「大化の改新」と「乙巳(いっし)の変」2018/10/13 07:15

 もう一つ、川口祥子さんのお話で、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃね ーよ!」と叱られそうな初耳だったのに、「大化の改新」を、最近は「いっしの へん・乙巳の変」ということだというのがあった。 字も知らず、家に帰って から辞書を探した。

 『広辞苑』第七版では、「いっしのへん【乙巳の変】(乙巳の年に起きたから いう)645年(大化1)中大兄皇子が中臣鎌足らと謀り、蘇我入鹿・蝦夷を討 滅し、権力を奪った政変。」

 そこで「大化の改新」も見ると、「たいかのかいしん【大化改新】大化元年(645) 夏、中大兄皇子(のちの天智天皇)を中心に、中臣(藤原)鎌足らが蘇我大臣 家を滅ぼして開始した古代政治史上の大改革。孝徳天皇を立て都を難波に移し、 翌春、私有地・私有民の廃止、国・郡・里制による地方行政権の中央集中、戸 籍の作成や耕地の調査による班田収授法の実施、調・庸など税制の統一、の4 綱目から成る改新の詔(みことのり)を公布、古代東アジア的な中央集権国家 成立の出発点となった。大化新政。」  つまり、「乙巳の変」はクーデターであり、「大化の改新」はクーデター後に 行われた一連の政治改革のことなのである。

そういえば2011年に、「昔 教科書で習ったのが、近年 変わったこと」<小 人閑居日記 2011. 9. 18.>というのを、テレビを見て書いていた。

《日本史》では、こんなのがあった。

 ○鎌倉幕府の成立時期は? 私は「人々国は武士の世ぞ」で憶えていたが、 「いい国つくろう」というのもあり、1192年(建久3、頼朝が征夷大将軍に任 命された)。 それが、最近の教科書は1185年(文治1、守護・地頭設置の勅許 を得た)なのだそうだ。 『広辞苑』は、1183(寿永2)年、1185年など諸説があ る、としている。

 ○大阪府堺市にある世界最大の古墳の名は? 「仁徳天皇陵」と憶えていた ら、最近は「大山(だいせん)古墳」「大仙古墳」「大仙陵古墳」と呼ぶ。 堺市 大仙町という地名から。 仁徳天皇を葬った百舌鳥耳原中(もずのみみはらな か) 陵に治定(じじょう)されるが、考古学上の立証を欠くため。

 ○古代、推古天皇の摂政として、内政、外交、仏教の興隆に力を尽くし、以 前は一万円札などの顔であった人物の名前は? 「聖徳太子」ではなくて、「厩 戸皇子(うまやどのおうじ)」。 本名なのだそうだ。 『広辞苑』には、「なお、 その事績とされるものには、伝説が多く含まれる」とある。