小泉信三さんの幅広い趣味2015/12/16 06:27

 小泉信三さんは、謹厳なばかりでなく、幅広い趣味をお持ちだった。 スポ ーツや文学はもちろん、歌舞伎や邦楽、そして落語まで。 毎年志ん生を座敷 に呼ばれたそうだが、料亭や花柳界との縁もあった。

 『小泉先生追悼録』古賀繁太郎さんの「秘蔵の話」に、こんな逸話がある。  何十年前か忘れたが、新橋で会があり、少しおくれて出ると、もう席が相当み だれていて、芸者が七八人で言い争っていた。 新橋へくるお客のうちで誰が 一番好きかと聞かれて、結局、近衛(文麿)さんと、小泉さんに煎じつまった あげく、近衛党と小泉党とで、鎬(しのぎ)を削っているところだった。 古 賀さんが、小泉さんはヒゲがなくってもあの立派さじゃないか、というと、小 泉党の芸者たちが「そうよ小泉さんの勝ちよ」と大騒ぎになった。 これを、 二十何年前、大阪で慶應庭球部の会のときに、小泉さんに話したところ、「そう いう話は、女房のいるときにやってくれよ」と、言われたという。

 『小泉先生追悼録』には、新橋 染福「小泉先生の思い出」、下田実花「先生 の覚えていた句」という追悼文がある。 染福さんは、先生が亡くなる一週間 前にお元気な御顔を拝見したばかりなのに、「ニュースを聞いて、頭から水をか けられた様な気がしたのと同時に、いつも先生をとりかこんで慕っていらした 皆さまの御嘆きがまざまざと目の先に浮びました」と始める。 一生の念願と して六十一歳の時「娘道成寺」を踊りたいと考えていたのを、昨年六月鯉風会 で実現した。 それを先生と奥様がご覧になり、ある人に感想の手紙を寄せら れた、それを拝見して感激、ぜひそれを記念に頂戴したいと、その方を通じて 先生にお願いしたのを、お聞き届け下さった上、一筆書いて下さった。 手紙 は、「染福の道成寺は立派だった。僕には専門的の事は云へないが、幾つかの動 き幾つかのきまりにいいなと思ふものがあつた。それより何より彼女があの大 物を成し遂げた気力に感心した。/あれだけの人を動かし、あれだけの舞台を 実現するには随分金を遣ひ、人に頭も下げた事であらう、彼女が自分の芸術の 為に、あれだけの犠牲を払つたのは感心な事だ。僕の六十の時は敗戦の直後で もあつたが引込思案で楽をする事ばかり考へていた。どうも女の方が気力が有 る様だ。/彼女があれだけの芸者になつたのも故なきにあらず。序でがあつた ら僕の祝辞を伝へて置いてくれたまえへ」。 一筆は「○○君に宛てた私の手紙 お気に適ひました由、喜ばしく思ひます。それを保存なさるとは少々物好きと 思ひますがまあ御自由になさつて下さい。 小泉信三 新橋 染福 様」。

 下田実花さんは、追悼句を五句寄せた。 <目に見えて常盤木落葉はらはら と><梅雨にやや早き寒さと思いつつ><ナイターのつたなき句をば好まれし >などだが、その最後の句は、虚子選に入り、『手鏡』という句集にもある<ナ イターのヒットのHすぐ消えし>だそうだ。 「この人は野球もわかると見え て、ナイターの句がありますよ」と、同席のお客様によく話してくれたという。

 『小泉先生追悼録』には、小泉信三さんたちが第一ホテルで「三人のおかみ さんをなぐさめはげます会」をして下さったと、「はち巻岡田」の岡田こうさん が「先生のごひいき」、出雲橋「はせ川」の長谷川湖代さんが「やさしいお言葉」 に書いている。 もうひとりのおかみさんは、蕎麦屋の「よし田」。 天ぷらハ ゲ天店主・渡辺徳之治さんの「私の如き者にまで」、日本橋檜物町「料亭奥むら」・ 奥村りんさんの「立派な先生」もあり、小泉信三さんが志ん生の全快したお祝 いを料亭奥むらで開いた写真もある。

コメント

_ (未記入) ― 2018/02/24 10:46

私は染福の又甥にあたるものです。
私の母方の祖父の姉が染福です。
彼女は我一族のレジェンド的存在です。
もともと長野の立派な和菓子屋の娘であった染福の
少女時代は裕福だったのですが商才のない
父親によって店が倒産してからは艱難辛苦の人生を
送ることになったようです。
上京してから心得のあった日本舞踊で生きてゆくために
西川流に弟子入りし血のにじむような努力を積み重ねて
スターの座についたようです。
とにかく生活に困窮した自分の身内に少しでも楽をさせて
上げたいという強い思いがその動機となったのだと思います。
染福は政財界芸能界と交際範囲が幅広かったということは
聞いておりましたが小泉信三氏とも交流があったとは驚きでした。
実は私も慶應義塾の卒業生でして小泉信三といえば福沢諭吉の次に慶応では偉大な存在です。
その氏にこれほど演技力について絶賛されていたと知り
親族の一人として大変感動した次第です。
貴重なエピソードをありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック