桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相2017/04/15 06:31

 9日、桑原三郎先生の『きかんしゃトーマス』翻訳の話を書いた。

桑原三郎・清水周裕共訳『汽車のえほん』シリーズ<小人閑居日記 2017.4.9.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2017/04/09/8451761

 これを桑原先生の教え子である山内慶太慶應義塾大学看護医療学部教授(横 浜初等部前部長)に読んで頂いた。 すると早速、桑原先生と清水周裕さんの 翻訳の事情について、くわしい情報を教えて下さった。 ブログに書くことも ご了解頂いたので、そっくりご紹介することにする。

 山内慶太さんは、その翻訳の経緯を何度も桑原先生から直接に伺ったそうだ。  桑原先生は慶應義塾の福澤基金による若手教員の国外留学制度によって英国に 留学した。 今は、この制度の適用になるのは大学教員のみだが、当初は塾の 一貫教育を担う、幼稚舎~高校の教諭にも積極的に適用しようという意図があ ったのだそうだ。 この1年間の成果が、『イギリスの義務教育』(慶應通信・ 1970年)になった。

 桑原先生は単身で渡英されたが、清水周裕先生は丁度同じ時期に御家族も一 緒にイギリスに留学されていた。 そこで、時々、清水先生のご家庭に招かれ て日本食を御馳走になったそうだ。 お陰で、ほっとしたし助かったと、懐か しそうにお話しになっていたという。

 その時に、清水先生のお子さんが、トーマスに夢中になっている様子を見な がら、清水先生と桑原先生で、この本を翻訳したら日本の子供達が喜ぶのでは ないかと話すようになり、翻訳に至ったのだということだった。

因みに、翻訳・出版の時、「機関車トマス」にするか「機関車トーマス」に するかも、悩んだということだ。 発音をできるだけ再現すればトマスになる けれど、日本の子供達には「トーマス」の方が言いやすいし、親しみやすい響 きになる・・・・ということで「機関車トーマス」にした、後の日本での人気 を見ると「トーマス」にして良かったと最晩年にお話しになっていた。 それ はSFC(湘南藤沢キャンパス)の授業にゲストで来て頂き、福澤先生の家庭教 育のことをお話し頂いた際、少し余った質疑の時間にトーマスに話しが及んだ 時のことだった。 実は、これが桑原先生の最後の講義になったのだそうだ。

なお、この翻訳出版のきっかけになった、清水先生のお子さんが、その後、 塾の体育会蹴球部(ラグビー)がトヨタを破って日本一になった時に活躍をし た清水周英さんである。 山内慶太さんは、桑原先生はお酒が入ると、そのこ ともよく愉快そうにお話しになっていたことを思い出すという。

日本語版の『汽車のえほん』シリーズは、2006年にも新装改訂版が出ている。 これも桑原先生と清水先生のお名前にはなっているが、読み比べると最初の方 が日本語もきれいで、桑原先生が丁寧に翻訳されたものという感じがすると、 山内慶太さんは言っている。

コメント

_ 轟亭(桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相・補遺) ― 2017/07/29 08:16

 『汽車のえほん』(『機関車トーマス』)の翻訳について補足しなければならないようなことがわかりましたので、2017年7月29日に、「真相・補遺」を書きました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック