戦争犠牲者への感謝と鎮魂2018/03/24 07:17

 宮川幸雄さんが、婦人参政権が戦後授けられたもので、戦争の犠牲者のおか げなので、鎮魂の意味を込めて、100%投票に行くべきだと、語ったのは強く 印象に残った。 宮川さんは、私より3学年下である。 私が志木の高校で3 年生の時、中等部の3年生で、日吉の高校に進み、新聞会に入った。 慶應3 高校の新聞部OBOGの集まりであるジャーミネーターの会でお会いし、ともに 会員の福沢諭吉協会でお目にかかり、中等部同窓会の俳句会「心太会」を本井 英先生が指導されていたことから、俳誌『夏潮』の会でもご一緒することにな った。 だから、お話を聞いたり、『うらら』という同人誌にお書きになるエッ セイを読んだりして、宮川さんのことはいろいろ承知している。

 宮川さんは昭和21年に、満洲の大連から、お母さんと佐世保港へ引き揚げ て来た。 3学年下だから昭和19年(か20年)生まれ、2歳(か1歳)だっ たろう。 お父さんは、昭和20年5月に大連で現地召集され、終戦後、北へ 向かう列車を怪しみ、関東軍から脱走して炭鉱に入って、シベリア抑留を免れ た。 戦後、ご両親が奇跡的に再会し、お母さんの強い力によって、満洲で「残 留孤児」とならなかったのは、ご自身の「人生の幸運」だと思っているそうだ。  お父さんは、先に引き揚げていたという。 この原体験から、戦争の犠牲者の おかげとか、鎮魂という言葉が出てくるのであろう。

 昨年4月29日の「昭和の日」、慶應志木高同窓会志木会の俳句の会「枇杷の 会」で、深川を吟行した。 句会場は近くにお住いの宮川さんに教えていただ いたと聞いた。 句会後、「しか野」という居酒屋で小酌したが、本井英先生が 戦争で亡くなった方々への深い感謝と鎮魂の思いを話された。 先生は終戦直 前の昭和20年7月26日のお生まれだったから、私は不思議な感じがした。 4 歳で空襲も体験していたのに、能天気な私にはそういう気持はまったくなかっ たからで、その時もそうお話をした。 お父上か、そのご兄弟が出征されたの かと思った。

最近になって、先生のその思いの根源がはたと分かったような気がした。 先 月25日の「等々力短信」第1104号<時ものを解決するや春を待つ 虚子>に 書いたように、咽頭癌の療養中で『夏潮』新年会に出席された先生が、まとめ て出版したい本の一つに、『夏潮』別冊『虚子研究号』の「「戦地より其他」を 読む」を挙げられたからである。

コメント

_ 宮川幸雄 ― 2018/04/08 22:33

紹介をありがとうございます。私は平成元年から平成10年まで、江東区選挙管理委員会明るい選挙推進委員を拝命いたしました。選挙の啓発活動なのですが、婦人会、女性部会を廻って、あまりにも地元の深川の歴史を知らないので、東京大空襲のことを話しました。各地からお嫁に来た方たちですから仕方がありません。繰り返し繰り返し、現在の繁栄は絶望の中で亡くなった大勢の人たちが礎になっていることを話しました。時々、門前仲町交差点で年配女性から声を掛けられます。「あんたの話を聴いてから必ず選挙の時は投票所へ行くようにしているよ」。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック