「椎の実」と照葉樹林文化2009/10/16 07:50

 「椎の実」の季題研究は、私の当番だった。 それで井の頭吟行の時に、「椎 の実」を探したり、「すだ椎」の葉が光っている写真を撮って来たりした。 玉 川上水沿いには、団栗(どんぐり)しか落ちていなくて、「椎の実」は結局、近 所の奥沢神社で拾ったのだった。 団栗はカシ、クヌギ、ナラなどの実の俗称である。 椎(シ イ)は、ブナ科シイ属。 ブナ科には、クリ、クヌギ、シイ、コナラ(カシ) などがある。 その実は、殻斗(かくと)というものにくるまれている。 殻 斗は、ブナ科植物の堅果(つまり実)の一部または全部を包む椀形または球形 の構造で、雌花の苞葉が変形したもの。 クリのいが、どんぐりのお椀がこれ にあたる。 「椎の実」を拾うとわかるのだが、「椎の実」の殻斗は、全部を包 んでいて、翌年の秋に熟すると、殻斗が裂けて堅果が露出する。

 「椎の実」は、内部の白く肥厚した子葉(種子)を食べる。 生でも食べら れるが、炒ると香ばしく、ほのかに甘い。 紙袋に入れて電子レンジで加熱す ると簡単に食べられるそうだ。 古代には重要な食料であり、近年まで子供の おやつに用いられた。 博多では放生会の祭りの夜店で、今でも売られている という。 句会でも、食べたことのある方がいて、とくに戦後の食料のない時 期に学童疎開で食べたという話が印象に残ったが、私は東京育ちのせいか、食 べたことがなかった。

 「椎の実」そのものについては、あまり話すことがないので、古代には重要 な食料だったということと、シイが照葉樹林の代表的構成種ということから、 照葉樹林文化の話をした。 そして去年の折口信夫・池田弥三郎記念講演会で 聴いた、文芸評論家の梶木剛さんの「椨(たぶのき)のある風景」を紹介した (その内容は、この日記の2008.11.6.~10.参照)。 水稲耕作を伴う弥生時代 が始まるより以前、関東以西の植生は、タブノキを含むシイ、カシ類、ヤブツ バキなどの常緑広葉樹林であったということなのだが、話がまずくて、うまく 伝わらなかったかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック