琉球国王の大和からの渡来説2015/01/08 06:35

 (5)為朝の琉球漂着渡来伝説。 保元の乱で破れた鎮西八郎為朝は伊豆大 島に流罪ののち、沖縄島の運天港に漂着。 そこで大里按司(あじ)の妹を娶 って男子、尊敦(そんとん)を儲ける。 この尊敦が琉球建国の始祖舜天王と なる。 琉球を日本の属国として位置付ける伝説。

 (6)場天ノロによる聞得大君大和漂流救助譚。 久高島に渡らんとして逆 風に遭い、大和の紀の国へ漂流漂着してしまった聞得大君を、「バテン巫」以下 女ばかりの三十七人の乗組員が救出したとする伝承。

 (7)名和(なわ)氏一族の渡琉。 類似する地名・一致する地名。 (肥 後)葦北郡佐敷(名和氏一族)――(薩摩)大隅郡伊座敷――(琉球)国頭間 切謝敷――(琉球)島尻方佐敷間切。 団体の移動・渡琉、第二尚氏となった という仮説。

 (8)尚思紹は尚思絽。 佐銘川大主(鮫川大主)――尚思絽(苗代大親) ――尚巴志。 苗代(佐敷の地名。名和四郎。)→尚思絽→尚思紹。 「尚思紹  ナホシロ 紹は絽の書き違ひかもしれぬ。支那で間違へて、さう書いて来たの が、すと決まつてしまふ。支那から尚思紹と書いてくれば、決まつてしまふ。 か紹か絽の過ちでないとは言へぬ。」(池田彌三郎筆記ノート)  この説は無理だと、評判が悪い。

 (9)「月しろ」という霊石。 「苗代之殿 [此殿ノ庭ニ月白ト云「イベ」 アリ] 佐敷村」(『琉球国由来記』巻13・277) 「苗代の庭に 月代は 手 摩て 月代す 成さい人思い 守りよわめ 又今日の良かる日に」(『おもろさ うし』巻19・1292)

 ○折口信夫の長編叙事詩「月しろの旗―藩王第一世 尚氏父子琉球入りの歌」。  「君こそは 沖縄(ウチナ)済す神。 沖縄神迎へのまにま はろばろに寄り 来し神 倭の若按司(ワカアルジ)神-。 威霊(セジ)高き君真物(キミマ モノ)-。 古阿摩美代(アマミヨ)の久しき時ゆ たかだかと 神待たしけ り。 然 妾も 我が神の さとします旨により、 処女子の、貴夫(サト) 待つほどの とゞと鳴る胸膈(ムナド)かき擁き、 今日七日 迎へぞ待ちし -」 (「場天巫女司」) 琉球国王の大和からの渡来説に、情熱を傾けた。

 「ともかく中世・近代に北から来たものは僧や商人ばかりでなく、新地を求 める人も来ているに違ひない。南方支那にのみ倭寇が行つて、沖縄に来ていな いのは考へられぬ。倭寇のみでなく他の人が、来なければ不思議でその運動が あつたことは考へていい。ただその運動の痕が見えないだけである。」(池田彌 三郎筆記ノート)

コメント

_ deeplearning ― 2018/05/06 21:35

「苗代(佐敷の地名。名和四郎。)→尚思絽→尚思紹。 「尚思紹  ナホシロ 紹は絽の書き違ひかもしれぬ。」
たぶん、絽では夏服を表す漢字であり、王の名前としては相応しくないとして、字面がよく似ていて威厳を保てる「紹」の漢字が選ばれたと考えています。大河ドラマ「太平記」で名和悪四郎(長年の弟泰長)という人がでてきます。名和家では四郎の名は強者を表す伝統的なお名前のようです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック