頂いた年賀状から2018/01/10 07:22

 年賀状、105年三田会のUさんの添え書き、「「明日死ぬかのように生きよ、 永遠に生きるかのように学べ」 これからの人生は、ガンジーの教えを目標に生 きていきます」。 私は、ハガキ時代の短信108号(1978(昭和53)年3月5 日)に引いたことのある江戸後期の儒者、佐藤一斎の『言志四録』にあるとい う言葉を思い出した。 「少(わか)クシテ学ベバ、壮ニシテ為スアリ。壮ニ シテ学ベバ、老イテ衰ヘズ。老イテ学ベバ、死シテ朽チズ。」 なお、私はずっ と『言志四録』を「げんしよろく」と読んでいたが、磯田道史さんの『日本史 の内幕』に「げんししろく」とフリガナがあり、88歳で亡くなった一斎が後半 生をかけて書いた『言志録』など四編の箴言集だとあった(赤面、老イテ学ン ダ)。 西郷隆盛は、座右の書として西南戦争の最中も身につけており、101の 抜き書き(『南洲手抄言志録』と『サライ』2月号にあった)までしていて、「一 燈を掲げて、暗夜を行く、暗夜を憂ふる勿(なか)れ、只だ一燈を頼め」とい った一斎の言葉を拠り所にしていたという。

頂いた年賀状で、30人以上の方が「等々力短信」に言及、10名ほどの方が ブログ「小人閑居日記」も読んで下さっていることが、確認できた。 大学の クラスメイト、久留米のUさんは「表彰状」のような嬉しい手紙をくれた。 褒 め過ぎだけれど、自らを励ますために、引いておく。 「初志貫徹、この短信 の歩みと共に人格を形成されて、同時に、読者に歴史に根差した文化、幅広い 教養、福沢翁の人間の人としての有るべき姿を、再認識させ、普く長期に渡り、 飛文された功績は大であります。」

着物姿のご一家の写真で、第三子が誕生し、引越しもしたという若い後輩の Sさんの俳句、<借金を負ふるをのこに明の春>。 私も子供が小さい頃から、 住宅ローンを抱えていたっけ、そんな若い時代を思い出した。

毎年、年賀新聞を下さるYさん紹介の「シルバー川柳」から。 <紙とペン 探してる間に句を忘れ><改札を通れずよく見りゃ診察券><誕生日ローソク 吹いて立ちくらみ><三時間待って病名「加齢です」>

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック