「日本の医学の父」べルツと妻・花2016/12/06 06:29

     等々力短信 第210号 1981(昭和56)年3月15日

 平凡社支援のため(?)、先にモースの『日本その日その日』を推したが、岩 波のためには新書版福沢選集と文庫『ベルツの日記』4冊をすすめる。  「戦前のことは全て悪かった」という時代に育った。 近い過去ほど遠かっ た。 天皇と戦争にかかわることを中心にして、明治、大正、そして昭和20 年までの歴史がすっぽりぬけてしまったのだ。

 明治9年10月25日、来日4か月目のベルツの日記、「現代の日本人は自分 自身の過去については、もう何も知りたくないのです。それどころか、教養あ る人たちはそれを恥じてさえいます。『いや、何もかもすっかり野蛮なものでし た』」「『われわれには歴史はありません。われわれの歴史は今からやっと始まる のです』」

 これでは全く戦後と同じではないか。 元勲達の侍医として明治日本の文化 大革命の立会人となったベルツの日記で、欠落した明治の勉強をしたいと思う。

     等々力短信 第211号 1981(昭和56)年3月25日

 お医者さんが未だにカルテにドイツ語らしきものを書いている根源を尋ねて いけば、1871(明治4)年普仏戦争でのドイツの大勝に行き当たる。 それま でイギリス医学を取り入れる方針だった明治政府は、いっぺんにドイツ党にく ら替えした。 それから5年後の1876(明治9)年、ベルツは東京医学校教授 として来日する。

 ベルツは27歳から56歳まで、働きざかりの29年間を日本に送り、「日本の 医学の父」といわれる偉大な足跡を残した。 明治19年、東京医学校が帝国 大学医科大学となり、日本人教師中心に改組された時でさえ、内科の彼と外科 のスクリバだけは残された。 日本の朝野はあげて彼の診療と助言を求めた。

 福沢諭吉の姉で、中上川彦次郎の母お婉の死を、福沢が中津にいる2人の姉 に報じた手紙(明治30年1月22日付)にも、「外国医のベルツと申人をも度々 招待いたし候事も有之、都て手落と申は万々無御座。」とある。

     等々力短信 第212号 1981(昭和56)年4月5日

 ベルツは38歳の明治20年頃、愛知県豊川出身の戸田花(23歳)と結婚し た。 明治22年長男トク(『日記』の編者)が、ベルツ一時帰独中の明治26 年長女ウタが生まれる。 その時の妻花あて、日本語ローマ字書きの手紙の写 真が鹿島卯女著『ベルツ花』に載っている。 「5がつ5にち/マイネリーベ 花/電報はつきまして/おかさんにと/おウタさんに/おめでとう/パパか ら」

 ベルツ47歳の明治29年、このウタが満3歳のお節句を目前に、急死する。  「ハナの態度は、ローマの女のようでした。ハナだけは、病気のあいだ、泣き ませんでしたし、その声は震えてはいませんでした。しかし、その内心はどん なであったか、わたしにはわかるのです。」とベルツは書いた。

 シーボルトの娘で女医開祖の楠本稲がたびたび花を訪ね、2歳で死んだ自分 の孫を父のかたみの器具で解剖した時の苦しさ、つらさを語って慰めたという。

コメント

_ ミュラー里美 ― 2018/11/26 07:32

ベルツ博士について調べている際
こちらのサイトに辿り着きました。
非常に興味深く読ませて頂きました。
他にもベルツ博士に関する投稿があれば
読ませて頂きたいです。

_ 轟亭 ― 2018/11/28 07:22

コメントありがとうございます。古い記事ですが、改めて読むと自分でも興味深い人物ですね。他に書いたことはなかったように思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック