読書と「引き出す」<等々力短信 第1098号 2017.8.25.>2017/08/25 07:11

「等々力短信」に対して最近、高校からの友人は、「夫婦そろって楽しみにし ています。小生はだんだん完璧になり過ぎて、“間抜け”のところがほしい感じ がしますが…。」と、手紙をくれた。 閑居していて珍奇な体験をすることもな いし、世の中のことを論評する力もない。 どうしても読んだ本から、あれこ れ紹介することになる。 盆暮に長文のお手紙を下さる方がいる。 短信で紹 介した本を、近くの書店で探すのだが、ほとんどは取り寄せになるので、本屋 さんとは顔見知りになったそうだ。

 「“一日の読書時間ゼロ”と答えた大学生が五割に達した」という調査結果が 報じられた。 全国大学生活協同組合連合会が2月、全国の国公立私立大学30 校を対象に、10,155人から回答を得た。 “読書する”と答えた学生の平均読 書時間も、一日に24・4分で、スマートフォンの利用時間は平均161・5分だ そうだ。

丹羽宇一郎さんの『死ぬほど読書』(幻冬舎新書)の広告に、「本を読む人に しかわからないことがある」「本に代わるものはない」「読書の真価は生き方に 表れる」とあった。 想像力は現実を生きていく上で、とても大事なものだ。  本を読んでさまざまな生き方や思考を体験できれば、想像力はどこまでも伸び、 世界はそれだけ広がる、というのだ。 丹羽さんの考える教養の条件は、「自分 が知らないということを知っている」ことと、「相手の立場に立ってものごとが 考えられる」ことの二つだそうだ。

 読書が脳に与える影響を研究している、脳生理学の酒井邦嘉東京大学総合文 化研究科教授が、以前NHK「クローズアップ現代」で語っていた。 「本を 読むという行為は決して情報を得たいというためにやるわけではなくて、むし ろ『自分の中からどの位引き出せるか』という営みなのです。」 川端康成『雪 国』の「トンネルを抜けると雪国であった」という書き出しを読む時、まずは 言葉を視覚で捉え、次にその意味を理解しようとする。 このとき脳では、ど んな景色なのか、主人公はどんな人なのか、イメージを補おうと、視覚をつか さどる部分が動き出す。 すると、過去に見た風景の記憶など自分の体験と照 らし合わせて考えたり、自分で得られた情報から更に自分の考えを構築したり する、想像をふくらませるプロセスを経て、場面のイメージが脳のなかに出来 上がる。 読書による、こうした一連のサイクルが、想像力を養い、人間の持 っている創造的な能力がフルに生かされることにつながる、と考えられている のだそうだ。

 教育educationは、ラテン語のeducatio「引き出す」に由来し、能力を「引 き出す」と聞いていた。 大学生は全く読書をせずに、もっぱらインターネッ トから「引き出す」。 実はこの短信、試みにネットから色々「引き出」して書 いてみたのだが…。

コメント

_ 轟亭(書店ゼロの街) ― 2017/08/25 09:36

 書店ゼロの街が2割超と、24日朝日新聞朝刊が報じた。 出版取次大手トーハン(東京)の調べによると7月末現在、香川を除く全国46都道府県で420市町村・行政区に書店が1店舗もない。 全国1896市町村・行政区の2割強を占める。 香川県はすべての街に書店があることになる。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック