落合博満監督の采配2008/05/11 08:16

 落合監督がベンチの定位置で腕をくみ、喜怒哀楽を顔に出さない無表情、覚 めた目でじっと戦況を眺めている姿を、ねじめ正一さんは「もはや芸の域に達 した」とみる。 時々、飴を舐めている。 投手交代の際、自らマウンドに足 を運んで、交代するピッチャーに一声かけて、ボールを受け取る。 その表情 はとても柔和で、憤りのようなものはまったく出さない。 指名したオレが悪 い、責任はオレが取る、と体全体で言っているかのようだ。

 一昨日の巨人・中日戦、4対7の9回裏、二死二・三塁(?)のチャンスに 原監督はスタメンから外していた阿部慎之助を代打に送った。 一発出れば同 点だ。 落合監督は迷わず、岩瀬仁紀に敬遠を命じる、手堅い采配を見せた。  巨人には、鈴木尚と村田しか代打が残っていなかった。 危険を察知して、早 めに手を打つ、冷静な判断をときどき見ている。

 昨年の対日本ハムの日本シリーズ、完全試合一歩手前の山井大介を引っ込め て、抑えの切り札・岩瀬を出した落合采配は論議を呼んだ。 あとで指のマメ が潰れていたというコメントも出たようだが、真相は不明だ(日頃、中日は選 手の故障についてコメントしない)。 『落合博満 変人の研究』でも、いくつ かの意見がある。 江夏豊さんは「代えて当然」、赤瀬川原平さんは「言葉にで きないような根拠があった」、豊田泰光さんは「あの時、負けて困るのは落合だ け」。 それはともかく、落合博満監督は2008年のキーワードは「非情」だと 宣言している、のだそうだ。

コメント

_ 児玉光雄 ― 2008/05/11 18:04

落合監督の人物評の書籍『変人の研究』ねじめ正一著がこのたび出版されましたね。私も同氏には関心があります。いつもポーカーフェイスで、それでいて、采配を振っているのが不思議です。部下がよく付いてきているのに感心します。長嶋氏とは対照的ですね。同上書はまだ読んでいませんが、これから購入します。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック