「寒稽古」と「侘助」の句会2019/01/12 07:19

 1月10日は、午前中、第184回福澤先生誕生記念会で三田に行き(後日書 く)、夜は『夏潮』渋谷句会があった。 主宰は、喉の調子が今一つのところを、 寒い夜の句会で、次の日から犬山での泊りがけの稽古会の予定もあるにもかか わらず、熱心に指導して下さり、まことに頭の下がる思いがした。 句会の兼 題は「寒稽古」と「侘助」、私はつぎの七句を出した。

寒稽古弦音響き渡るかな

皹(あかぎれ)の足に血滲む寒稽古

寒稽古裏で雛妓(すうぎ)の目に涙

床の間の侘助にまで日の届き

侘助や明り障子に日の昏るる

侘助やチンチンチンと釜の音

侘助や一輪挿しに銘のあり

 私が選句したのは、つぎの七句。

足裏(あなうら)にひつつく床や寒稽古   英

己が声に己れ励まし寒稽古         和子

寒稽古終えれば師範人となる        明雀

白侘助よき人に会ふに似て         なな

侘助のささやくごとく咲けるかな      さえ

侘助を鉢に育てて谷戸住まひ        裕子

侘助や今宵の話は内密に          由紀

 私の結果。 <寒稽古弦音響き渡るかな>を英主宰と和子さん、<床の間の 侘助にまで日の届き>を英主宰と和子さん、<侘助や明り障子に日の昏るる> を孝治さんと耕一さん、<侘助やチンチンチンと釜の音>を由紀さんが採って くれた。 主宰選二句、互選五票の計七票、新年早々まずまずというところで あった。

 主宰選評。 俳句会は、人によって、稽古だとしたり、真剣勝負だと考えた りする。 生涯の真剣勝負と思う人もいる。 だが毎回真剣勝負だと、採って もらえないと落ち込む。 大人になって分かるのだが、数出ていると、俳句は 授かりもの、いい句がいただけることがある。 心持の問題だ。 身体を動か す体操、頭の体操とくらべて、俳句は心の体操。

 <寒稽古弦音響き渡るかな>…うまい句、弓術はほとんど無言。弓の弦をな らして妖魔を祓うまじない「鳴弦(めいげん)」、呪術にまで通じそう。 <床の間の侘助にまで日の届き>…「にまで」は損、作者の顏が見えて、景が 見えない。「床の間の侘助に日の届きをり」と添削。読者は素直についてくれる。 (理屈や説明が駄目なのは、いつも注意されていることなのだが、ボォーッと つくっていると、ついやってしまう。反省!)