ニューイングランドの「知東洋派」2016/07/02 06:30

 容應萸教授は、中国人と日本人留学生を受け入れた土壌、アメリカ・ニュー イングランドの「知東洋派」について考察する。

 中国からニューイングランドまで、1847年容閎が廣東からアメリカに向った 時は、ヨーロッパ経由で所要日数が98日だったが、1869年に大陸横断鉄道が 出来て、上海からアメリカ北東部まで約6週間で到着可能になった。

 1807年、最初のプロテスタント宣教師モリソン(Robert Morrison)が廣東 に到着。 1839年、ブラウン、モリソンを記念する馬礼遜記念学校の招聘でマ カオに到着。 1847年、ブラウンがアメリカに帰国した時、(前述の)容閎、 黄勝、黄寛が随行。 1859年、ブラウンとシモンズ、フルベッキが日本に派遣 される。 1866年、ブラウンが大原令之助ら6名の薩摩第二次米国留学生を母 校、モンソン・アカデミーに入学させる。

 米国東洋協会(American Oriental Society)が1842年ボストンで設立され る。 東洋は日本から中東までをカバーし、ブラウンをはじめ、ウルゼイ、ハ ドレー、サクター、ホイットニーなどが会員。 ヴァンネイム(Addison Van Name)は1870年頃大原令之助や佐土原の留学生など6人の日本人学生と同居、 容閎とも親交。

 アシュラム・ヒル会衆派教会の牧師トゥウィッチェル(Joseph H.Twichell) の日記に出てきた日本人学生の名前は、箕作佳吉、小島憲之、松平定教、駒井 重格、田尻稲次郎(専修大学を設立)。 田尻の留学を支援した。 トゥウィッ チェルはイェール大学卒、作家マーク・トウェイン(Mark Twain)の生涯の 親友、容閎の親友で「留米幼童」を支援した。

 ハートフォード高校学長のケプロン(Samuel Mills Capron)は、田尻に対 して自ら学資を補助した。 日本人学生に慕われ、箪笥を贈られている。 容 閎と家族ぐるみの大変親しい間柄。 特派員として日本に派遣されたハウス (Edward House)は、一時帰国の時に箕作佳吉と小島憲之が彼に随行して渡 米し、彼の友人マーク・トウェインに託され、その無二の親友トゥウィッチェ ルに紹介された。

 横浜のブラウン塾。 桑名藩知藩事であった松平定教と、藩士駒井重格は 1871年に上京、横浜のブラウンのもとで英学を学び、1874年に渡米した。 相 馬永胤は日記に留学中、田尻、駒井と交流していたことを記す。

 ハートフォード高校に在学した日本人学生は、田尻、箕作、小島、松平、駒 井のほかに、町田啓次郎、横井幾、八戸欽三郎、最上五郎の9名と市来宗介(?)。  中国人留学生は、私費留学の陳龍と「留米幼童」の蔡紹基ら27名。

 New Preston Village Cemetery(Upson Seminaryの近く)に、松平忠行の 墓がある。 享年20歳 Jan.4,1890  福沢桃介の『財界人物我観』によれば、 武蔵国忍藩主の弟で、光源氏か業平の再来かという美少年、明治18,9年の頃、 慶應義塾に学び、三田山上を逍遥するその楚々たる容姿は、薩摩隼人の眼を奪 い足を奪い、思わず「チェスト」を叫ばしたものだった。 加えて才智人に勝 り将来の大成を嘱目されていたのに、惜しいかな米国留学中彼の地で黄泉の客 となった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック