国会議事堂の中を見て歩く2017/11/12 08:17

 国会議事堂は、正面から向かって、左側が衆議院、右側が参議院、真ん中に 中央玄関がある。 中央玄関は、普段は閉められていて、この日のように国会 の開会式に天皇陛下をお迎えするとき、衆議院総選挙または参議院議員通常選 挙後の国会召集日に議員が登院するとき、外国の元首などが訪問の際に開かれ るという。 中央玄関を入った、ピラミッドのような中央塔の真下に当たると ころに中央広間がある。 かつてはダンスホールにも使われたとか。 見学で は横から覗くことができるだけだが、窓と天井にはステンドグラスがはめられ、 四隅には日本の四季を描いた絵がある。 春は吉野の桜、夏は十和田湖、秋は 日光の杉、冬は日本アルプス。 そして、議会政治確立に功労のあった伊藤博 文、板垣退助、大隈重信の銅像が三方に立っている。 一方にないのは、皇居 に尻を向ける方向だからという説があるそうだ。 明治18年12月22日に初 代の内閣総理大臣となった伊藤博文の銅像は、外の参議院玄関横にもある。 衆 議院の玄関には、尾崎行雄と三木武夫の胸像があった。 尾崎行雄は第一議会 以来25回連続当選で「憲政の神様」と称される、三木武夫は戦前戦後を通じ て連続当選19回、議員歴51年7か月の名誉議員だからだろう。

 絵といえば、衆議院本会議場の、議員食堂側の壁だったと思うが、大きな二 枚の日本画が架っていた。 中路融人作「海津の桜と竹生島」、松尾敏男作「銅 東馬想」(?)、恥ずかしながら、二人とも知らない画家だった。 中路融人は ことし7月に亡くなった文化功労者、松尾敏男は昨年亡くなった文化勲章受章 者だった。

 選挙の結果、「自由民主党控室」が圧倒的に多い。 ところどころに「男性手 洗所」「女性手洗所」の看板がある。 建設当初は、男性中心社会で、国会には 女性のトイレがなかったそうだ。 食事の前に、地下の国会みやげのショップ へ行った。 「歴代首相ペア湯呑」、「アメノミックス(抹茶飴・塩飴・梅飴)」、 「タロ・カポネ。タロー13(葉巻きをくわえた麻生太郎副総理の漫画の箱)葉 巻仕立ての太タイプ、黒かりんとう」、「明るい未来 進じるうる(小泉進次郎ロ ールケーキ)」「進ちゃん幸せショコラ」などなど。

 最後に、衆議院第二議員会館の議員の部屋を訪れた。 事務室と、けっこう 広い会議室がある。 12階に上がって、秘書さんお勧めのスポットに行き、背 面から国会議事堂の全景を見下ろした。 銀杏が色づいている。 広大で圧倒 される眺望に、皆満足したのだった。