佐藤卓己京大教授の「「似我の主義」なき改革」2018/03/01 07:20

 私が日本経済新聞を読まないことをご存知で、目ぼしい記事があると送って 下さる黒田康敬さんが、2月21日夕刊のコラム「明日への話題」佐藤卓己京都 大学教授の「「似我の主義」なき改革」を送ってくれた。 質問がついていて、 「「似我の主義」(福沢諭吉)とありましたが、これははたして福沢先生の専売 なのでしょうか。疑問に思うのでお問い合わせします」とあり、さらに「参考 「道徳の教授法は似我の主義に存す」全集10巻129~132頁。 有名なフレー ズですか?」とあった。

 「似我の主義」なんて、聞いたこともなかった。 そこでまず、佐藤卓己教 授のコラムを読む。 広島大学であった公開シンポジウム「自由・競争・参加 ―大学改革からの問題提起」を聞いていて、30年前の大学院生だった時、京大 教養部の研究室で野田宣雄先生に「これから君が過ごす大学は大変なことにな るだろうね。今のようなスタイルは無理だよ」と言われたのを思い出した。 佐 藤さんは「いや、私までなら、どうにかなるでしょう」と、先生のような研究 者を目指して生きたい、そうした憧憬の思いを表明したという。

 「その後、私は先生と同じようにドイツ留学をして、幸いにも同じ大学で教 壇に立っている。浄土真宗の僧侶でもある先生は「親鸞は弟子一人ももたず候」 と『歎異抄』の言葉をよく口にされた。それでも私は先生に「似我の主義」(福 沢諭吉)を見ていた。それは「我に似よ」と教師が自ら模範を示す教授法の極 意である。」

 「問題なのは研究より教育、教養より実用が求められる今日の大学教員に、 知的な学生が憧憬のまなざしを向けられるかどうかである。30年前に「どうに かなる」と言った私だが、いま果たして「似我の主義」に生きているといえる かどうか。シンポジウムは、そうした自省の機会となった。」と、いうのである。

 質問に「似我の主義」という言葉だけでなく、「参考」の出典があって、助か った。 『福澤諭吉全集』第10巻129~132頁「道徳の教授法は似我の主義に 存す」を見る。 明治17(1884)年12月1日~6日の『時事新報』社説「通 俗道徳論」の6日目の題が、この「道徳の教授法は似我の主義に存す」だった。  念のために1日~5日の題も書いておくと、「今の世に道徳は必要なり」、「道徳 の教は人情に従ふものなり」、「道徳の教は人民の自由に任す可し」、「今の人の 不徳は西洋の罪に非ず」、「人気騒がしきが如くなるも自ら其帰する所ある可し」 となっている。 「道徳の教授法は似我の主義に存す」の内容は、また明日。

福沢諭吉の「道徳の教授法は似我の主義に存す」2018/03/02 07:15

 福沢諭吉の「道徳の教授法は似我の主義に存す」のポイントは、以下のよう なところであろうか。 道徳の根本は、有形の数理でなく、無形の人情に存す るものだから、これを人に伝える法もまた、無形の間に言うべからざるもので ある。 例えば物理数学のようなものは、学び得て心に合点すれば、すなわち わがものとなって、教えた人とは関係がない。 学ぶ者は、教師の人物を問わ ず、その品行を論ぜず、その人を目的とせずに、その芸能知識を師とするもの で、これを有形学の教授法という。 それには書籍を選び、器械を吟味する必 要がある。 これに反して、道徳の教えは、書籍の効用は微々たるものである だけでなく、同様の書籍でもその効用はさまざまに働くものが多い。

 「故に其教授法の極意は似我の主義に存するものにして、教師が夫れ是れと 教授の方法を工風して、書籍を擇び講義の法を巧にするも、詰る所は我れに似 よと云ふに過ぎず。」

 「道徳教授法の専ら人物に関係するは、唯直接の教師と学生との間のみに止 まらず、徳教の著書は書中の論説よりも其著者の品行如何に由て軽重を為し、 徳育の方法は法の便不便よりも其発起者の心衡如何に従て行はるゝと否とにあ り。」

 「徳教の要は唯似我の一点に止まり、教ふるには非ずして寧ろ見習ふものな れば、凡そ之に関係する者は……(中略)……自から其身を顧みて裏にも表に も品行に就ては毛頭の瑕瑾なからんことを勉めざる可らず。即ち無形の際の教 授にして、徳育正味の勢力は此辺に在て存す。我輩の常に注意して重んずる所 の道徳の教授は唯この一法あるのみ。」

 「我輩が徳育に就て特に之に関係する人を重んずる由縁なり。天下の道徳論 者、内に自ら省みて果して疚ましきものあらざれば即ち可なりと雖も、或は然 らざるに於ては、少年子弟は直接にも間接にも、君が言行に倣ひ、君が心衡を 学び、君に類し、君に似んことを勉む可きなり。」

「似我(じが)」と「似我の功徳」2018/03/03 07:18

 質問された件だが、「似我の主義」という言葉も聞いたことがなく、私にはま ったくわからなかった。 「似我(じが)」を『広辞苑』第七版も入った、手元 の電子辞書で引いても、出てこない。 「似我蜂(じがばち)」という言葉はあ る。 図書館で大きな辞書を引いてみることにした。 その結果は、下に書く が、古くから「似我」という言葉や、仏教に「似我の功徳」という教えがあっ たことはわかった。 ただ福沢がそれを知っていて「似我の主義」に、使った かどうかはわからない。 「道徳の教授法は似我の主義に存す」は、『福翁自伝』 の有名な一節、「東洋の儒教主義と西洋の文明主義と比較して見るに、東洋にな きものは、有形に於て数理学と、無形に於て独立心と、この二点である。」を思 い出させる。

『日本国語大辞典』第二版、第六巻(小学館・2001年)。

じが【似我】

「じがばち(似我蜂)」の略。*名語記(1275)六「似我也。われ にによとさすといへる義あり」*運歩色葉(1548)「似蛾 ジガ」*日葡辞書 (1603-04)「Iigaua(ジガワ)ノキニ スヲ カクル」*慶長見聞集(1614)一 〇「似我と云虫有、件の虫は蜂の一類なり」

 じがの功徳(くどく)

(似我蜂が他の幼虫を自分の巣に入れ似我似我といい きかせて育てるとその幼虫は蜂になるといわれていたところから)道理を意識 しないで一心に念じると、この功徳で自然とその道理を体得できること。*随 筆・驢鞍橋(1660)中、仏語には、仏の万徳円満の心付てある故に、誦する者 に天然と功徳備る也。是を似我(ジガ)の功徳と云。似我蜂と云者、葉虫を子 とし、似我類、似我類とさせば、功積て天然と蜂となる也」

『故事・俗信 ことわざ大辞典』(小学館・1982年、1983年8刷)

じが[似我]

似我の功徳(くどく)((「似我」は、似我蜂の略。似我蜂が他の幼虫を自分の 巣に入れ、似我似我といいきかせて育てると蜂にかわるといわれていたところ から))道理を意識しないで一心に念じると、その功徳によって自然と道理が会 得できることのたとえにいう。「仏語には、仏の万徳円満の心付てある故に、誦 する者に天然と功徳備る也。是を似我(ジガ)の功徳と云。似我蜂と云者、葉 虫を子とし、似我類、似我類とさせば、功積て天然と蜂となる也。如レ是道理は 知らねども、経咒を誦すれば天然と仏心に近付く」[随・驢鞍橋‐中]

「似我蜂」「徳利蜂」は狩人蜂2018/03/04 07:08

「似我蜂」というのが面白い。 子供の頃、父がトックリバチ(徳利蜂)を 教えてくれ、観察したのを思い出した。 ドロバチ科で、腹部の基部が強くく びれ、その形が徳利に似ているのが和名の由来という。 草木の枝や家屋の壁 などに、泥を練って器用に壺形の巣を作って、卵を一つ産んで壺の天井に紐で つるし、狩りに出かけて、集めてきて麻痺させたシャクトリムシやシャクガや ヤガの幼虫などを運び入れ、幼虫の餌にする。 孵った幼虫は、壺形の巣の中 で、それを食べながら育ち、巣立って行く。 「似我蜂」も、その習性が「徳 利蜂」に似ている。 こうした蜂を、狩人蜂、狩蜂というらしい。

『広辞苑』第七版

じがばち【似我蜂】

 「アナバチ科ジガバチ亜科のハチの一種。体長約25ミリメートル。7~8月 頃地中に穴を掘り、しゃくとりむしなどを捕らえ、貯えて幼虫の食物とする。 獲物を穴に入れる時、翅をじいじい鳴らすので、古人が「じがじが(似我似我)」 と言って青虫を埋めると蜂になって出てくるものと思い、この名がついたとい う。」

『日本大百科全書(ニッポニカ)』

ジガバチ   じがばち 似我蜂 sand wasp

「(前略)体は棒状で細長くはねは比較的短い。巣穴は地面とほとんど直角に大 あごで直径5~8ミリメートル、深さ1~3センチメートルの縦穴を掘り、その 先に直径1~1.5センチメートル、深さ2~3センチメートルほどの楕円形の独 房をつくる。狩りに出かける際は巣穴をふさぎ、獲物はヤガやシャクガの幼虫 を狩ってくる。麻痺状態の幼虫(アオムシ)を独房に引き入れ、その横腹に1 卵を産み付けるが、獲物の量が不足すると次の狩りに出かける。穴に詰めた砂 は出入りの度に開閉されるか、永久戸締りの際は詰め砂の上を念入りに顔面で たたき、ときには小石をくわえてたたき固める。ジガバチの名は、大あごで巣 を掘り起こすとき「ジガ、ジガ、……」と聞こえる翅音をたてることに由来す る。(後略)」

柳亭市弥の「粗忽の釘」2018/03/05 08:08

 2月28日は、第596回の落語研究会だった。

「粗忽の釘」         柳亭 市弥

「黄金の大黒」  志ん八改メ 古今亭 志ん五

「干物箱」          五街道 雲助

         仲入

「花筏」           柳家 喬太郎

「抜け雀」          柳家 さん喬

市弥は市馬の弟子、2012年12月に二ッ目に昇進し市也から市弥になった時、 「元犬」を聴いた。 垂れ目の市弥、落語研究会は二回目だが、緊張すると始 めた。 噺家11年目、二ッ目は5年目になるけれど、お前、大丈夫かと思わ れる。 お客様に助けられる。 地方へ行って、「真田小僧」を演ったが、まっ たく受けない、ちょうどこういう状態。 突然、一番前のお爺さんが立ち上が って、千円札を一枚手渡してくれた。 パニックになって、「お父っつあんから、 小遣いもらったよ!」と演ったら、そこだけは受けた。 あとで、そのお爺さ んにお礼を言ったら、「ああでもしないと、盛り上がらないからな」と。(黒の 羽織を脱いで、薄い空色の着物に)

そそっかしい人に、悪い人はいないと申します。 悪だくみをしても、忘れ てしまう。 お前さん、煙草を吸う前に、頼みがある、ホウキが寝ているだろ う、壁に釘を一本打っておくれ。 一服させてくれよ。 やること、しおおせ てからにしなさい。 手前でやれ。 あんた、大工だろう、やさしく言ってい るうちに、やった方がいいよ。 打つよ、打つよ。 長い釘じゃなきゃあだめ だよ。 お前、亭主の仕事に口出すのか。 大きな蜘蛛だな、お仕置きだ。 ト トトントン、アッ痛ェ、よりによって一番痛え所を打っちゃった。 どこに打 ったの。 壁に八寸の瓦ッ釘を打ち込んだ。 長屋の壁は薄いんだよ、隣に釘 が出てるよ、早く行って謝っておいで。 お前が行け。 男が行かなきゃあ駄 目なんだよ、あんた、男だろ。 男だよ。 何だと思ってんだ、男をバカにし やがって…、こんちは!

出てきませんでしょうか。 薮から棒だね。 いや、壁から釘で。 壁に釘 を打ち込んじゃったんだけど、出てませんか。 でもね、わからないことが一 つあってね……、お前、空家はお向うだったよな。 あんた、お向かいの家だ から、ウチは大丈夫。 必ず出てるんだ、見て下さい。 ウチは見なくても大 丈夫。 親切に言ってるんだ、今見てもらえると有難い。 あんた、後ろを見 てご覧、後ろの路地を突き抜けて来るような長い釘はない。 素人だからわか らないけれど、八寸の瓦ッ釘だよ。 後ろ、後ろ、路地を見て、あんた、だい ぶそそっかしいな。 サヨナラ。

これが、ウチか。 前の家へ行っちゃったよ、落ち着くために煙草喫むんだ。  落ち着いて、隣へ勝負だ。 ごめんなさいよ。 いらっしゃい。 どなたさま、 今、家の人呼びますから。 あなたですか、隣に越してきたのは、「遠くの親戚 より近くの他人」と言いますから、親類同様にお付き合いをさせてもらいます。  一服つけさせてもらいます、落ち着かないとね。 上がってきたよ。 ちょっ と伺いますが、さっきのはおかみさんですか、いい女だなあと思ってね。 家 のです。 時にお宅が一緒になったのは、仲人がいてですか、くっつき合いで すか。 仲人がいてだけれど。 そりゃあいい、あたしん所は、くっつき合い でね、かみさんは表の伊勢屋の行儀見習い、あたしは大工で行っていて、弁当 つかうと、あたしにだけお茶やコウコはどうかとか、がんもどきうまく煮えた のよ、とかもってきてね。 それで一緒に縁日へ行って、帯留め買ってやった ら、たいそう喜んでね、着物の袖をひっぱりあって、八ツ口に手を入れて、コ チョコチョとやったりしてね、ここじゃなんだからって、竹林で…、強引ね、 なんてね、そういうことがありました。 世帯を持ったが、湯銭がないから、 大家にタライ借りて、タライで行水、二人で入って、背中に石鹸を挟んで、調 子を合わせて上ったり下がったりする、あなたがプッ! わたしがピッ! なん てね。 ♪あなたがくれた帯留めの達磨の模様が気にかかる、さんざ遊んで転 がして、あなたがプッ! わたしがピッ! ネェートンコトンコ。 師匠(市馬) が歌うから、弟子も歌う。

あんた、何をしに来たんで。 壁から釘が出ていませんか、蜘蛛の巣の下あ たりに。 どの辺か、わからない。 じゃあ、ウチへ戻って。 隣の野郎、よ くしゃべる野郎でね。 ここですよ、ここ、指差してるところ。 見えないよ。  お仏壇がガタガタしてる。 (拝んで)おい大変だ、阿弥陀様のノドのところ から、ビュッと出ている、えらいことをしてくれた。 また、来ました、一瞥 以来で。 お仏壇を見て下さい。 はせがわ?……、新しい形のお仏壇ですか。  あそこに、釘が出ているんですよ。 ホーーッ。 感心していないで、どうす るんだ、大変だよ。 ええ、明日から掃除のたびに、ここにホウキをかけに来 なきゃあならない。