落語と俳句、小咄「鍬盗人」2015/03/26 06:36

 桂米朝さんが『友あり駄句あり三十年』に「俳句と私」として書いている中 に、落語と俳句の話がある。 川柳は落語によく引用されるけれど、俳句の方 はわりと縁がうすく、大阪に「鍬盗人(くわぬすっと)」という珍しい小咄があ るくらいだろう、という。 その小咄、今では米朝さん自身以外、誰もやらな いと思うのでと、そこに紹介している。

 俳諧師の家に奉公している権助が、主家の鍬(くわ)を盗み、酒に代えて飲 んでしまう。

「これ権助、村の酒屋に行ったら、うちの鍬がある。 聞いてみると、お前が 持ってきて、二升の酒に代えていったと言うではないか。 とんでもない奴、 うちにはもう置いておけん。 とっとと出てゆけ」

「いやァばれたか。 そんなら、わしが歌を詠むで、それで勘弁してくだされ」

「お前らに歌や句が作れるか。 できるもんなら、やってみい」

「こうはどうかな、……俳諧のうちに居りゃこそ句は(鍬)ぬすむ……と」

「なに、俳諧のうちに居りゃこそ句は(鍬)ぬすむ、か、なるほど」

「すき(鋤)があったら又やぬすまん」

……そう盗まれてはたまらない。

 桂米朝さんは、ちょっと面白い小咄なのに、現在、誰もやらない理由の一つ に、鍬や鋤を世間の人が知らなくなったことが大きい。 家庭菜園がさかんと 言っても、鍬はまだしも鋤は見たこともない人が多いだろう。 農業もどんど ん機械化されている今日、俳句の季題でも通用しなくなったものが多いことで しょうな、と言っていた。

コメント

_ (未記入) ― 2017/09/24 00:28

お弟子の文我さんが師匠の希少なネタを残そうと孤軍奮闘されていて、第3回いかすり寄席に掛けるようです。
どんなネタかわからず検索したらこちらに辿り着きました。
どうもありがとうございます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック