明治学院校歌と延山小学校校歌二、三番2012/09/20 01:36

 一昨日、小学校の校歌のことを書いたら、濱田洪一さんがコメントをつけて 下さった。 濱田さんは、森村学園の小学校の出身で、「千歳の松のその芽ばえ、 青海原のひとしずく」という校歌は、大正時代に森村の音楽の先生をしていた、 納所辨次郎の作曲で、彼は「もしもし亀よ」の作曲者でもあるとのことだった。

 私は延山小学校を出て、当時の森村学園に近い、明治学院中学校に進んだ。  明治学院の校歌は、第一回卒業生で明学の一枚看板である、島崎藤村(本名春 樹)の作詞、実は今回調べて初めて知った前田久八の作曲だった。 藤村の詩 らしく、格調高く、荘重で、すばらしい。 今でも歌うと、涙が出そうになる。

 「人の世の若き生命(いのち)のあさぼらけ/学院の鐘は響きてわれひとの 胸うつところ/白金の丘に根深く記念樹の立てるを見よや/

緑葉は香(にほ)ひあふれて青年(わかもの)の思ひを伝ふ/心せよ学びの 友よ新しき時代(ときよ)は待てり/もろともに遠く望みておのがじし道を開 かむ/霄(そら)あらば霄を窮めむ壌(つち)あらば壌にも活きむ/

ああ行けたたかへ雄雄しかれ/眼さめよ起てよ畏るるなかれ」

 ついでだから、堀内敬三作詞・作曲「品川区立延山小学校校歌」の二番、三 番も書いておく。 1954(昭和29)年の卒業アルバムに、堀内敬三の手書き かと思われる楽譜と詞の凸版があるのだが、三番の一部が校旗の写真に隠れて おり、その部分は私が記憶で推測した。 いかにも戦争直後、民主主義教育の 開始、文化国家建設という時代の空気が反映している。

二番「朝日は光り 朝風かおる 武蔵の野べの 若草われら 育みそだてる  延山わが校 校のしるしの なでしこのよう われらは伸びよう やさしく強 く」

三番「産業おこし 文化をあげた 父兄につづく 第二の民の 力を養う  延山わが校 学を修めて 心をみがき われらはつくそう 日本のために」

 納所辨次郎については、また明日。

コメント

_ イケダ カズオ ― 2022/05/06 23:43

「延山小学校 校歌」 の検索からご縁をいただき、貴ブログを拝読しました。三番の歌詞、私も同様に記憶しています、をお伝えいたしたくコメントを書かせていただきました。三番までのフル歌詞を目にし、大変懐かしいです。
( 延山を卒業、気品の泉源 智徳の模範を身につけるべく学び、還暦を迎えITを生業にしている若輩者です。)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック