高橋睦郎さん「“花”をひろう」の「彼岸花」2018/09/22 07:11

『夏潮』が創刊した翌年の2008(平成20)年11月からだったか、高橋睦郎 さんが朝日新聞の別刷カラーページに、長く(2013(平成25)年3月まで)「“花” をひろう」「“季”をひろう」という連載をなさった。 植物について、また古 今東西の詩文について、何ともお詳しいのに恐れ入ったものだった。 植物に ついては、その背景に「LOCUS AMOENUS(ロクス アモエヌス)」詩人の庭 があったのかと、改めて知った次第。

たとえば季節の「彼岸花」、「“花”をひろう」2010年9月11日、青空の白 い雲をバックに、真っ赤な彼岸花が咲いている(写真は、井上博道さん)。 白 秋の第二詩集『思ひ出』の一篇「曼殊沙華」。

GONSHAN. GONSHAN.何処へゆく、

赤い、御墓の曼殊沙華(ひがんばな)

曼殊沙華、

けふも手折に来たわいな。

GONSHAN. GONSHAN.何本か、

地には七本、血のやうに、

血のやうに、

ちやうど、あの児の年の数。

 「俗称ひがんばなの由来は秋彼岸の頃、墓地などのある村はずれの荒地や河 原などに咲くからか。もっとも、最近の温暖化のせいか、筆者の住む逗子あた りでは、七月末から咲いている。」とある。

 歳時記で「彼岸」とのみいえば春期。 秋期は「秋彼岸」という。 高橋睦 郎さんは、「秋のほうが彼岸にふさわしく思われるのは、彼岸花のせいもある か。」と。

 「白秋の詩の中のGONSHANは、いまでいう未婚の母か。七つ(いまなら 五歳)まで育てた愛児を亡くし、つい墓地に足が向くのだろうか。またの名を 死人花(しびとばな)、幽霊花、三昧花(さんまいばな)とも。」

 おわりに三句が引いてある。

むらがりていよ\/寂しひがんばな     日野草城

彼岸花咲く藪川のうす濁り         内藤吐天(とてん)

彼岸花鎮守の森の昏(くら)きより     中川宋淵(そうえん)

コメント

_ 轟亭(高橋睦郎さんの朝日新聞連載) ― 2018/09/24 17:30

高橋睦郎さんの朝日新聞連載「“花”をひろう」と「“季”をひろう」は、それぞれ中公新書の『季語百話―花をひろう』(2011年1月1日)、『歳時記百話―季を生きる』(2013年12月20日)として刊行されていることがわかった。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック