「似我蜂」「徳利蜂」は狩人蜂2018/03/04 07:08

「似我蜂」というのが面白い。 子供の頃、父がトックリバチ(徳利蜂)を 教えてくれ、観察したのを思い出した。 ドロバチ科で、腹部の基部が強くく びれ、その形が徳利に似ているのが和名の由来という。 草木の枝や家屋の壁 などに、泥を練って器用に壺形の巣を作って、卵を一つ産んで壺の天井に紐で つるし、狩りに出かけて、集めてきて麻痺させたシャクトリムシやシャクガや ヤガの幼虫などを運び入れ、幼虫の餌にする。 孵った幼虫は、壺形の巣の中 で、それを食べながら育ち、巣立って行く。 「似我蜂」も、その習性が「徳 利蜂」に似ている。 こうした蜂を、狩人蜂、狩蜂というらしい。

『広辞苑』第七版

じがばち【似我蜂】

 「アナバチ科ジガバチ亜科のハチの一種。体長約25ミリメートル。7~8月 頃地中に穴を掘り、しゃくとりむしなどを捕らえ、貯えて幼虫の食物とする。 獲物を穴に入れる時、翅をじいじい鳴らすので、古人が「じがじが(似我似我)」 と言って青虫を埋めると蜂になって出てくるものと思い、この名がついたとい う。」

『日本大百科全書(ニッポニカ)』

ジガバチ   じがばち 似我蜂 sand wasp

「(前略)体は棒状で細長くはねは比較的短い。巣穴は地面とほとんど直角に大 あごで直径5~8ミリメートル、深さ1~3センチメートルの縦穴を掘り、その 先に直径1~1.5センチメートル、深さ2~3センチメートルほどの楕円形の独 房をつくる。狩りに出かける際は巣穴をふさぎ、獲物はヤガやシャクガの幼虫 を狩ってくる。麻痺状態の幼虫(アオムシ)を独房に引き入れ、その横腹に1 卵を産み付けるが、獲物の量が不足すると次の狩りに出かける。穴に詰めた砂 は出入りの度に開閉されるか、永久戸締りの際は詰め砂の上を念入りに顔面で たたき、ときには小石をくわえてたたき固める。ジガバチの名は、大あごで巣 を掘り起こすとき「ジガ、ジガ、……」と聞こえる翅音をたてることに由来す る。(後略)」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック