柳亭小痴樂「浮世根問」のマクラ2018/11/01 07:18

 10月30日は、第604回の落語研究会だった。 秋晴れが続き、この日も気 持ちよい日であった。

「浮世根問」         柳亭 小痴樂

「棒鱈」           柳家 三之助

「付き馬」          五街道 雲助

          仲入

「佐野山」          三笑亭 夢丸

「転宅」           柳家 小三治

 小痴樂は、後はちゃんとした人が出ますから、開口一番は苦行の時間と思っ て下さい、と。 若手、いつもは段ボールの上でやったりする。 お客さんが、 一人か二人。 呼び込みをする。 お前、落語出来るの? 多分。 面白いの?  と、聞いちゃいけない質問をされる。 面白いです、と言うと、嘘になる。 最 近の落語家は学歴が高い、私は中卒。 高校1年を2回やった、基礎が大事な ので…。 2年目の教室へ校長先生が直々にやってきて、そろそろやめたらど うだと言われ、示談成立。 最近は大学出がいっぱい、東大、京大なんてのが 入ってくる、本当の馬鹿。 早稲田、慶應、明治なんてのもいる。

 師匠樂輔の弟子は、一番弟子が私で、明樂、信樂(しがらき)、樂坊といる。  明樂は中卒だが、信樂は慶應義塾大学卒、頭はいいが馬鹿、愛嬌がない。 何 かと学歴を出す。 ドアの前で、師匠と私がどうやって開けるのか、引くのか な、とやっていると、後ろで「押したらどうです」なんて、いちいち学歴を出 す。 師匠と四人で旅行をしたら、雨だったのが晴れてきた。 師匠が天気は 西から崩れるっていうからな、追い越したんだと言うと、「地球は自転してます からね」なんて言う。 明樂が地球は回っているのか、と聞くと、信樂は、「兄 さん、昔、地球は回っていないと言って、殺されたのがいますからね。ガリレ オ・ガリレイ!」 樂坊は22歳、新卒、186センチで顔もシュッとしていて、 法政大学卒、もう嫌いでしょ。 大学出につい、頭いいの? なんて聞いちゃう。  いい学校と悪い学校を見分ける方法を教わった。 東京、京都とか、土地の名 前が付いてりゃあ、頭がいい、月謝が安い。 それが広がっていくと、馬鹿に なる。 日本とか、アジアとか。 今日ここにいたら、ごめんなさい。