立川志の春の「権助魚」2018/12/27 07:17

 25日はクリスマスだが、落語研究会は、この日に重なることが多く、まこと に評判が悪い。 第606回、平成30年の納会である。

「権助魚」      立川 志の春

「小田原相撲」    林家 たけ平

「姫かたり」     柳家 小満ん

        仲入

「金明竹」      柳家 小せん

「文七元結」     柳家 権太楼

立川志の春については、2014年にヒルサイドテラスの代官山落語会で聴き、 詳しく書いていた。 落語研究会でも、2015年3月6日に「天災」を演った。

立川志の春、三井物産を辞め、志の輔に入門<小人閑居日記 2014.5.26.>

志の春、英語落語と古典修業<小人閑居日記 2014.5.28.>

志の春も、落語を聴くなどは、最高のクリスマスだ、と始めた。 酷暑の夏、 異常な豪雨などもあって、日本も温帯から亜熱帯になったのではないかといわ れる。 福岡におばがいて、おばさんはお袋の何かと聞いたら、「あねったい」。  いろんなところが、熱くなっていて、炎上する。 男女関係も、不倫の謝罪会 見などがあり、放っておいてくれない。 お妾、二号さんを、最近は愛人と言 い換える。 愛人だと、言葉の意味がちょっと違う、響きも違う。 でも変わ らないのは、上司のために部下が嘘をつくことだろう。

権助やー、権助! おかみさん、お呼びで。 お前に訊きたいことがある、 最近の旦那はおかしくないかい。 旦那は、いつもおかしい。 お囲いでも出 来たんじゃないか、まあ自分の稼ぎの中でやるのだから、私は構わないんだけ れど。 旦那について行く所は、どこなんだい。 お前の大好きなものは、何 だい? 豆腐屋のお花ちゃん。 食べ物だよ。 今川焼。 尾張屋の斜(はす) 向かい。 近いんだね、いくつなんだい。 二つばかり。 三十ぐらいかい。  そうだら食ったら、腹こわす。 お妾の年だよ。 俺、あまっ子のことは知ら ねえ。 旦那について行くと、橋のたもとで、あっちを見てみろっていうから、 見ているうちに、旦那がいなくなる、神隠しだ。 まかれるんだよ、一円あげ るから、よく見て来ておくれ。 一円頂いて、俺の心はおかみさんのものだ、 地獄の果てまでも、付いて行くから。

また、出かけるよ、向島の丸安さんまで、仕事の話だ。 権助を供に連れて って下さい。 権助かい、いいよ。 権助が嫌なら、私が付いて行きます。 権 助、目を離さないでね、ボォーーッとついて行くんじゃないよ。

旦那様は、どこのあまっ子のところへ行くだ。 お前、あれに一円ぐらいも らったな。 二円やる。 身も心も旦那様のものだ。 じゃあ、帰ってこう言 え、両国橋のたもとで、丸安さんとお会いして、柳橋の料亭に上がって、芸者 幇間を呼んでどんちゃん騒ぎ、それから隅田川で網打ちをして、丸安さんと湯 河原へおくり込み、今夜はお帰りがない、と。 それから魚屋で網取り魚を買 って行け。 旦那、ペラペラと、素人のようではないな、ところで網取り魚は 二円の内ですか。 別にやるよ。 あまっ子によろしく、しっかりやれ。 旦 那、駆け出して行ったよ。

魚屋、魚屋と。 ごめんくらっしゃい、網取り魚を下さい。 これは、何?  スケソウダラに、ニシン。 網取り魚で? 元は、網で取った。 この目ん玉 に藁突っ刺したのは? 目刺。 網取り魚で? 元は、網取り魚だ。 二匹く れ。 一把、二把って、言う。 鳥ですか? まとめて買うもんだ。 このエ ボエボの足のは、何? タコ、足が八本ある。 股引穿くのが大変だ。 湯が いたから、真っ赤だ。 これも網取り魚で? 網で取った。 このノッペラボ ウの真っ白いのは? 蒲鉾だ。 カマボッコ、これも網取り魚で? 元は、網 取り魚だ。

権助、只今帰りました。 両国橋のたもとで、丸安さんとお会いして、柳橋 の料亭に上がって、芸者幇間を呼んでどんちゃん騒ぎ、それから隅田川で網打 ちをして、丸安さんと湯河原へおくり込み、今夜はお帰りがない。 おかしく ないかい、旦那様とお前が出て行ったのは二時、今、二時十五分だよ。 本当 です、証拠にこれ、網取り魚。 スケソウダラやニシンは、北海道でしか獲れ ない魚だよ。 目刺や、カマボコが泳いでいるのかい。 いいや、みんな網で 獲った、目刺はつながって泳いでいるところを。 タコは赤くなってるよ。 タ コは足が八本あって、寒がりで震えていたから、舟の上でお湯をかけた。 カ マボッコは、板っ切れがないと泳げない。

旦那から、いくらもらったんだい。 二円。 一円やった私の事を、二円で 裏切ったんだね。 いえ、ほんの浮気でございます。