いわきFCの「大番狂わせ」2017/07/18 07:07

 サッカーは、テレビで日本代表の試合を見るぐらいで、ほとんど関心がない。  J1で今、どんなチームが優勝争いをしているのかも、わからない。 10日の NHKニュースウォッチ9のスポーツで、「ジャイアントキリング」という言葉 を知った。 「大番狂わせ」という意味である。 6月21日、札幌厚別公園競 技場の天皇杯2回戦で、J1のコンサドーレ札幌を、アマチュアのチーム、ラ ンクでいうと格下も格下、7部相当の福島県社会人1部リーグの「いわきFC」 が破った。 2-2で延長戦となり、いわきFCが延長の30分に3点を加え、5 -2でコンサドーレ札幌を倒したのだ。

 なぜ、そんなことが可能になったのか。 ラグビー選手のように大きくて強 い肉体を持ち、速く走れるためのトレーニングを日頃から積んでいたからだと いう。 延長戦になっても、相対的に体力が落ちることがなかった。 「日本 のフィジカルスタンダードを変える」が理念の「いわきFC」は、トレーニン グ機器も、サッカーグラウンドも、ロッカールームも、J1のクラブよりも充 実しているかと思われる、素晴らしい練習施設を持っていた。 6月上旬、日 本初の商業施設併設型クラブハウス「いわきFCパーク」が完成した。 20億 円かけたと言ったか、どこかの会社がスポンサーなのだろうと思った。

 練習は火曜から土曜はフィジカルトレーニングが主体で、ボールを使うのは 30分ぐらい、金・土曜はサッカー主体の練習、日曜が試合、月曜はオフなのだ という。 社会人である選手たちは、平日午後、隣の物流センターで働いてい る。 NHKだから会社名はいわなかったが、マークから巨人軍のスポンサー にもなっている「アンダーアーマー」とわかった。

 ネットで調べると、「いわきFC」は、スポーツ関連事業を手がけるドーム(本 社・東京都江東区)が2015年12月に立ち上げた「いわきスポーツクラブ(SC)」 (本社・福島県いわき市)が運営している。 「いわきSC」は、ドーム社の 全面的なバックアップを受けている。 ドーム社は、(1)米スポーツ用品メー カー「アンダーアーマー」の日本での正規事業、(2)スポーツサプリメント「DNS (Dome Nutrition System)」の開発・製造・販売事業、(3)テーピング製品な どのスポーツメディカル事業、(4)フィジカルトレーニングのサポートを行う 事業――の4つを展開していて、それらのノウハウが「いわきFC」に生かさ れているのだそうだ。 ドーム社の専門トレーナーが練習につくほか、アスリ ートのために考えられた食事が朝昼晩3食ドーム社から提供され、DNSのサプ リメントも取り入れている。

 「いわきFC」は7月12日、天皇杯3回戦でJ1の清水エスパルスと対戦、 残念ながら0-2で惜敗した。

コメント

_ 濱田 洪一 ― 2017/07/20 10:07

7月15日は、第68回サッカー早慶戦だった。今回からクラシコ2017という名前で、等々力競技場で行われた。[世界一負けたくない試合]早慶クラシコ2017をみんなで盛り上げようクラウドファンディングに応募して、慶應の入場券、Tシャツ、タオルを送ってもらい応援に行った。試合は女子0-1、男子1-5で、両方負けたが、慶應の唯一の得点を入れた渡辺夏彦君からのThanks letterをもらった私は、スポンサーになったような気分で楽しんだ。慶應の応援席で配られた黄色の三角帽には、アンダーアーマーのマークがついていた。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック