俳句「秋の空余生まもなく十八年」2019/01/01 07:50

 明けましておめでとうございます。 平成31年、紋切型のいわゆる「平成 最後の」元旦です。 落語研究会を一日お休みし、毎年元日のお笑い種に、ご 覧に入れている自作の俳句、俳誌『夏潮』一月号の親潮賞応募作、題して「余 生まもなく」二十句です。

初句会下手に見える句詠まんとす

寒の水顔を洗ふて出直さん

関東の行けども行けども春田かな

栗の花匂ふ木立やドーム覆ふ

新緑の大泉水に一鵜かな

雨蛙お前の額も広いのか

世田谷は坂また坂や雲の峰

露草の曲り角をば守りをる

秋晴や是好日と武蔵野へ

団栗は転がる転がるハケの坂

紅葉浮く湧水の池澄み切りて

踏みつけしプラタナスの実を拾ふ

帽子にドスン団栗の落ちてきて

貼紙は落柿注意に蜂注意

金水引咲く天平の寺跡に

天高く妻と下町洋食屋

新蕎麦の旗や商店街の風

秋夕焼ママチャリの影丘の上

もうお会式近頃一年短くて

秋の空余生まもなく十八年

 この内『夏潮』一月号に掲載して頂いたのは、次の四句でした。

初句会下手に見える句詠まんとす

世田谷は坂また坂や雲の峰

天高く妻と下町洋食屋

もうお会式近頃一年短くて