「志木歩こう会」“多摩地区の名所を訪ねて”2018/10/15 07:11

 6日の土曜日は、「志木歩こう会」“多摩地区の名所を訪ねて”があり、今年 も家内同伴で参加させてもらった。 午前10時の西国分寺駅集合。 毎年最 年長の10期で、長距離を歩いてヘロヘロになるので、来年あたりはリタイア かと思って集合場所に行くと、なんと1期生の波田野雅弘さんが参加されてい るではないか。 85,6歳になられる勘定だ。 千葉の鋸山の方にお住まいで、 山道を歩いておられるとか、この方が健脚で、颯爽とどんどん前を歩いて行か れるのであった。 リタイアなどと言ってはいられない。 あとで行った平櫛 田中彫刻美術館の平櫛田中の言葉、「「六十、七十は、鼻たれ小僧、男盛りは百 から百から、わしもこれからこれから」を実感した次第。

 西国分寺駅を出て、きれいに開発された新しい街を、多摩川方面へ下る。 国 分寺市泉町のアパート群の前の道路が、車道よりも歩道の方が広くなっている。  その歩道部分が東山道武蔵路(とうさんどうむさしみち)の発掘跡である。 両 側に茶色く側溝の跡が示されているから、道幅が広く12メートル程の直線道 路だということがわかる。 古代に造られた官道の一つで、当初東山道の本道 の一部として開通し、後に支路となった道。 上野国・下野国から武蔵国を南 北方向に通って武蔵国の国府(現、府中市)に至る。 7世紀に律令制が確立 されると、行政区画が整備され「五畿七道」が設置された。 畿内以外の国々 は、それぞれ所定の「道」に属し、それぞれの国の国府を結ぶ同名の官道がつ くられた。 東山道には、近江国を起点に、美濃国、飛騨国、信濃国、上野国、 下野国、陸奥国が属し、これらの国々から大きく外れたところにある武蔵国の 国府を結ぶ必要が生じた。 それで上野国府-新田駅(上野国)-武蔵国府- 足利駅(下野国)-下野国府というルートが採用されることになり、新田駅- 足利駅間は直進ではなく南北にわたってY字形に突き出る格好になった。 こ のY字形の部分が東山道武蔵路であった。(つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック