橘家文蔵の「試し酒」後半2017/10/07 07:10

 注いでくだせえ。 聞きしに勝るね、一番好きなのは酒か? 金だ。 金を 貯めて、田畑でも買おうというのかな? 金を貯めて、酒を飲む。

おら、何だか愉快になってきただ。 愉快になってくれて、有難う。 どう 転んでも、おらの勝ちのようだ。 どでえつの一つも出すか、文句だけだが…。  <お酒飲む人花ならつぼみ、今日もさけさけ明日も酒>なんて、うめえことを いうなあ(と、飲み)。 <明けの鐘ごんと鳴る頃三日月形の、櫛が落ちてる四 畳半>、なんの事だか知んねえけども(と、飲む)。 <水に油を落とせば開く、 おとしてつぼまる尻の穴>なんてね(と、飲み)、<酒は米の水、水戸様は丸に 水、意見する奴ァ向う見ず(水)>なんてね、ハッハッハ、(と、陽気に大声に なって、飲み干す)。 注いでくだせえ。 三升、飲んじゃった。

昔、料亭で酒仙会があって、大酒飲みが競争したっていうが、三升、ペロッ と飲んじゃって、勢いが止まらないね。 でも、下駄を履くまでわからない、 よくあるんだよ、蕎麦や饅頭の大食いで、最後に駄目になるのが…。

四升、飲んじゃったよ。 注いでくだせえ、おら酔ったかな、お前の顔が可 愛くなった。 これ一杯か、一気に片付けてやる。 大丈夫だよ、オッ、ハッ ハッ、ゴクッゴクッ、コラコラ! 五杯、飲んだよ、ご苦労さん。 小遣いを やろう。 一つ、聞きたいことがある。 さっき表で考えごとをしたな、まじ ないをしたか、薬草でも飲んだのか、何をしてきた。 ワッハッハ、あれは何 でもねえだよ、おら生れてこのかた五升と決まった酒飲んだことがねえだ。 心 配でなんねえから、表の酒屋へ行って、試しに五升飲んできた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック