「そうだ 京都、行こう。」の二十五周年2018/10/31 07:07

 「京都に通い始めて、もう二十五年になります。千二百年分の時間を持った 町が、東京からたった二時間ちょっと先にあるなんて、なんて贅沢なんでしょ う。京都を、また新しく歩き直してみることにします。そうだ 京都、行こう。」

 放映中の「そうだ 京都、行こう。」というJR東海のCMである。 このキ ャッチコピー、家内がいいと褒めた。 今年は、このCMの25周年、俳優・ 長塚京三最後のナレーションだそうで、洛南の紅葉の名所、古刹「酬恩庵(し ゅうおんあん) 一休寺」(京田辺市)が舞台だ。

 5年前の2013(平成25)年11月25日の「等々力短信」第1053号に「年年 歳歳の紅葉」の題で、このCMについて書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/11/25/7072034

 その「等々力短信」に書き込めなかったものに、こんなのもあった。

1997年・東福寺「六百年前、桜を全部伐りました。春より秋を選んだお寺で す。「いさぎいいな」」

1995年・南禅寺「歴史(日本史)という額縁に、一九九五年の紅葉がおさま っています(いました)。いや、絶景かな。町ごと紅葉の美術館になる、京都で す。」(()内は、ポスターバージョン)

 そこで、最近の4年間のものを、YouTubeでさかのぼってみた。

2017年・東寺「もの言わぬ景色の何と雄弁なことでしょう。人間は、ちょっ としゃべりすぎ。では、これで、ごめん下さい。」

2016年・天龍寺「お寺を建てて、美しい庭を作ろう。600年以上も昔のプラ ンです。外の景色をお借りして完成できたことに感謝する。そんな気持ちがこ こにはあります。景色を借りると書いて「借景」、いい言葉じゃないですか。」

 2015年・北野天満宮「長くこの町が残して来てくれた秋の美しい風景を、今 せっせと自分に取り込んでいるところです。人は経験から多くを学ぶように出 来ているから。さて、私の秋は忙しくなるぞ。」

 2014年・源光庵「紅葉が宇宙や人の一生の話になってしまうとは、思っても いませんでした。丸い悟りの窓、四角い迷いの窓、心の窓を通して眺める紅葉 なのですね。そうか、ここへは、あの人を誘って来ればよかった。」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック