<渡り鳥なにを話しどこへ行く>2017/09/05 06:59

 風天・渥美清の俳句で、私の好きな句を、さらにいくつか。

むきあって同じお茶すするポリと不良

そのはねであの空飛んだか置物の鷹

目貼りしてあとすることもなく風を聞く

好きだからつよくぶつけた雪合戦

雛にぎるように渡すぶどうひと房

梅酒すすめられて坊主ふふくそう

びわの種のこされてふふくそう

ちまき汗かいてまじめそう

名月知っているのか移り変わりを

切干とあぶらげ煮て母じょうぶ

霜ふんでマスクの中で唄うたう

そばあっけなく食って扇風機

青写真きゅうくつそうに男女ノ川(みなのがわ)

鮎塩盛ったまま固くすね

渡り鳥なにを話しどこへ行く

 風天・渥美清の俳句には、こんな色っぽい句もある。

やわらかく浴衣着る女(ひと)のび熱かな

うつり香の浴衣まるめてそのままに

蛍消え髪の匂いのなかに居る

団扇にてかるく袖打つ仲となり

汗濡れし乳房覗かせ手渡すラムネ

パイパイにつつまれし夢ハンモック

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック