柳亭市馬の「粗忽の使者」2008/06/02 07:04

 首をひょこひょこ上下させて、柳亭市馬は出て来た。 大相撲を見物してい るのを時々見かける。 肉まんのような丸い顔の、師匠小さんの話をする。 ま ず、しゃべらない人で、こちらからおしゃべりをすると、まずしくじる。 そ そっかしい人だった。 長いこと落語協会の会長をやっていた。 目白に住ん でいて、池袋演芸場は近い。 散歩の途中、どうかすると高座に上がる。 胴 着、作務衣のような恰好のまま、出た。 小噺を二つ、三つやる。 オマケだ から、お客さんには大変喜ばれる。 でも、新宿の末広に出番があるのに、池 袋に出るということも、よくありました。

 杉平柾目正(まさめのしょう)という大名が家来で粗忽者の治部田治部右衛 門を、親類の赤井御門守と謀って、戯れの使者に出す。 治部右衛門は、重役・ 田中三太夫と会い、その名乗りを受けて、「それがしは田中三太夫」と言いかけ て「田中三太夫ではござらん、斉藤十郎太、いや斉藤十郎太を甥に持つ…」と いう人物だ。 お使者の口上を忘れて、お詫びに切腹するといい出し、子供の 頃から、ケツをつねってもらうと、忘れたことを思い出すからと、田中三太夫 にケツをつねってもらうという例の大騒ぎ。 市馬は、その一部始終を覗いて いたトメッコという名の職人が、仲間に報告する形で演る。 柔の指南役でも ある三人力の田中三太夫が、じゅんさいみたいな青筋を立ててもダメで、「指先 に力量のある御仁」というのを探す。 トメッコは俺が行くと、くぎ抜き、エ ンマを隠し持って参戦。 火急の場合だ、当家の若侍ということにして、名を 中田留太夫、「おい、おじさん、早くケツ出しな。きたねえケツだな。毛むくじ ゃらで、こおろぎでも飼おうてんじゃねえだろうな。どうだ少しはこたえるか」 「冷たいお手で。もう少々、手荒く」

最近進境著しい市馬、楽しそうに演じて、三之助に続いてヒットでつなぎ、 走者一・二塁のチャンスを作った。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック