智美術館「珠玉の現代陶芸」展2017/09/01 07:09

 8月24日、虎ノ門の菊池寛実記念 智(とも)美術館で「珠玉の現代陶芸」 展を見た(9月3日まで)。 隣のホテルオークラでは、建て直し工事が始ま っている。 展覧会は「マダム菊池のコレクション」という副題だが、この美 術館の設立者菊池智(とも)さんは大正12(1923)年生まれ、昨年夏、93歳 で亡くなったという。 菊池寛実(かんじつ)さんは、その父親で炭鉱(辰ノ 口、三友、高萩、日本炭鉱)やガス会社(京葉ガス)などを経営、一時は南俊 二、大谷米次郎と共に「日本の三大億万長者」といわれた。 智さんは、その 事業を継承するとともに、1950年代後半から現代陶芸の蒐集を始め、1974年 に寛土里という陶芸店をホテルニューオータニに開き、1983年にはアメリカの スミソニアン自然史博物館で自身のコレクションによる「現代日本陶芸展」を 開催、2003年にこの美術館を開館するに至る。 美術館のエントランス正面の 壁は書家・篠田桃紅の「ある女主人の肖像」、展覧会場に下りる螺旋階段の銀 色の壁面も桃紅作品、階段の手摺はガラス作家・横山尚人作、ともに智美術館 の顔、シンボルである。

 そこで「珠玉の現代陶芸」展だが、いきなり富本憲吉《白磁八角共蓋飾壺》 (1932年)《色繪飾箱》(1935年)、河井寛次郎《花扁壺》(1959年)《灰 釉筒描魚文喰籠》(1950年代)である。 そして石黒宗麿、加藤唐九郎、加藤 土師萌、清水六兵衛(六代)、酒井田柿右衛門(十三代)と続くのだ。 たち まちコレクションの素晴らしさに、引き込まれる。 その後、菊池智さん自身 が好んで蒐集したと思われる八木一夫、加守田章二、藤本能道などが並んでい る。 ごく一部に、よくわからない近年の作品もあるけれど、全体的によいも のを見たという目の保養、豊かな気分になる。

実は智美術館、私にとっては「花より団子」で、ここの庭を望むヴォワ・ラ クテ(天の川)というレストランが好みなのだ。 シネマスコープのスクリー ン(古いね)のような10メートルぐらいはあろうかと思われるガラスが二枚 並んで、パッと明るい芝生が目に飛び込んで来る。 風知草が揺れ、もっとい い鳥も来るのだが、今日は雀が遊んでいる。 夫婦で冷製スープ、大山鶏モモ 肉の香草グリエと、糸縒鯛のポワレのランチに、ちゃんとつくっているものは、 やっぱり美味しいとかいいながら、大満足したのであった。