授業料と「三助実業家論」〔昔、書いた福沢4〕2013/07/16 06:16

  等々力短信 第121号 1978(昭和53)年8月5日

〔福沢と商売〕2 授業料のはじめ

 『福翁自伝』によれば、生徒から毎月授業料を取ることは、慶應義塾が創め た新案であった。 それまでの日本の私塾では、入学時に束脩を納める他、盆 暮に生徒銘々の分に応じた金子を先生家に進上する習慣だった。 福沢は「と てもこんな事では活発に働く者はない。 教授も矢張り人間の仕事だ。 人間 が人間の仕事をして金を取るに何の不都合がある。 構ふことはないから公然 価を極めて取るが宣い」(七-163)と考えた。

 明治2年8月版「慶應義塾新議」に「一、受教の費は毎月金二分づつ払ふべ し」と規定されているのがそれである。 生徒を教える先進生は月に金四両あ れば食える。 一分は四分の一両だから、一人で八人を教えればよい勘定だ。  「但し金を納るに水引、熨斗(のし)を用ゆべからず」という文句に、福沢の 慣習にとらわれない自由な考え方、ざっくばらんな人柄が出ている。

  等々力短信 第124号 1978(昭和53)年9月5日

〔福沢と商売〕3 焼芋屋も三助も実業家

 藤原銀次郎氏の『福沢先生の言葉』(実業之日本社)という本に、福沢が卒業 する学生をつかまえては、なんでもいいから、とにかく生きた仕事をやれ、下 手な官員や月給取になるよりも、商売だ、実業家だ、とすすめ、何もやること がなければ、焼芋屋でも、風呂屋の三助でもよい、これも立派な実業家だと、 真面目になって力説した話が出てくる。 学生達はこれを「先生の三助実業家 論」といった。

 叙勲の話があった時、福沢は「人間が人間あたりまえの仕事をしているにな にも不思議はない。 車屋は車をひき豆腐屋は豆腐をこしらえて書生は書を読 むというのは人間あたりまえの仕事をしているのだ。 その仕事をしているの を政府がほめるというなら、まず隣の豆腐屋からほめてもらわなければならぬ」 (七-160)と断った。

 福沢の表現はユーモアで中和しているが、いつも直截で強烈だ。 だから、 分りやすい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック