再び山本周五郎にはまる2019/01/07 07:10

 第一回は、今日7日の午後3時までだが、パソコンの「ストリーミングを聴 く」や、スマホの「らじるらじる」「聴き逃し」で聴けるNHKラジオの「朗読 の時間」、「山本周五郎作品集」がおすすめだ。 暮から新年にかけて、寝しな に聴いて、すっかりはまってしまった。 文学座の俳優・田中宏樹さんの朗読、 「艶書」「金作行状記」「本所霙(みぞれ)河岸」の三作品である。 物語の意 外で巧な展開、人間味を感じさせる登場人物たちに対する暖かい視線、そこは かとないユーモア、いかにも山本周五郎らしい魅力に溢れている。

 昨年、末盛千枝子さんが新潮社の『波』に連載された「根っこと翼・皇后美 智子さまに見る喜びの源」については、9月7日から三日間の当日記に記した。

「根っこと翼・皇后美智子さまに見る喜びの源」<小人閑居日記 2018.9.7.>

皇后様と島多代さん・小泉信三さん<小人閑居日記 2018.9.8.>

皇后様、文学・芸術の豊かな人脈<小人閑居日記 2018.9.9.>

 そこに書けなかった話に、渡邉允さんという侍従長のエピソードがあった。  渡邉允さんは外交官だが、1996(平成8)年から2007(平成19)年まで侍従 長を務めた。 末盛さんは連載の第3回(3月号)で、渡邉允さんが外交官と してワシントンに駐在していた時期に、島多代さんもあちらにいて親しかった、 皇后様の『橋をかける』のロシア語版が出版され、ロシア大使館で盛大な出版 記念会が催された時にも、渡邉允侍従長が皇后様の代理として出席してくれて 有難かった、という。 そして、あの一連の時期の侍従長が渡邉さんでなけれ ば、インドでのビデオの基調講演も、皇后様のバーゼル行きも実現が難しかっ たのではないかと思っている、と書いている。 さらに、一度何かの時に渡邉 さんにそう申し上げたら、「そうかねえ、そんなことはないと思うよ」と、さり げなく言っておられた。 そう書いた後、末盛さんは、話をこう結んでいた。  「渡邉さんはアメリカを離れる時に、山本周五郎の『墨丸』を英訳し、冊子に して、友人たちに置いてきたという。」

 それを読んだ時、私はさっそく、「墨丸」を読み直すために、書棚の『小説 日 本婦道記』(新潮文庫)を取り出したのだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック