柳家さん喬の「福禄寿」前半2019/02/01 07:11

 お運びで御礼を申し上げます。 唐突ですが、皆様は幸せというものを、ど のようにお思いでしょうか。 コーヒーにお砂糖、いくつ入れる? その内に、 何も言わなくても、二つ入るようになる。 寝床で、味噌汁の具を刻む音が聞 こえる。 酔っ払って、美味しいものを食べる、そんな幸せ。 「福禄寿」、福 は幸せ、禄は蓄え、寿は寿命。 お金は、あればあったでよい。 そうでない 場合もある。 幸せは、皆様方のお心の中にある。 そんなところが、この噺 のテーマでしょうか。

 深川万年町の福徳屋万右衛門は、九十六歳まで長生きし、十二人の子供がい た。 お妾に産ませた六人の子供も養子にして、同じように育て、男の子には 身代を分け、女の子はいい所に嫁に出した。 長男の禄太郎が不出来で、次男 で養子の福次郎が家を継いでいる。 毎年、暮の二十八日、福次郎が年忘れの 会を催すのだが、長男の禄太郎は顔を出せなくなっている。 都度、金を渡し て、商売をやるのだが、身代限りを繰り返しているのが、万右衛門夫婦の寂し さだ。

 おっ母様、ご隠居所の方へ。 雪が降り続いている。 福次郎のすすめで、 母親は暖かい炬燵に入り、幸せを感じる。 トントン! トントン! はい、誰、 どなた? 禄でございます、禄太郎でございます。 今、開けるから、叩くん じゃないよ。 土間に、雪が降り込んで来る。 禄かい。 汚い手拭で頬被り をして、素足に下駄を履き、汚い着物を着ている。 まあ、中へお入り、お前、 何か、この雪の中、素足に下駄で来たのかい。 ヘヘヘヘヘ、ご無沙汰をいた しております、おっ母様は達者で何より、お父様も…。 今日は、何の日か、 ご存知だろうね。 このところ、借金取に追われておりましてね、ヘヘヘヘヘ。  お前、金の工面に来たんじゃ、ないだろうね。 三百両、三百円、貸してくれ ねえかな、ヘッヘッヘ、おっ母様から福の奴に一言、話してくれないか。 馬 鹿なことをお言いでないよ、お前さん、お忘れかい、八百のことを…、福に頼 んどくれ。 借用書に、お前の名前と私の名前を書いたら、福は泣きながら、  借用書を破いて、八百円用立ててくれた。 お前は、それを半年で使い切って しまった。 お前さんは、商売が下手なのではない、ちょっと儲かると気が大 きくなって、江の島だの箱根だのに物見遊山、揃いの浴衣をこしらえて、宿屋 を借り切って、大騒ぎだ。 二度と、この敷居は跨ぎませんと言って、出て行 ったんじゃないか。 いい儲け口があるんです、仙台の土地、すぐに十倍、百 倍になる。 三百円あれば…、福に一言、お願いします。 帰ってくれ、福に 頼むことは出来ない。 こないだは福がね、疲れた顔をしていて、温泉に行っ たり、美味しい物を食べたつもりで、この箱の中に入れておきます。 それを 兄様に渡すと喜んでお帰りになる、それが療養になるのだ、と言っていたよ。  帰ってくれ。 福は、立派ですから。 茶化すことを言う、お前は私の子で、 福は私の子じゃない。 お前の金の無心、私がどんな思いでいるか、一度でも 考えたことがあるか。 帰っておくれ、帰っておくれ。 どうにもならない、 死ぬよりしかしようがない。 アッ、福が来た…。

柳家さん喬の「福禄寿」後半2019/02/02 05:42

 アッ、福が来た…。 枕屏風を炬燵に立て回してある。 おっ母様、お寒く はありませんか、みんなご挨拶したいと申しますが、私が代りに参りました。  お父様は、竹と梅と一緒に、柳橋へ人力でお出かけで。 オラ、往生だ、往生 だ、なんて、おっしゃりながら。 私も、これから田中へ、仲間内の会がござ いまして、両国の田中へ。 貞吉が、伊豆善から酒を持って来てくれました、 年に何本かしか出来ない酒だそうで。 お重でございます、お料理を詰めまし た。 こちらに三百円ございます。 人がおいでになる、中にはお金の無心を する人もおりましょう。 はい、ご苦労様。

 行ったよ、出ておいで。 炬燵の中は熱い、焼芋の気持がよくわかる。 三 百円、持ってお行き。 酒がどうとか、言っていたようだが…。 およしな。  大丈夫、一杯や二杯でどうなるもんじゃない、大丈夫ですよ。 なるほど自慢 して持って来るだけのことはある、何ともいい酒だ。 料理もお食べ。 酒は もうおよしなよ。 駄目だという酒を、何杯も飲んで、すっかりいい気持にな って、お父っつあんによろしく、これでご無礼を。 大丈夫かい。 傘、貸し てくれないか。 持ってきな。 禄、子供の頃から、足を引きずる癖がある、 雪に足を取られないように。 禄、今度来る時は、その敷居を跨がずに来てお くれ。 じゃあ、お達者で。

 よく降りやがって、おーーッ寒い、ヘーーッ! 裏路地を通る人がいる。 雪 の朝二の字二の字の下駄の跡。 お袋は、いつまでも子供扱いだ。 お袋はよ く知ってやがんな、雪に足を取られるなんて。 オッと! 三百円、久しぶり に吉原へ行くか。 よそう、仙台の土地を買い占めて、一晩で十倍、二十倍、 ハッハッハ、大金持だ、オラ。 ♪富士の白雪ゃ朝日で溶ける 溶けて流れて 三島にそそぐ 娘島田は口説の中で寝て溶ける。 小さな傘は、雪の中に吸い 込まれて行く。

 それは帳場の方へ、私はおっ母様のところへ。 下駄の歯の間に、何か挟み 込んだ。 さっき、おっ母さんに渡したお金だ。 おっ母様、お怪我はありま せんか、福ですが…。 お怪我? 盗っ人が入ったんじゃありませんか。 入 りませんよ。 これはさっきお渡ししたお金です、そこで私の下駄の歯の間に 挟まりました。 何て、運のない子だ、これから先、あの子は乞食になるより 仕方がない。 禄の奴がやって来てね、用立てることはできないと断わると、 死ぬのなんのと言う。 お前さんが下すった三百円、あの子に渡してしまいま した。 このお金を落して、この先、野垂れ死にするより仕方がない。 馬鹿 な母親だと、笑ってやって下さい。 兄(あに)様に渡してもらおうと、おっ 母様にお渡ししたんです。 兄様がお気の毒、お可哀そう。

 福、あの子はねえ、人より大きなことをしよう、しようとする、二升枡に三 升も四升も入れようとする。 大きな枡を持ちたがる。 人の暮しは天から授 かるもの、十円には十円の暮しがある。 それが、あの子は大きな暮しがした い。 福、辛い思いばかりさせて、すみません。 私ども兄弟は、お父っ様に 拾って頂きました。 父様、母様、兄様に、ご恩を返そうと…。 それがかえ って、辛い思いをさせてしまって、堪忍して下さい。

 トントン! ここを開けて下さい。 アッ兄様、兄様です。 福、おっ母様、 堪忍して下さい。 福が恵んでくれた三百円を探して、門口まで来て、今の話 を聞きました。 初めて知りました、堪忍して下さい。 兄様、そんなことを おっしゃらないで下さい。 福、頼みがある、三百円の中から十円だけ、恵ん でくれないか。 今の私には、十円でも多いかもしれない、十円で父様母様が 満足してくれる人間になろうと思うんだ。

 禄太郎は、福島で土地を開墾し地道に農業に励み、やがて北海道へ移って亀 田村を開拓いたしました。 三遊亭圓朝作「福禄寿」というお噺でございます。

金栗四三の生れた熊本の春富村は和水(なごみ)町2019/02/03 08:36

 今年の大河ドラマ『いだてん―東京オリムピック噺』、宮藤官九郎の作、スピ ーディーなドタバタ喜劇調で始まった。 日本初のオリンピック選手として 1912年のストックホルム大会にマラソン競技に出場した金栗四三(かなぐり・ しそう、しぞうとも)(中村勘九郎)は1891(明治24)年8月20日の熊本県 玉名郡春富村の生れ、父の信彦(田口トモロヲ)43歳の子だから四三と名付け られた。 東京オリムピック噺を語る古今亭志ん生(ビートたけし、青年期は 森山未來)、本名美濃部孝蔵は、その一年前1890(明治23)年6月28日の東 京市神田区神田亀住町(現、外神田)生れ、巡査だった父親の命名には、親孝 行をして蔵のひとつも建ててくれという願いがこめられていたそうだ。

 金栗四三の生れた熊本県玉名郡春富村は、現在の和水(なごみ)町にあり、 実は『いだてん―東京オリムピック噺』が1月6日に始まった3日前、NHK が盛んに予告編を流していた頃、1月3日午後6時10分に震度6弱の地震が 和水町を中心に発生したのだった。 しかしニュースでは、和水町が金栗四三 の出身地であることと関連付けて報じられることはなかったと思う。 1月26 日午後2時16分頃にも、和水町で震度5弱の地震があった。

 ドラマでは、春富村から父の信彦が四三を連れて、熊本第五高等中学校長の 嘉納治五郎(役所広司)に抱いてもらうため、20キロの道を歩いて行く、その 途中だったか西南戦争の激戦地、田原坂を通った、春富村は田原坂とも近いこ とをやっていた。

 11月17日「あるクラスメイトの訃報」に、広瀬章さんの生まれ故郷は「玉 東町」(旧木葉村)で熊本市の中心部から約20km程の山村、近くに西南戦争 で有名な“田原坂”があり、小学校の春の遠足地だったそうだ、と書いた。 玉 名郡玉東町を地図で見たら、春富村の和水町と熊本市の間にあった。 広瀬章 さんが『いだてん―東京オリムピック噺』を見たら、さぞ喜んだことだろう、 と思った。

志ん生の稽古熱心、馬生・志ん朝も2019/02/04 07:05

 大河ドラマ『いだてん―東京オリムピック噺』の中で、古今亭志ん生(ビー トたけし)が下に電車が走っている公園のベンチのような所で、噺の稽古をし ている場面があった。 それで思い出したのは、ドラマでは小泉今日子が演じ ている志ん生の長女・美濃部美津子が書いた『志ん生・馬生・志ん朝 三人噺』 (扶桑社)という本である。 「稽古熱心」という章があるからだ。

 それはひとまずおき、その本の巻末にあった「美濃部一家の歴史」という年 表を見ておきたい。 志ん生の美濃部孝蔵が清水りんと結婚したのが、1922(大 正11)年。 ドラマではこの妻りん(役名おりん)を、長男・清(金原亭馬生) の娘・池波志乃が演じている。 1924(大正13)年長女・美津子誕生、1925 (大正14)年次女・喜美子誕生。 1926(昭和元)年田端から笹塚へ転居、 その翌年幡ヶ谷へ転居し、笹塚に戻り、さらに和田堀町方南に転居。 1928(昭 和3)年長男・清誕生、本所区業平橋、ご存知「なめくじ長屋」に転居。 1936 (昭和11)年浅草区浅草(本は駒込となっているが誤りと思われる)永住町へ 転居、翌年本郷区駒込神明町へ転居。 1938(昭和13)年次男・強次(古今 亭志ん朝)誕生。 1943(昭和18)年清入門、むかし家今松で初高座を勤め る。 1945(昭和20)年戦災に遭い、本郷区駒込動坂へ転居。 志ん生、満 州へ慰問興行へ。 1947(昭和22)年志ん生、満州より帰国。 1949(昭和 24)年清、金原亭馬生(十代目)を襲名、真打に昇進。 1951(昭和26)年 荒川区日暮里へ転居。 1957(昭和32)年強次入門、古今亭朝太で初高座を 勤める。 1961(昭和36)年志ん生、脳溢血で倒れる。 1962(昭和37)年 強次、古今亭志ん朝(三代目)を襲名、真打に昇進。 1971(昭和46)年り ん死去(享年74歳)。 1973(昭和48)年志ん生死去(享年83歳)。 1982 (昭和57)年馬生死去(享年54歳)。 2001(平成13)年志ん朝死去(享年 63歳)。

 そこで「稽古熱心」だが、志ん生は若い頃から、道楽をしたり、寄席をクビ になったりしたこともあるけれど、噺の稽古だけはどんなときも忘れなかった という。 「なめくじ長屋」にいたころも、毎日必ず稽古をしていて、何せ六 畳間とりんさんが内職していた二畳しかないので、子供が三人いては気が散る から、外に出されて、遊んでいる二時間か三時間、稽古していた。 歩きなが らでも稽古をしていた。 寄席までは歩いて通うのだが、上野や浅草の寄席に 行く道中に稽古する。 歩きながら稽古するのは、馬生や志ん朝もそうだった ようで、志ん朝の弟子から「ウチの師匠には、『噺家は歩きながら貯金ができる』 と、言われました」と聞いた。 三人の芸風はそれぞれ違うけれど、「稽古熱心」 という点では、三人ともまったく一緒だった、と美津子さんは書いている。

 「お父さん(志ん生)の稽古熱心は、売れてっからも変わりませんでした。 当時は日暮里に住んでて……そこが終の棲家にもなりましたが……、すぐそば に谷中の諏訪神社があるんですよ。人が全然、来ないとこだから、稽古するに はもってこいの場所だったんでしょうね。崖っぷちのとこがあって、ちょうど 下を山手線と京浜東北線なんかが走っててね。そこに置いてある椅子に座って、 「えぇー、というようなわけで……」なんて、やってたみたいですよ。」  宮藤官九郎さんは、これを読んだのだろうか。

十六回の改名で古今亭志ん生となる2019/02/05 07:28

 古今亭志ん生は「美濃部一家の歴史」にあるように、しばしば転居している けれど、芸名もたびたび変えている。 道楽をして、貧乏で借金に追われ、寄 席をクビになったりした、ハチャメチャな時代があったからだ。 『志ん生廓 ばなし』(立風書房)という本の巻末、小島貞二さんが編んだと思われる「古今 亭志ん生年表」で、その辺りを拾ってみる。

 古今亭志ん生、美濃部孝蔵は、1890(明治23)年6月5日(『志ん生・馬生・ 志ん朝 三人噺』は28日)、美濃部盛行(もりゆき)・てうの四男(四男一女の 末っ子)として出生。 父は元幕臣(祖父は八百石取りの槍の指南番)で当時 警視庁巡査、だから戸籍は「士族」、若いころ芸事が好きで初代三遊亭円遊(鼻 の円遊)とは遊び仲間だったという。 1901(明治34)年(11歳)下谷尋常 小学校4年(当時は4年制)卒業まぎわ、素行悪く退学、すぐ奉公に出される。  奉公先を転々とし、朝鮮京城の印刷会社へ小僧に出されたこともあるが、すぐ 逃げ戻る。 バクチ、酒などもこの当時覚えたという。 1905(明治38)年 (15歳)バクチ、酒、女郎買いなどの放蕩が続く。 さすがの父も、槍を持ち 出し、「この不孝者め、突っ殺してやる」などのひと幕もあり(大河ドラマにも あった)、家をとび出て、そのまま放浪生活に入る。

 1907(明治40)年(17歳)浅草富士横丁のモーロー車夫の家に居候してい るとき、すすめられて噺家を志し、運よく“名人”といわれた橘家円喬門下と なり、三遊亭朝太の名をもらう。

 1912(大正元)年(22歳)師匠円喬が亡くなり、自然に小円朝門下となる。  1921(大正10)年(31歳)このころ六代目金原亭馬生(後の四代目古今亭志 ん生)を第三の師匠としていて、9月、金原亭馬きんとなり真打。 この時ま でに、朝太から三遊亭円菊、古今亭馬太郎、全亭武生(ぜんていぶしょう)、吉 原朝馬(ちょうば)、隅田川馬石(ばせき)をへて、馬きんは七回目の改名だっ た。

 1933(昭和8)年(43歳)ポリドールより初めてレコードを吹き込む、古今 亭志ん馬の名の『元帳』(代わり目)。 この時までに、馬きんから、古今亭志 ん馬、小金井芦風(ろふう、この時は講談師)、古今亭馬生、柳家東三楼(とう ざぶろう)、柳家ぎん馬、柳家甚語楼を経て、志ん馬(二度目)と、都合十四回 目の改名。

 1939(昭和14)年(49歳)五代目古今亭志ん生を襲名。 この時までに、 志ん馬のあと、七代目金原亭馬生(二度目の馬生だが、前は古今亭)を経ての 志ん生襲名で、計十六回改名の新記録をつくる。  (矢野誠一さんは、甚語 楼が二度あったとして、十七回改名説だと、八木忠栄さんの『ぼくの落語ある 記』(新書館)にあった。)