トクヴィルと福沢の見たアメリカ2017/03/30 06:25

 15年前の2002(平成14)年5月18日、福沢諭吉協会の総会が、日本橋の 三井本館に間借り中の交詢社であり、阿川尚之さん(当時は慶應義塾大学総合 政策学部教授)の「トクヴィルの見たアメリカ、福沢諭吉の見たアメリカ」と いう記念講演を聴いた。 その講演と、阿川尚之さんの『トクヴィルとアメリ カへ』(新潮社・1997年)から、まだブログにする前の<小人閑居日記>に、5 月26日「トクヴィルと福沢諭吉」、27日「トクヴィルの見たアメリカ」、28日 「自治のアメリカ、群れるアメリカ」、29日「握手、対等なアメリカ」、30日 「『トクヴィルとアメリカへ』の雑学」を書いた。 現在関心を呼んでいるアメ リカ合衆国やその民主主義について、大切なことが含まれているので、再録し ておきたい。

   トクヴィルと福沢諭吉<小人閑居日記 2002.5.26.>

 「また別に書く」と書いた阿川尚之さん(慶應義塾大学総合政策学部教授・ 作家阿川弘之氏の長男)の「トクヴィルの見たアメリカ、福沢諭吉の見たアメ リカ」という5月18日の講演は、なかなか歯切れがよくて面白く、勉強にな った。 阿川さんは、慶應を二度中退しているという。 法学部3年の時、ジ ョージタウン大に留学して一回、ソニー勤務の折か、友達の結婚式の司会をし たら列席していた法学部の教授に「もったいない」といわれたので通信教育で 卒業しようとしたが、またアメリカのロースクールへ行くことになったので二 回。 1951年生れで、ニューヨーク州およびワシントンDCの弁護士資格 を持ち、アメリカの法律事務所勤務、ヴァージニア大学ロースクール客員教授 などを経て、二度中退した大学の教授になった。

アレクシ・ド・トクヴィル(1805-1859)は、フランス・ノルマン ディーの貴族出身の法律家で、革命に揺れ王制から共和制へ向う時代の激しい 流れの中、1831年、26歳の時、親友で同僚のギュスターヴ・ド・ボーモ ンと二人、新生の民主主義実験国アメリカに渡り、10か月間、当時はミシシ ッピーの東側24州だったアメリカ合衆国の各地を、当時すでに発達していた 蒸気船網などを使って、精力的に見て回り、フレンドリーでよくしゃべる沢山 の人々に会い、克明なノートや日記、たくさんの手紙を書いた。 その体験を もとに深い考察と思索によって著された『アメリカにおける民主主義』(183 5年)は、160年以上経った今日でも、アメリカ合衆国や民主主義研究の必 須の書で、さまざまの身近な場面で引用されている。

 福沢諭吉(1835-1901)は、トクヴィルの約30年後の1860年 (25歳)と、1867年(32歳)の二回アメリカへ渡航している。 トク ヴィルの『アメリカにおける民主主義』は、英訳本やその小幡篤次郎訳で読み、 『分権論』(明治10年・1878年)に、その影響が最も顕著に現れている。

   トクヴィルの見たアメリカ<小人閑居日記 2002.5.27.>

 阿川尚之さんは、講演で語った「トクヴィルの見たアメリカ」の部分を、ご 自身のアメリカ体験と重ねながら、『トクヴィルとアメリカへ』(新潮社・19 97年)という本に詳しく書いている。 「トクヴィルの見たアメリカ」は、 百数十年後の阿川さんの見たアメリカと、変らないものが沢山あった。 その 各章の題名は「海を渡るトクヴィル」に始まり、「忙しいアメリカ」「しゃべる アメリカ」「気取らぬアメリカ」「森のなかのアメリカ」「うるわしのカナダ」「自 治のアメリカ」「群れるアメリカ」「寒いアメリカ」「差別されるアメリカ」「南 部のアメリカ」「さらばアメリカ」となっている。  「アメリカ合衆国に滞在 中、新奇なことは多々あったが、諸階層の平等ほど私の注意を引いたものはな い」というトクヴィルは、その原因を土地がいっぱいあること(プレンティー) に見た。 代々の富はない。 地代は安く、小作人はいないから、土地を沢山 持っていても富とならない。 自分で耕すしかない。 結局財産は商業活動、 自己の才覚と勤勉による。(南部には例外があるが…) 土地の豊富さは、機会 の豊富さにつながる。 アメリカ人の豊かさが、この国で民主主義が可能とな る大きな要素であることを、認識したのだ。

 元合衆国駐メキシコ大使でメキシコから持ち帰った花ポインセチアにその名 を残したポインセット氏は、二人に話す。 アメリカ人は永くひとつ所にとど まることを嫌い、人間の精神発達について、すべての事柄が進歩するという信 仰を持っている。 アメリカ人は、成功し金儲けするのに、最も適した気質を 有している。 子供の時から自給自足で、あらゆることに手を染めるのに慣れ、 教養があるうえに、誕生したばかりの社会にいて、まだ未発達な各産業分野で は、いくらでも成功のチャンスがある。 「やってみよう」という言葉ほど、 (ポジティブなアングロ(英系))アメリカ人の気質をよく表しているものはな い、と。 トクヴィルはフランス語で「モレイズ」にあたる、その「気力」「独 立の心」が、アメリカ民主主義を可能にするものだとし、福沢諭吉が日本に足 りないもの(今日もなお)だと考えた、そのものであった。 (つづく)

アメリカ憲法史から日本の改憲を考える2017/03/29 06:33

3月23日の朝日新聞朝刊「オピニオン&フォーラム」は「改憲論議とアメリ カ」がテーマで、阿川尚之さんが意見を述べていた。 慶應義塾大学教授や駐 米公使を務めていたが、今の肩書は同志社大学特別客員教授になっている。

阿川尚之さんは、言う。 トランプ大統領の出現で、なぜこのような人物が 選ばれたのか、とまどっている人も多いだろう。 米国の憲法と選挙制度は、 最も優れた人物を大統領に選ぶことを、保証してはいない。 この国の政治シ ステムは、凡庸な大統領も多数生み出してきた。 ただし万が一、国民の自由 を正当な理由なしに制限する強権的な大統領が誕生すれば、さまざまなしくみ で害を最小限にくい止める。 それが憲法制定者の知恵だ。 18世紀後半、憲 法制定の過程でマディソンらが説いたのは、責任を持って統治にあたる強力な 中央政府を創設すると同時に、多数の横暴と権力の集中によって個人の自由が 失われないよう、権力の分散、抑制、均衡を核とする共和国の仕組みを樹立す ることだった。 政治権力の正統性を国民多数の支持に置きながら、多数が圧 政に走る危険性も念頭に置いたのだ。 米国では憲法が27回改正され、正式 な手続きによらない憲法の変更もあったものの、基本的な国のかたちは変わっ ておらず、第1共和制が約230年続いているといえるだろう。

阿川尚之さんは、日本の憲法に目を転じる。 連合国軍総司令部(GHQ)の 草案を元に生まれた現行憲法を大幅に改正する、場合によってはまったく新し い憲法の起草を目指そうという「自主憲法論」が保守政治家や一部メディアな どにある。 阿川さんも改憲論者だが、大幅な改正、新憲法の制定は、約70 年間、最高法規として機能してきた憲法の正統性を傷つける可能性がある。 米 国憲法史から学べることの一つは、条文ごとに修正の是非を議論し、実質的改 憲についても議論を重ね、大方の国民が納得する憲法の改変を一つ一つ慎重に 実現しながら、憲法全体の正統性を守ってきたことだろう、と。

保守派が憲法の根本的な見直しを主張する一方で、リベラルの側が一切改正 すべきでないと主張しているのは皮肉だ。 9条をめぐる議論をはじめ、阿川 さんには、いずれも「鎖国主義」、国内だけで通じる「一国立憲主義」に思える。  米国憲法制定の際には、独立した13の旧植民地の安全保障が強く意識されて いた。 日本でも、現行憲法はもちろん明治憲法、さらに古くは律令制度を採 用したのも、当時の国際環境に対応し国家の安全を保障する必要があったから だと思う。 憲法を考えるには、安全保障や国際関係からの視点がかかせない。

米国人は憲法を大切にするが、神聖視はしない。 それに対して日本人は憲 法を神聖視するけれど、それほど大切にしていないように見える。 憲法解釈 は専門家の専有物ではない。 国民の誰もが憲法について柔軟に考え、意見を 表明し、議論できる。 その結果、変えるべきは変え、変える必要がなければ 変えない。 それが立憲民主主義国家のあるべき姿だろう、と阿川尚之さんは 言う。

金子みすゞの弟、劇団若草の上山雅輔2017/03/28 06:37

 書こうと思ったのは、新潮社の『波』3月号にあった、松本侑子さんの『み すゞと雅輔』刊行記念の特集だった。 雅輔(がすけ)という人物について、 まったく知らなかったので、びっくりした。 松本侑子さんの「大正デモクラ シーに咲いた一輪の花、金子みすゞ」という文章によると、雅輔というのは、 金子みすゞの弟の上山(かみやま)雅輔(本名・上山正祐(うえやままさすけ)) で、この本は雅輔から見た、みすゞとその生涯、詩作の背景と情熱を、伝記小 説として書いたものだそうだ。

 「雅輔は、幼い頃に、金子家から上山家に養子に出たため、みすゞを姉とは 知らず、十代で親しくなる。二人は共に本屋の子であり、文学を語り、愛憎入 り混じった友となる。みすゞが妻となり母となると、雅輔は菊池寛の文藝春秋 社に入り、古川ロッパの下で編集者として働きながら、みすゞと文通を続ける が、姉は二十六歳で自殺する。ロッパが役者に転身すると、戦前から戦中は脚 本家として「昭和の喜劇王」の舞台を支え、戦後、ロッパ一座が解散すると、 劇団若草を主宰し、坂上忍、吉岡秀隆など、五千人の俳優を育てる。」

 その雅輔の直筆資料が、彼の没後25年たった2014年に四国で見つかった。  みすゞと交遊した大正10年から、最晩年の平成元年まで、約70年にわたる膨 大な日記と回想録で、松本侑子さんは、それを3年かけて読解したという。

 評論家・野上暁さんの『みすゞと雅輔』の書評「自死した童謡詩人と実弟の 懊悩」は、そのあたりを少し詳しく書いている。 上山正祐は、下関の本屋・ 上山文英堂の一人息子、母のフジが病気療養で里帰りしていた実家で亡くなる。  父の松蔵はフジの姉の金子ミチを後添えに迎える。 実は、正祐は一歳になっ たばかりの時、三人の子供を抱えながら夫が急逝したミチから、松蔵が養子と して引き取り、跡取りにするつもりで育てていたのだった。 正祐はそのこと を知らされていないから、父が後添えを迎えることに抵抗する。

 正祐は、父の再婚により、それまで二歳年上で気心が通じた従姉として慕っ ていた金子テル(みすゞの本名)と会う機会も多くなり、彼女も『赤い鳥』の 愛読者だと知って、テルとの語り合いに夢中になるのだ。 テルは西條八十の 童謡が好きだという。 テルが、家の事情もあって、下関の上山文英堂の店員 として働くことになると、正祐とテルとの親密さがさらに深まる。 正祐のテ ルに向ける眼差しに、まさかの危うさを感じた松蔵は、テルを使用人の宮田と 結婚させようとする。 遊び人の宮田とテルが結婚することに正祐は反対する が、テルは満更でもない。 懊悩する正祐は、テルから二人が姉弟だというこ とを知らされ、更に衝撃を受ける。 傷心した正祐は、やがて東京に出て古川 ロッパの下で映画雑誌の編集者になり、後に雅輔の筆名で華々しく活躍するこ とになるのだ。

 テルは亡くなる前年の昭和4年までに512編の童謡を作り、手書きの詩集に して西條八十と正祐に託したという。 正祐は上山雅輔として、戦後、劇団若 草を立ち上げ、石橋蓮司や桃井かおりなど多くの俳優を育て上げながら、みすゞ の手書き詩集を大切に守り、彼女の詩集を現代に蘇らせて84歳の生涯を全う した。

昔書いた「金子みすゞの詩を描く」2017/03/27 06:32

 金子みすゞのことを書こうと思って、前に書いたものを探したら、まだブロ
グにする前に、こんなことを書いていた。 それを、まず引いておく。 「こ
んどの戦争」というのは、イラクで大量破壊兵器が製造されているとの理由で、
2003年3月20日、アメリカ軍によるイラクの首都バグダードへの空爆で始ま
った米英を中心とする連合国軍によるイラク戦争である。

金子みすゞの詩を描く<小人閑居日記 2003.4.12.>

 生誕100年という金子みすゞの詩に、よしだみどりさん(幼児向けのテレ
ビ番組「ロンパー・ルーム」で3代目のみどり先生だったそうな)という人が
絵をつけたのを赤坂の画廊でやっていて、家内が見たいというので出かけた。

 金子みすゞについては、昨年の春だったか松たか子がやったテレビドラマを
見て、知ったぐらいの知識しかない。 渡部篤郎といったか、外国損保のコマ
ーシャルで、感じのよくない男だと思っていたのが、どうしようもない夫役で、
余計嫌いになったのは、お気の毒だった。

 よしだみどりさんの絵は、みすゞの詩によく合って、優しく、温かく、懐か
しい。 家内は、おばあさんの後ろ姿がとてもいいと言った。

 金子みすゞの詩はといえば、有名なのに「大漁」というのがある。

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮(いわし)の
大漁だ。

浜は祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
鰮のとむらい
するだろう。

 それは、たとえば、こんどの戦争をイラク人の側の視点から見たらどうな
るだろうというようなことを教えてくれる。

明るい「北斎の晩年」像2017/03/26 06:57

 2月16日に「北斎を描いた藤沢周平の『溟い海』」を書いた、葛飾北斎の晩 年であるが、NHK日曜美術館は藤沢周平とまったく違う見方をしていた。 1 月8日放送の「果てしなき夢~画狂老人、北斎の晩年~」である。 晩年の北 斎は抜きん出て輝いていて、高齢化の進む社会を生きる、われわれ老人に勇気 を与えるものであった。

 北斎の死後40年、明治26年に出版された飯島虚心の『葛飾北斎伝』が最初 のまとまった伝記で、晩年の北斎の姿をリアルに描き出している。 茶も飲ま ず、酒もたしなまず、金を遣い尽くし、いつも貧乏で、心はひたすら絵を描く ことに向けて、打ち込んでいた老人であった。 <八の字のふんばり強し夏の 富士> 北斎。 72歳で《富嶽三十六景》を描いた葛飾北斎は、75歳から「画 狂老人卍(まんじ)」の雅号を使い始めた。 《富嶽百景》全三冊102点の奥 付あとがきに「七十五齢 前北斎為一改 画狂老人卍」として、「70歳まで描 いたものなど、取るに足らないものばかりだ。73歳で生き物の骨格の基本の成 り立ちをいくらか悟った。80歳にはますます進歩し、90歳になればその奥義 を極め、100歳になったら、まさに神業の域に至るだろう。そして110歳には、 絵の一点一格まで生きているように見えるだろう。」と記した。

 80代には毎朝、日課で毎日異なった図柄の獅子や獅子舞の絵を描き、日付を 入れて、丸めると、ポイと外に捨てた。 娘の阿栄が密かに拾っておいたので、 ≪日新除魔≫が残った。 飢饉で経済も停滞し、人々の心が荒んだ天保年間、 「天保の改革」で創作活動も制限された80代になって、83歳から4回信州の 小布施まで出かけている。 小布施の豪農で文人の高井鴻山の招きで、屋敷の 中にアトリエを設けてもらい、自由に描いた。 小布施では、86歳で祭屋台の 天井絵を描いている(長野県宝)。 上町(かんまち)の《怒涛(男波・女波)》 と、東町の《龍と鳳凰》で、小布施の北斎館に展示されており、《怒涛》祭屋台 は5月から大英博物館で開催される「北斎―富士を超えて」展での展示が検討 されているという(10月からは、あべのハルカス美術館で帰国展)。

 娘の阿栄によると、90近くなって、炬燵に足を入れて横になっていても、毎 日筆を取っており、猫が上手く描けないと嘆いたという。 龍が富士山から黒 雲に乗って天に昇る、最後の傑作《富士越(こしの)龍》を描き、1849(嘉永 2)年数え90歳で、「天がもし五年長生きさせてくれたら、本物の絵師になれ るだろう」と言って、死んだ。