「宇崎竜童~船乗りだった父の思い」2018/07/09 07:07

 NHKの「ファミリーヒストリー」で、誰だったか、父親が商船学校の出身 で、外航汽船に乗っていたが、家族を思って船を降り、陸上の仕事をしたり、 琵琶湖遊覧船に乗ったというような話を見た記憶があった。 大津と、京都の 伏見、両方の港町に関係し、芝居小屋や長谷川一夫の名が出ていたと思う。 「伏 見 芝居 琵琶湖遊覧船」で検索して、宇崎竜童がヒットした。 ダウン・タ ウン・ブギウギ・バンドで一世を風靡し、明治大学で出会った妻・阿木燿子と 組み山口百恵の黄金時代を支えた人である。(本稿、敬称略)

 2016年2月16日放送の「宇崎竜童~ふたつの港町 船乗りだった父の思い ~」だった。 私は手書きの日記に、こう書いていた。 「宇崎竜童、昭和21 (1946)年生れ70歳。母方は、京都伏見の紙屋(今は従兄弟が文房具屋、ビ ンボウグヤと)、手広く営み、隣の劇場で長谷川一夫初舞台、その林家(?)の 仲人で、大津一の髪結いの息子と伏見稲荷で見合い。商船学校学生結婚、大阪 商船の外航船に乗るも、家族思い琵琶湖遊覧船へ。」

 改めて、番組宣伝を見てみる。 伏見は京都、大阪に川でつながる港町、母 方は南條紙店、柿渋で防水した紙で茶袋を作り、全国に卸した。 明治36(1903) 年、竜童の母・きみが生れ、隣は長谷川一夫の叔父・宗次郎が営む芝居小屋だ った。 長谷川一夫は明治41(1908)年に伏見で生れ、きみと幼馴染だった。  竜童の父・又一郎の故郷は、滋賀県大津、琵琶湖水運の港町である。 膳所藩 士の娘、木村すえが竜童の祖母、手広く髪結いを営んでいて、宗次郎と親しか った。 すえの息子の又一郎は、商船学校に入学していた。 宗次郎の隣のき みと、伏見稲荷大社で見合いし結婚、大正12(1923)年、商船学校を卒業す ると、大阪商船に就職した。 外国航路のろんどん丸(7104トン・大正10(1921) 年建造)に乗っていたが、家族を連れて北海道の小樽に移り住み、船を送り出 す陸の仕事についた。 昭和17(1942)年、民間の商船は船員とともに国家 の統制下に置かれた、又一郎は海軍の予備中尉として東京で軍務につき、一家 は小樽を引き上げた。 かつて又一郎の乗った商船は、次々と戦没した。 き みは、伏見の実家に疎開し、又一郎は防空壕で暮らしながら、食料を背負って 訪ねてきた。 宇崎竜童は、終戦から半年後の昭和21(1946)年2月に伏見 で生れた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック