「冬日和」と「勤労感謝の日」の句会2017/11/13 07:05

 12日は、『夏潮』渋谷句会だった。 だいぶ寒くなってきて、ヒカリエの前 ではもうクリスマスツリーの点灯式、テレビカメラが並んで、「立ち止まらない で下さい」と呼びかけていた。 兼題は「冬日和」と「勤労感謝の日」、私はつ ぎの七句を出した。

冬日和五千歩ほどでほかほかと

冬日和ビニール温室開け放つ

冬日和東横線から富士が見え

魚沼米炊いて勤労感謝の日

畏(かしこ)きも稲干す勤労感謝の日

夫好む御数で勤労感謝の日

ハロウィーン詰まりは勤労感謝の日

 私が選句したのは、つぎの七句。

冬日和人力車にも乗りたしと     英

冬晴や紙垂真つ新な石祠       なな

朝月に鵜の飛び去れり冬の晴     裕子

なかんづく妻へ勤労感謝の日     英

ジャムあつくぬるや勤労感謝の日   盛夫

明け番の今日は勤労感謝の日     裕子

七十(ななそ)過ぎ現役勤労感謝の日 真智子

 私の結果は、<冬日和五千歩ほどでほかほかと>を庸夫さん、<畏(かしこ) きも稲干す勤労感謝の日>を明雀さんと盛夫さん、<夫好む御数で勤労感謝の 日>を淳子さんが採ってくれて、互選4票、主宰選なし。 チョボチョボもい いところで、先月の盛夫さんの<身に入むや句会おわりし帰り道>という句を 思い出した。

 主宰は選評で、全般的なことをこう述べた。 「冬日和」には、冷やっとし た感じがある。 「勤労感謝の日」は、もともと新嘗祭だが、屈折していて、 収穫祭と労働に、意味の揺れ、ずれが出ている、それをどう詠むか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック