旧三井別邸地区と「めしや“大磯港”」2017/08/03 07:06

 県立大磯城山公園の旧吉田茂邸地区から、国道1号線を越えた山側が、旧三 井別邸地区である。 山を登って行く、緑が深くて涼しい、ユリが咲いている。 入口付近は海抜14Mだが、展望台は海抜42Mである。 この展望台の所に、 旧三井財閥当主の別荘、城山荘本館が建っていた。 大磯在住の仲間の記憶で は、素晴らしい建物だったそうで、非常に価値のある木造建築だったが、解体 され、他の建物とともに各地に四散してしまったという。 その北側に三井別 荘時代の北蔵が現存し、ギャラリーとして開放されている。 われわれは行か なかったが、展望台の裏手に大磯町郷土資料館(本館)があり、「湘南の丘陵と 海」をテーマに大磯とその周辺の歴史、文化、風土に関する資料が展示されて いる(旧吉田茂邸は大磯町郷土資料館の別館だ)。

 三井別荘時代この地にあった国宝茶室「如庵」(織田有楽斎建立)を模した茶 室「城山庵(じょうざんあん)」が、西門を入った所に建てられて、使われてい る。 茶室「如庵」は、江戸時代初期に織田有楽斎が京都に建立したもの、明 治末期に三井総領家(北家)の手に渡り、10代当主・三井高棟が東京の今井町 邸に移築、昭和11(1936)年国宝指定を機にここ大磯の別荘・城山荘に移され て、幸いにも空襲を免れた。 だが昭和45(1970)年、城山荘とともに、「如 庵」は三井家の手を離れ、名古屋鉄道の所有となり、愛知県犬山市の名鉄犬山 ホテル・有楽苑内で月1回公開されている。 私も平成23(2011)年に犬山 へ鵜飼の旅に行った時、拝観した。 なお、平成17(2005)年に開館した日 本橋の三井記念美術館に「如庵」が再現されている。

 暑い中を歩くのを避け、城山公園前からバスで戻り、大磯小学校前で降りて、 愛宕神社の切通しを抜けた角の和菓子の老舗・新杵(しんきね)へ行った。 西 行まんじゅう、豆大福、残り三つの葛桜を買う。 母が若い時に平塚にいた関 係で、この店が好きで、兄が箱根などへ出かけると土産にしていた。 国道1 号線の先に、真壁豆腐店、大磯・井上蒲鉾店の(新島襄が亡くなった旅館百足 屋跡、徳富蘇峰筆の碑も)あるのを確認し、「大磯照ヶ崎海水浴場の碑」を曲が って、さらに海岸へ降りると、町営照ヶ崎プールの横に、7月16日に書いた「松 本順の頌徳碑」のオベリスクが見えた。

 われわれの目的地は、左手に広がる大磯漁港の、漁協直営「めしや“大磯港”」 である。 11時開店、11時30分ぐらいだったかと思うが、すでに家族連れな どで満杯で、本日の「出来ますもの」を選びながら、少し待った。 私はイサ キの塩焼き定食、家内はサワラの煮付け定食、それぞれにダツ刺身、小イワシ 唐揚げ、ワカメの味噌汁がつく。 生シラスも頼む。 まことに結構な味で、 お安い、沢山の人が車で駆け付けて来る訳がよくわかった。 大磯駅に戻る途 中の魚屋さんで、仲間はアジの酢〆や干物などを求めていた。

暑い日だったが、さすが大磯、海の風と豊かな緑、降りそそぐ蝉の声や飛ぶ 燕や蜻蛉の姿に、何度か涼しさを感じた。 今回も素敵な大磯散策となった。  綿密な計画を立ててくれた大磯在住の友人に感謝、感謝。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック