「光(ひかり)」の歌会始、前半2019/01/20 07:35

 16日皇居正殿松の間で開かれた「歌会始の儀」の生中継をNHK総合テレビ で見た。 お題は「光(ひかり)」、緊張の中、午前10時30分厳かに始まり、 1時間15分ほどの、悠然とした時間が流れる。

 司会役を「読師(どくじ)」といい、声を発することなく、式全体の進行を司 る。 「披講(ひこう)」は、まず「講師(こうじ)」の近衞忠大(ただひろ) さんが、歌を一字一句正確に読み上げる。 続いて「発声」の役が最初の一句 を歌い、第二句以下を「講頌(こうしょう)」四人が節を付けて唱和する。

 「披講」では、入選者十名、選者代表、召人、皇族代表、皇太子妃、皇太子、 皇后、天皇の順に、歌が披露される。 入選者の歌は若い順で、「講師」が「年 の初めに同じく「光」ということを、仰せ言(ごと)によりて詠める歌、山梨 県 加賀爪のあみ」と言う。 苗字と名前の間に「の」が入る。 作者は自分の 歌が読まれる時に、起立する(天皇を除き)。 加賀爪のあみさんは16歳の高 校生、歌は<ペンライトの光の海に飛び込んで私は波の一つのしぶき>、「発声」 が「ペンライトの」と歌い、「講頌」の方々が「光の海に飛び込んで私は波の一 つのしぶき」と唱和する。 学校の先生の歌が二つあった。 岡山県の重藤洋 子さん(58歳)は、<無言になり原爆資料館出できたる生徒を夏の光に放つ>、 同じく岡山県の秋山美恵子さん(66歳)は、<光てふ名を持つ男の人生を千年 のちの生徒に語る>。

 選者は篠弘、三枝昂之、永田和宏、今野寿美、内藤明の五名だが、披講され たのは代表の篠弘さんだけで、<手づからに刈られし陸稲(おかぼ)の強(こ  わ)き根を語らせたまふ眼差し光る>、天皇さまの歌の相談にあずかっていて、 水稲と陸稲の根の違いを教えられた時のことを歌ったのだそうだ。 召人は意 外にも、<摩天楼から新緑がパセリほど>の俳人、鷹羽狩行さんだった。 < ひと雨の降りたるのちに風出でて一色(いっしょく)に光る並木通りは>、ご 自宅近くの並木を詠んだものということで、どこかは知らないが、銀座ではな いだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック