台所おさんの「馬の田楽」2016/07/20 06:29

 黒の羽織に黒の着物、チョコチョコと出て来る。 坊主頭のギョロ目、歯が 出ている。 台所鬼〆から、真打になって台所おさんになった。 ふざけた名 前だとお思いでしょうが、自分で付けた。 師匠花緑の祖父、先代の小さんが、 この二つの名前を気に入っていたのだけれど、みんな断った。 「おさん」と 言っても、赤ん坊を産む方じゃない。 「おさんどん」から来ている。 「お さんどん」と声を掛けてほしい、「おっさん」と言わずに…。(羽織を脱ぐ)

 馬は、人や荷物を運ぶ。 今は、クロネコが運ぶ(拍手)。 夜中に思いつい た、言ってよかった。 峠を越えて、くたびれても無理なかんべえ、馬をつな いでるから、ここでメンコしても、そばに寄っちゃあならんぞ。 (馬に)い ま掛け取りに判をもらって、荷を下ろしてやるから、待ちなさい。 オンジー、 馬方だ! いないのかな、待つべえ、陽気がいい。 腰を下ろすと、眠気を催 す。

 太十どんでねえか。 三州屋さん。 裏の畑で大根の種を蒔いていた、途中 ではやめられねえ。 蒔き終えた。 三州屋さん、味噌持って来たよ、二樽。  おかしいな、頼んでない。 裏町の三河屋は、□に三、お前とこは○に三、こ の書付は□か。 三河屋へ、行って来るけ。

 あれ、馬がいねえ、つないだ馬が…。 ハバカリでも、行ったか。 子供ら、 馬、しんねえか? 竹やんがメンコ飽きて、馬の腹の下くぐろうって、言った んだ。 死ぬ気でくぐった。 竹やんは、慣れっこになって、鬼ごっこで馬の 腹の下に隠れた。 脚の真ん中にもう一本、ブーラブーラ下がってるのに、竹 やんが横っ面を張り飛ばされた。 シッポの毛を抜いて、トンボつりしようっ てんで、5、6本指に巻いて、ソレッとやった。 ヒヒーン、タターーッと駆け 出した。 どこへ行ったか、わかんねえ。 上だべか、下だべか。

 早く捕まえて、荷を下ろしてやんねえと。 茶屋の婆さん! トコロテン出 ちゃって、イモの田楽しかないよ。 走る馬、見なかったか? 体は達者で、 有難い。 馬だよ、走る馬。 耳も達者で有難い。 駄目だ、こりゃ。  突っ立っている人、馬、通んなかったか? 今朝、早く来て、田の草取りを してたが、明日の天気の具合はどうかな。 馬は通らなかったか。 知らねえ。

 寅十でねえか。 ♪立て場、立て場でーーッ、酒さえ飲めばーーッ。 太十 でねえか。 いいとこで、会った。 馬、知んねえか。 馬は、顔長くて、脚 が4本だ。 オラの馬だ。 ワレの馬も、変りなかんべ。 味噌をつけた馬だ。  オラァ、長いこと生きてるが、馬の田楽は食ったことがない。

 台所おさんの田舎弁、それらしくしているつもりかもしれないが、少しわか りづらかった。