サトウのお蔭か?「江戸城無血開城」2017/01/21 06:36

 [その数日前]ドラマでは、サトウが勝海舟に会うと、新政府軍が攻めて来 れば、江戸の町を焼き払い、住民を逃がす準備が出来ている、と。 勝の「雑 記 瓦解以来会計草稿」に、町火消に頼んだ焼き討ち手当 二百五十両 とあり、 庶民避難を隅田川の船頭に指示している。 さらに、「官軍でなく、反乱軍、民 の安心を考えるのが政事」と言う。

サトウは江戸に入った西郷隆盛とも会う。 江戸の町が戦火で焼き払われる ようなことになれば、安全かつ自由な貿易を求める大英帝国にとっては由々し き事態になるだろう、新政府軍はイギリスの後ろ盾が必要だろう、江戸の町を 焼かないでほしい、と説得するサトウに、西郷は自分は5万人の政府軍を背負 った人格なき総大将だと答える。

 [その2日前]慶應4年3月13日、第一回西郷・勝会談。 西郷は降伏条 件を提示したが、幕府にとっては厳しいもので、江戸での戦闘は避けられない と思われた。 同日、西郷は横浜のイギリス公使館に木梨精一郎を派遣し、イ ギリスの協力を要請した。 ドラマではこの会談中、パークスはサトウからの 手紙を受け取る。 それを読んで、言う。 既に降伏を表明している慶喜を執 拗に攻撃するのは、万国公法に反する蛮行だ、大英帝国は新政府への支援を拒 否する、慶喜の亡命に手を貸すこともある。 木梨は慌て、一存では返答でき ないので、西郷総参謀のもとに持ち帰る、と。

[その1日前]思わぬ横やりが入って、慶應4年3月14日、第二回西郷・ 勝会談。 勝は、降伏条件を手直しし、大胆な修正案を出してきた。 西郷は、 「内乱になればと、虎視眈々と狙う異人どもがいる中に、“青い目の志士”を名 乗る人物がいたことが、物怪の幸い、西郷一身にかけて、お引き受けいたしま す」と言う。 [その日の後]サトウの屋敷で、はまぐりを焼きながら、一杯やっている勝が 言う。 「西郷は言ってたぞ、ありがとう、ってな」 サトウの「ミッション  コンプリート(完了)」。

 「時空超越ドキュメンタリー」と銘打っている通り、「あーねすと・いとう」 こと いとう せいこう 始め、歴史学者の町田明広、佐野真由子、元外交官の 孫崎亨、落語家・桂三輝(サンシャイン)、女優・知花くららの各氏のもとに、 アーネスト・サトウがやって来て、質問に答える。 そこでは、こんな結論と なった。 サトウによるかもしれない「江戸城無血開城」がなければ、明治の スタートは大幅に遅れていただろう。 英仏の直接介入はなくても、双方に武 器は売り込んだであろう、それは世界の現在の状況である。 世界史的に見て も、ピースフルにものは解決し得ることを示している。

江戸の町を戦火から守るミッション2017/01/20 06:25

 ドラマは、新政府軍が江戸総攻撃を決行するとした慶應4年3月15日から 数えて、その何年前、何か月前、何日前に当たるかを、前面に出して、展開す る。 愛する江戸の町が戦火で焼き払われるのを防ごうとして、アーネスト・ サトウは動きまわるのだ。

 サトウが初めて西郷隆盛に会ったのは[その1年3か月前]の慶應2年12 月の兵庫、徳川慶喜が将軍宣下にまでこぎつけた直後だった。 サトウは西郷 を、のっそりしているが、大きな黒ダイヤのような輝く眼をしていて、口をき くとき浮かべる微笑は、たいへん親しみがあった、日本で一、二を争う傑物、 と見る。 ドラマで、西郷は“青い目の志士”が現れたという誉れは謗(そし) りのもとであり、「金もいらん、名もいらん、命もいらんという人は始末に困る、 そういう人物でないと、国家の大業はなし得られぬ。そうしたひとかどの人物 がおいどんの目標」と言う。

 [その1年前]慶應3年3月、勝海舟は泉岳寺前のサトウ邸を訪れ、碁を打 っている。 「おいらは幕臣である前に日本人だ。幕府が傾いちゃあ、この国 はお終いよ」などと言う。 3月28日、慶喜は英・仏・米・蘭の公使と大坂城 で公式謁見する。 英公使パークスは慶喜を、毅然とした態度と親しみを覚え る態度が同居し、まだ31歳の若さ、大きな期待を抱かせる、とした。 イギ リスの外交政策のゆらぎが、倒幕勢力に影響を及ぼした。 サトウは告白する、 「幕府にも巻き返しのチャンスがあった、それを断ち切ったのは、私」と。

 [その8か月前]慶應3年7月、サトウは大坂で西郷と会う。 5月の兵庫 開港勅許を受けて、西郷は「兵庫開港はイギリス人がたいへん骨をおったが、 開港後は、幕府が大坂の豪商を巻き込みフランスと組んで、大名を締め出して 貿易を独占し、フランス人が利益を得ることからみると、イギリス人はフラン ス人のつかわれものか」と、けしかけた。 サトウは、イギリスはそれ相応の 援助は惜しまない、と述べた。 西郷は大久保利通への手紙に、「サトウはまん まと憤激、軍事協力まで口にした」と書いた。

 [その5か月前]慶應3年10月、討幕密勅薩長両藩に降る。 大政奉還。

[その3か月前]慶應3年12月7日(1968年1月1日)のアーネスト・サ トウの日記、“I want to take the chief up to Kioto to act as mediator & prevent the Japanese cutting each other’s throats.”「私はイギリス公使を 京都へ連れて行って、日本人同士が殺し合いをするのをやめさせる調停を行 いたい。」  

[その2か月前]慶應4年1月1日、鳥羽伏見の戦。 慶喜は江戸に帰り、 7日慶喜追討令が出される。 江戸の町が戦火で焼き払われる危機が迫り、 サトウはミッションを開始する。 (つづく)

“青い目の志士”アーネスト・サトウ2017/01/19 06:23

12月9日に、昔書いたアーネスト・サトウの秘密を出したところだった。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/12/09/

 元日の夜、BSプレミアム放映の、時空超越ドキュメンタリードラマ『江戸 城無血開城』は、見応えのある番組だった。 西郷隆盛と勝海舟によって実現 された江戸城無血開城の裏には、イギリス公使館の25歳の一介の通訳官、“青 い目の志士”アーネスト・サトウの活躍があったことを描いた。 アーネスト・ サトウを満島真之介、西郷隆盛は佐藤二朗、勝海舟を高橋和也が演じた。 脚 本・演出は佐野達也。 来年の大河ドラマは「西郷隆盛」だそうだが、この視 点、明治維新への西洋列強の影響を盛り込めれば、従来にない面白いものにな るだろう。

 アーネスト・サトウは、慶應2(1866)年1月30日、ジャパンタイムズに 無署名で投稿し(三回にわたって掲載)、こう主張した。 徳川将軍は国の支配 者を名乗っているが、それは偽りで、国土の半分位しか治めていない、そんな 徳川とだけ条約を結んでいるのはやめた方がいい。 真の日本のトップはミカ ド(天皇)である。 だがミカドは、当事者として自分自身で条約を実行する ことが出来ない。 日本は本当の支配者の下に、一つにならなければならない、 と。 この呼びかけを、志士たちが読めば、大英帝国の後ろ盾を感じさせて、 やるぞという気になる。 それは翻訳され、英国士官サトウ著「英国策論」と して、西日本中心に広まり、薩摩藩では藩主以下が読み、岩倉文書にも入って いる。 江戸や京都で、ベストセラーとなった。 そのメッセージはきちんと 広がっていった。

 その半年前、慶應元(1865)年6月、ロンドンで薩摩の寺島宗則がイギリス 政府に日本の情勢を訴え、諸大名の連合国家の方向への支援を要請していた。  その後に出されたラッセル外相の訓令は、サトウの目指すものと一致していて、 ひと月後、サトウはジャパンタイムズに投稿した。

 アーネスト・サトウの研究者、イアン・ラックストン九州工業大学教授は、 英国公文書館にあるアーネスト・サトウ日記45冊を23年間で検証した。 幕 末の時期だけで500頁あり、日本語自由自在のサトウは、綺羅星のような重要 人物と交流している。 薩摩藩では小松帯刀、西郷隆盛、大久保利通(一蔵)、 長州藩では桂小五郎(木戸孝允)、伊藤博文、そして佐幕派も登場する。 西郷 は賢い、大久保は議会制度に興味を示し、桂は穏やかで丁寧だが政情は熱く語 り、伊藤はヨーロッパ風の食事を用意してくれた、などとある。 公使パーク スの悪口は、ローマ字で“jibun bakari riko to omotte iru”などと書いている。  ただ、江戸総攻撃が迫る3か月間、なぜか真っ白な、空白の時期がある。 サ トウはその間、はたして何をしていたのだろうか? (つづく)

本井英主宰の季題研究【初富士】2017/01/18 06:29

 季題研究の当番が主宰にも回って来るのは、子規に始まる書生っぽの句会以 来の、俳句の会らしい平等主義である。 「初富士」と「寒鴉」の句会の季題 研究は本井英主宰で、「初富士」を取り上げられた。 

 季題【初富士】についての各歳時記の解説はほとんど、近代の代表的歳時記 である中谷無涯『新修歳時記』(明治42年刊)のつぎの説明を継承している。 「(新年・地理) 初富士 元日。富士を見ることにて『東都歳時記』に「初富 士、東都見物の最初たるべし。されば江戸の中央日本橋あたりを以て佳境とす るにや、又駿河台お茶の水 其余 高き処より眺望す。深川万年橋の辺をいに しへ富士見ケ関と呼びけるとぞ、富士を見るによし。」 初富士の裾や静に波の 音 柑子」 初富士に触れたものは、『東都歳時記』以外、近世に他に文献がな い。 そこに出る地名は「富嶽百景」に重なる。 古くは深川万年橋のあたり に江戸の入口の船番所「富士見ケ関」があった。

 和歌に詠まれた【富士】をみてみる。(例歌は、挙げられたものの一部)

我妹子(わぎもこ)に逢ふよしをなみ駿河なる富士の高嶺の燃えつつあらむ(『万葉集』巻十一)

君といへば見まれ見ずまれ富士の嶺のめづらしげなく燃ゆる我が恋(『古今集』恋四)

 まず≪炎、火山≫、恋の炎、活火山として詠まれる。 遠い都の人、150人 から200人の歌を詠むような階級の人は、京都を出ない。 受領(ずりょう) 階級(諸国の長官)の人は出るが…。 つづいて、≪雪≫超絶したもの、とし て詠まれる。

富士の嶺に降りおく雪は六月(みなづき)の十五日(もち)に消ぬればその夜降りけれ(『万葉集』巻三)

 さらに、≪エキゾチシズム≫を詠む。

八重霞煙も見えずなりぬなり富士の高嶺の夕暮れの空(『後鳥羽院集』)

 やがて、≪霊峰≫、他の国にない日本の象徴。 ≪炎、火山≫→≪雪≫→≪ エキゾチシズム≫→≪霊峰≫へと、段々にイメージが醸成されてきた。

空にみつ大和島根に二つなき宝となれるふじの柴山(契沖「詠富士山百首和歌」)

 契沖は、元禄の歌人、万葉集や、奈良時代の日本語を研究した国学者。中国 でも、バテレンでもないものを、探求した。

「初富士」と「寒鴉」の句会2017/01/17 06:39

 12日は、今年初の「夏潮」渋谷句会だった。 兼題は「初富士」と「寒鴉」、 私は次の七句を出した。

初富士や一年なんぞ雲と飛ぶ

初富士に鷹と思へば鶚(オスプレイ)  (鶚=ミサゴ)

平和かなダイヤ初富士撮さんと

初富士や湧水の池透き徹る

ガアガアと風邪引いたらし寒鴉

寒鴉に阿呆阿呆オと浴せられ

寒鴉寄合なのか続続と

 私が選句したのは、次の七句

初富士へ金烏傾き初めんとす      英

初富士の浮かみ丹沢海色に       なな

町の背に初富士を見る中央線      明雀

湯に入りて初富士拝む至福かな     淳子

寒鴉村社の杜も痩せにける       和子

闇中に声しきりなり寒鴉        盛夫

すかすかの庭を睥睨寒鴉        さえ

 私の結果は、<初富士や湧水の池透き徹る>を裕子さんが採ってくれた互選 の一票のみ、正月早々トホホの句会となった。 なお「金烏」(きんう)は太陽 の異称、太陽の中に三本足の赤色の烏(カラス)がいるという中国古代説話に よる(=八咫烏、日本サッカー協会のシンボルマーク)。

 私が選んだ句で、主宰選となった句の、主宰選評。 <初富士の浮かみ丹沢 海色に>…巧い句。青々を思い切って「海色」と表現。真っ白の富士とのコン トラスト。 <寒鴉村社の杜も痩せにける>…現代風景、土地の人に馴染みの 深い格の低い神社。その杜が周りの開発などで薄っぺらになった。一つの物語 になっている。 <すかすかの庭を睥睨寒鴉>…そうですね、他の季節には何 かの花がある庭。寒中には何もない。そんな寒中の庭が、よく見えている。