サトウの泉岳寺前の家と生活2017/01/30 06:37

 アーネスト・サトウが芝高輪の泉岳寺の前に借りていたという家の話が、『一 外交官の見た明治維新』下「第二三章 将軍政治の没落」(岩波文庫)にあり、 『遠い崖』にも引用されている。 慶應3年、約3か月にも及んだ西国への旅 の出発前に借りていた。 当時通訳官サトウの年俸は500ポンド、それを月額 に直すと41ポンド14シリングになるから、家賃はサトウの給料の約6分の1 にあたるという。

 「この家は、江戸湾を見渡す切り立った丘の上にあって、高屋敷と呼ばれて いた。家賃は月一分銀百枚で、これは6ポンド13シリング4ペンスに相当す る。もとは身分の高い日本紳士の隠居所だったが、その紳士が家督を長男に譲 り、ここの土地を買い入れて、自分の好みにしたがって建てた邸宅なのであっ た。」「いろいろの広さの小部屋からなり、小山や草地に樹木や灌木などを植え て作った庭園があった。」 土地全体の広さは約800坪。

 「二階があって、私はそこを寝室と日本人客のための応接間とした。階段が 三ケ所あって、夜半刺客に襲われた場合に逃げ出せるようになっていた。階下 には、ヨーロッパ人の客のための応接室一つ、来訪者の控室二つ、私の用人の 控室一つがあり、それに私の書斎もあった。書斎は九フィート四方(四畳半) で、海を一望におさめることのできる円形の窓と、その横側には庭園を見渡せ る角窓がついていた。本や書類を置く沢山の小さい戸棚や戸のない棚もあった。 書きものをする机、小さいテーブル、私の用いる椅子、日本語教師の椅子、公 使館付シナ語教師のための腰掛けなどもあった。広い浴室と台所があった。離 れたところに別棟の二階家があって、そこには私の用人が住み、私が英語を教 えていた若い日本人たちの宿舎にもなっていた。」

 「私の食事は純日本式で、万清(まんせい)という有名な料理屋から運ばせ ていた。もっとも、イギリスのビールだけは別だったが。家族(同居人)とい えば、第一に用人(前に述べた会津の侍野口)で、この者の役目は一切の管理、 勘定の支払い、必要な修繕の手配、直接私に会う必要のない用事で来る人々と の応接などであった。その次は、食卓に侍したり小間使として立ち働く十四歳 の少年で、これは侍階級に属していたから、外出の際には大小の刀を差す資格 があった。それから三十歳ばかりの女であるが、この女の勤めは床を掃除した り、朝晩の雨戸の開閉、それに衣類のボタンを縫いつけたりする雑用だった。 私はまた、近所の使い歩きや、家族全体のための飯たき、そのほか万端の雑用 に役立つような男を一人雇うはずであった。最後は門番で、これは庭の掃除、 馬の世話、馬丁などをやった。私が徒歩、あるいは騎馬で外出する時には、二 人の騎馬護衛があとからついて来る。この護衛は、この年の初め陸路大坂から の旅をした際に大君政府の命令で私に付いて以来、ずっと私の警護に当たって いたのだ。」

 「以上のように、私は自分の希望通りの一家を構えたので、日本語の勉強と 日本人との親しい交際に打ち込んだ。おかげで、日本人の思想や見解に精通す るようになって来たので、全く心が楽しかった。」

 12月9日の「「O・K・」のこと」に書いたように、サトウが泉岳寺から坂を 上った三田伊皿子の高級な指物師の娘、サトウより10歳年下の武田かねと知 り合うのは、維新後まもないころと思われるという。 ふたりの間に、明治6 年幼児のうちに亡くなった女子、長男栄太郎(明治13年生)、次男久吉(ひさ よし・明治16年生)が生まれる。 後に長男は、アメリカで農園の経営者に なり、次男は、日本山岳会の創立者のひとりで、植物学の権威であった武田久 吉博士となった。

 泉岳寺や伊皿子は、わが家のお寺のそばなので、土地勘がある。

コメント

_ Susan-Marie Yoshihara ― 2018/03/23 01:39

I have been researching Takeda Kane for 10 years now. Do you know anything about her? I found her grave at Yakuoji but I want to know if she lived in this area. Any help is most gratefully accepted. I live in Canada and my husband is a Japanese from Yokohama.

_ 轟亭 ― 2018/03/23 10:45

Mrs.Susan-Marie Yoshihara
Yakuoji(薬王寺?)は、どこにある寺でしょうか? 今、手元にありませんが、萩原延寿さんの『遠い崖』には、詳しいことが書いてあるかと思います。
「武田かね」で検索すると、横浜開港資料館「開港のひろば」第126号の記事が出て、武田兼と息子久吉の写真があります。アーネスト・サトウの孫、久吉の娘は、武田澄江、林静枝という方がいるようです。
『週刊朝日』2014年9月5日掲載の、林静枝さんの談話を書いた記事も出てきます。靖国神社の裏に屋敷があったようです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック