『折々のことば』と閑居日記・短信2018/09/25 07:08

 鷲田清一さんの『折々のことば』だが、切り抜いた中には、最近、この<小 人閑居日記>や「等々力短信」に書いたものに関連した、こんなものもあった。 

○9月7日からの<小人閑居日記>、末盛千枝子さんの『波』連載「根っこと 翼・皇后美智子さまに見る喜びの源」。

 1211「読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。 私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。  皇后 美智子さま『橋をかける』から」

○三田完著『歌は季につれ』<等々力短信 第1045号 2013.3.25.>

 618「上野発の夜行列車 おりたときから 青森駅は雪の中  (六・六の 「弾けた調子」の後に七・七・五) 三木たかし・曲(先) 阿久悠・詞(後)  石川さゆり「津軽海峡・冬景色」」

○乙川優三郎著『脊梁山脈』<等々力短信 第1056号 2014.2.25.>

 532「味わいすぎた哀しみに寄り添ってくれる実直な人より、険しい未来へ 押し出してくれる人がよいということだろうか。  乙川優三郎 『脊梁山脈』 から」

○『下山の時代を生きる』<等々力短信 第1108号 2018.6.25.>

 1149「技術ってやつも坂道と同じに上るだけではなしに、下ることもできな くては   装幀家 菊地信義」

○落語研究会・第600回 満50年<等々力短信 第1109号 2018.7.25.>

 1170「「なんでもいい」。でも、「どうでもよくは、ないんだよ」  五街道 雲助」

○犬養毅、「話せばわかる」時代だったか<等々力短信 第1110号 2018.8.25.>

 1206「家事は、あなたと家族が快適に暮らしていくための手段であって、け っしてあなたの生涯の目的ではないのです   評論家 犬養智子『家事秘訣 集』から」

 犬養智子さんは、犬養道子さんが五・一五事件の折、犬養毅首相が母と弟か ら意図的に離れようとしたという、その弟・康彦さん(後の共同通信社長)の 妻。 旧姓は波多野、祖父の波多野承五郎(1858-1929)は福沢門下生、東京 府会議員、天津総領事、外務省書記官、『朝野新聞』社長兼主筆、三井銀行本店 支配人、理事、千代田生命保険会社創立発起人、衆議院議員などを務めた。

与太郎老いて、愚痴をこぼす<等々力短信 第1111号 2018.9.25.>2018/09/25 07:11

 第1111号である。 「ぞろ目」という言葉がある、「二つのさいころを振っ て、同じ目が出ること」だが、『大辞泉』では三番目の意味に「全ての桁の値が 同じであること。また、年・月・日などの全ての桁の値がそろっていること」 とあった。 「エンジェルナンバー」といって、数字には意味があり、われわ れの周りには常に天使がいて、その天使が数字を通じて私たちにメッセージを 送ってくれているという考え方があるそうだ。 ゲートが開いたと見立てる 「1111」には、夢や考えが現実になる、普段から謙虚であることが評価され高 次元からの多くのサポートが受けられるので、感謝の心を持って、多くの人の ために自分の使命を果たすようにせよ、等々の意味があるとか。

 43年前に、前身の広尾短信を始めた時、「漱石、福沢を引き合いに出すまで もなく、昔の人は実によく手紙を書いた。今来るのはDMばかり、ハガキでど れだけのコミュニケーションができるか実験のつもり」と書いた。 福沢は、 Societyを「人間交際(じんかんこうさい)」と訳し、筆まめだけでなく、社中 交歓はもちろん、演説館や交詢社、家族団欒、婦人も含む茶話会や園遊会、人 と人とのあらゆる交際が、社会をつくりあげることを、実践した。 学問(実 学=実証科学(サイヤンス))で身につけた個人の独立を、活発なコミュニケー ションを通じて、国の独立に結びつけることを説いた。

 「等々力短信」は、郵送で約80通、メールで120人強、合計200名ほどの 方にお送りしている。 毎月返事を下さるごく少数の方を除いて、ほとんど反 響がない。 メールは一括送信ができて簡単だが、郵送分はかなりの手間と嵩 になるから、ポストに投函するたび、つい何通返信があるのかなどと思う。 ア ンケート葉書でも入れようか。 池田弥三郎さんは、贈呈の著書に返信用葉書 を入れて、大先生に叱られたとか。

 仙厓和尚「老人六歌仙」の第五に、「くどくなる、気短になる、ぐちになる、 出しゃばりたがる、世話やきたがる」とある。 長年、自分で勝手に出してい るのだからと、「愚痴をこぼさない」のをモットーに続けてきたが、1111号と もなると、与太郎も老境に入った気の弱りか、つい「愚痴をこぼす」ことにな った。 どうもすみません。

 最近、紹介した『下山の時代を生きる』や『昭和の怪物 七つの謎』を、すぐ に買ったとか、読んでとても面白かったとか、言って下さる方がいて、嬉しか った。 朝日新聞朝刊連載、鷲田清一さんの『折々のことば』に、こんなのが あった。 706「ぼくを研究に駆り立てていたのは、じつにつまらない「うれ しさ」だった。 動物行動学者 日高敏隆」。 日高敏隆さんでさえ、そうなの だ。 「1111」は、夢や考えが現実になる。 短信子宅のポストが、手紙や葉 書で溢れかえっている夢を見た。