本中世史』(角川新書)がベストセラーになっていた頃、「陰謀論 隆盛「歴史に学ぶ」に警鐘」という、呉座勇一さんのインタビュー記事があっ た(朝日新聞2018年8月19日文化・文芸欄、高久潤記者)。 「教科書に載 っていない〇〇」などと、学界では相手にもされない歴史の陰謀論が、SNSの 浸透もあって、注目される。 陰謀論は「自分だけが知っている」という優越 感をくすぐる。 だが、「はめたつもりがはめられていた」という加害者と被害 者の逆転だったり、一番得した人間が黒幕だったり、根拠がとぼしいまま、特 定のパターンにあてはめられた「物語」ばかりだ。 こうした「物語」に基づ いて教訓を得るということなら、「歴史に学ぶ」のは、やめたほうがいい、と言 う。

 その例として、呉座勇一さんが挙げるのが、源義経が一ノ谷の戦いで見せた 「鵯越の逆落とし」が、太平洋戦争で日本軍が奇襲を多用することになった背 景の一つとされること。 それが転じて「奇襲でアメリカに勝てる」となった が、うまくいったのは真珠湾攻撃など最初だけで、後は連敗。 「鵯越の逆落 とし」の話は、後の研究で創作と考えられている、そうだ。

 呉座勇一さんは、重要なのは「歴史に学ぶ」ではなく、「歴史を学ぶ」ことだ と言う。 歴史的事実は、常に覆され、更新されていく可能性をはらむからだ。  そして、「複雑な資料を読み進めながら、仮説を立て、調べ、資料の真贋を見定 め、事実と言える程度にまで自分で高めていく。こうした歴史学の手法は、現 代の情報社会を生きるうえで重要になりつつあると思う」と語っている。

 先日、U組同級のU君が、スティーブン・ピンカー(ハーバード大学心理学 教授)著『21世紀の啓蒙』(草思社)を読んで、その上巻のレポートを送って くれた。 一読して、私は科学や進歩への信頼など、『学問のすゝめ』や『文明 論之概略』で実学を説いた福沢の啓蒙したものに近いという第一印象を伝えた。

 福沢が説いた自分の頭で考える実学、小尾恵一郎ゼミで教わった学問の方法 は、自然科学のみならず、社会・人文科学を含めた実証科学のことだった。 福 沢は明治16年の「慶應義塾紀事」の中で、「実学」に「サイヤンス」とルビを ふっている。 『文明論之概略』などは、徹底的な実証精神の表れた、「実学」 の事例のオンパレードだ。 「スタチスチク」という言葉を使い、例えば殺人 犯や自殺者の数が年々ほぼ同数になることや、結婚と穀物の値段に負の相関関 係があるという実証分析に言及している。 自分の頭で考えるということには、 四つの要素がある。 問題発見、(オリジナルな)仮説構築、仮説検証(誰もが 納得するように、科学の作法で)、結論説明(解決策を示す)。 実践によって 検証を繰り返し、その都度修正を加え、より良き方法を求め、システマティッ クに問題解決の筋道を考えるものだ。 その時、公智(物事の軽重大小を正し く判断し、優先順位を決める。『文明論之概略』第6章「智徳の弁」)をしっか り働かせる。

最新の研究による織田信長像2020/04/03 07:04

 もう少しコラム「呉座勇一の歴史家雑記」を、読んでみよう。 著書『陰謀 の日本中世史』(角川新書)では、本能寺の変に関して「明智光秀を操った黒幕 がいた」といった類いの、学会では完全に否定されている奇説珍説を徹底批判 したそうだ(2018年10月23日「奇説が世に浸透する理由」)。 奇説珍説が 世間に浸透する最大の原因は、テレビの歴史バラエティー番組がそれらを面白 がって紹介することにあるという。 歴史学界の共通認識となっている「通説」 と、小説家や在野の歴史研究家の単なる思いつきを、あたかも対等な学説のよ うに扱うのはマスコミの悪しき平等主義で、実際には「見解の相違」など存在 しないのだそうだ。

2018年10月2日「黒幕説 斬新にみえるが」では、その例として織田信長 の人物像について書いている。 一般の人が知っている戦国武将の著名なエピ ソードのほとんどは、江戸時代以降の文献に登場するもので、要は創作である。  人となりに関して同時代人の証言が比較的多いのが織田信長だ。 だが小説や ドラマで好んで用いられるキリスト教宣教師ルイス・フロイスの信長評には誇 張や脚色の疑いがあり、注意する必要がある。

(私は昔「等々力短信」でフロイスの『日本史』を評価していた。第240号  1982.1.25.〈フロイス〉①385年後に実現したルイス・フロイスの念願。『日本 史』全訳の大事業。第241号 1982.2.5. ②数多く南蛮人宣教師に会い、世界 情勢に通じていた信長。第242号 1982.2.15. ③『日本史』の時代、信長秀 吉の時代、ポルトガルとスペインの興隆と衰退。)

 そこで呉座勇一さんの信長だが、意外なことに、最新の研究に従えば、信長 は朝廷・幕府・大寺社などの伝統的権威を尊重し、世間の評判を非常に気にす る人物だった。 本能寺の変に関する黒幕説の背景には「天才的革命家の信長 が明智光秀ごときに倒されるはずがない」という“信長神話”があり、一見斬 新に見えるが、実は通俗的な古い信長像に依存しているのだ、そうだ。