古今亭志ん五の「黄金(きん)の大黒」2018/03/06 07:18

 弱ってる、と志ん八改メ古今亭志ん五は、始めた。 埼玉の北部で独演会を やることになっているのだが、ポスターの写真が、7年前に亡くなった先代の 写真になっている。 インターネットを「志ん五」で検索して、二人出るのか ら、チョイスしたんでしょう。 弱ってる、と同時に、わくわくしている。 顔 が違う。 「志ん五です、お世話になります」と挨拶すると、エッ! またまた!  とか、言われるんでしょう。 楽しみにしているんであります。(緑色の羽織を 脱ぐ、白い着物)

 町内の若い衆が集まっている。 大家が呼んでいるというから、店賃の催促 に違いない。 お前は、いくつ溜っている? 二つ。 俺も二つだけれど、俺 とお前は大金持だ、みんなの具合はどうだ? 四つほど。 五つと願いたい。  六つです。 六つは、半年ってんだ。 家の娘が三つになる、生まれてからだ から、三年。 何を! 大きなお世話だ。 親父の代から払ってない。 金ち ゃんは? 店賃て、何です? 大家さんの、月々のお足だ。 まだ、貰ってな い。 六ちゃんは、長屋の斥候兵だから、大家さんとこの番頭さんと会って、 探りを入れた。 大家さんの坊ちゃんが、近所のガキと砂遊びをしていてね、 「黄金(きん)の大黒」を掘り出した。 それで、みんなにお祝いのご馳走を してくれるってんだ。 金ちゃん、どうした? ご馳走ってのは、何? おま んまだよ。 エーーーン。 泣いてるよ。 ゼニなくて、三日ばかり、おまん ま食ってない、水で命をつないでいる。 ふだん食べないようなものが、食べ られる。 猫まんま、とか? そんなんじゃない、もっといいものだ。

 ちょっと待って、六さんが番頭さんに、お祝いの席だから、羽織の一枚も着 て、口上の一つも言ってもらいたいと、言われた。 金ちゃん、羽織は? 持 ってない。 一枚ありゃあいい、みんなで回せば。 誰か持ってないか? ア、 ウッイ! いつか、こんなことがあるかと思って、紋付きだけどかまわないか。  三所紋か、五つ所紋か? 一つ所紋、背中に大きく、○に伊勢屋。 印半纏じ ゃないか。 婚礼に着てっちゃった、来る人、来る人、俺に下駄渡すんだ。下 足番と間違えたんだ。 ア、ウッイ! 羽織って、着物の上に重ねて着るやつか、 前に紐があって…、袖のないやつ。 それ、ちゃんちゃんこだよ。 五つ所紋 のがある。 早く、持って来い。

 あと口上だ。 順繰り、順繰りにやればいい。 誰か口上できる奴はいない か。 アーウー!アーウー! 猫が盛りがついたようだな。 落語聴きに行っ て、真打披露口上を聴いて来た。 羽織が着いた。 貸せ、口上の手本だ。 ト ザイ、トーザイ!

 よく来てくれましたね。 お坊ちゃんが、黄金の大黒を掘り出されたそうで、 どうも、おめでとうございます。 普段から情け深い大家さんが、お祝いのご 馳走をして下さるそうで、有難うございます。 みんな来てませんか? 私が 見回って参りましょう。 うまいね。 次は金ちゃん、行っといで。 いいか ら、行って来い。 ちきしょう、冗談じゃないぞ! 金ちゃん、よく来てくれ たね。 こんちは、ウーーーッ、ウケタマタマカリマスレバ、それから何て言 うの。 大家さんのガキと長屋のお坊ちゃんが……、ぐるっと回って来ます。  もう一人行ってよ、羽織が一枚しかないんだから。 江戸っ子の見本だ。 こ んちは! さいなら! 番頭さん、何か言ったね、いいんだよ、羽織なんてなく ても、みんな入りな。

 こんちは! こんちは! こんちは! ウッ、ワン! 長屋のポチも一緒か。 松っつあん、こっちへ来い、ウチの悪さがお前さんの所へ、よく遊びに行って いるようだが、悪いことをしたら叱ってくれよ。 どんどんやってます、こな いだも、七輪の火をあたいのオシッコで消しちゃおうか、と。 やれるもんな ら、やってみろって。 どうした? どういう育ちか、やりやがった。 ほっ ぺた、キュッとつねったら、石を投げてきたんで、地べたにぶん回して、二、 三発、なぐった。 げんこか? 金槌で。

 二の膳付きのご馳走と酒で、楽しい宴会になる。 向こうの方が騒がしい。  俺のテエ(鯛)を買わないか? 買おう、いくらだい。 20銭。 30銭。 も っと、もっと。 40銭。 42銭。 きざんだな。 50銭。 よし、売った。  金ちゃんが、大家さんにからむ。 床の間から、大黒様がトコトコ歩き出し、 出て行こうとする。 大家が止めると、「あんまり愉快なんで、これから仲間の 恵比寿も呼んでこよう」