松永安左エ門の記念館を見学2019/06/16 07:54

松永記念館の絵葉書より

 箱根一泊旅行の二日目、それぞれが好みの場所へ出かける中、加藤隆康さん 夫妻が小田原の松永安左エ門の記念館へ行くというので、一諸に車に乗せて行 ってもらった。 以前から、一度は行ってみたいと思っていた場所だったから だ。

 松永記念館は小田原市板橋941番地1にある。 松永安左エ門が晩年、72 歳の昭和21(1946)年から97歳で亡くなる昭和46(1972)年まで25年間住 んだところである。 埼玉県柳瀬(やなせ・現所沢市)の家が寒いというので、 温暖なこの地に、当時は15坪という制限があったので、当初はその規模の住 居として建設された。 まず、その老欅荘(ろうきょそう)という建物を見よ うと、門から左手の睡蓮の池を巡って、樹齢400年の欅(けやき)と重さ10 トンとかいう黒部の大石の横を登って行くと、庭の草むしりをしていた係の人 が、初めてですか、ご案内しますか、と聞いてくれる。 小田原市の職員の女 性で、実に親切丁寧に老欅荘内を案内してくれた。

 老欅荘は、昭和54(1979)年に小田原市に寄付され、平成12(2000)年に 国登録有形文化財となり、保存整備工事も施された。 玄関を入ると三畳の寄 付があり、左に十畳の和室、その奥に床の間のある十畳の座敷に窓際の縁座敷 の付いた広間、さらに六畳の和室に連なった四畳半の茶室がある。 どの部屋 も、茶席の規模に応じて、いくつかの茶室として使えるような、近代数寄屋建 築になっている。 松永安左エ門は、あちこちの部屋に寝ていたそうだ。 三 畳大の床の間は、長身の松永が死んだ時のために、大きく作られていたという。  部屋と部屋の間に金庫があり、隣に奥さんの居室があった。

 大きなガラス戸を通して、庭の若楓が美しく、独特のカーブのある築地塀の かなたには、相模湾の海を望み(この日は見えなかったが)、隣の寺には桜の大 樹もある。 四季折々の茶会が催されたのであろう。 大ガラス戸、網代天井、 特に櫛型の桟などに、意匠を凝らしているのは、松永の注文に柳瀬山荘時代か らの出入りの職人が応えたものだったそうで、松永の絵入りの手紙が記念館本 館の方に、自筆の書や使用の杖などと共に展示されていた。

 耳庵と号した松永安左エ門は、ここで多くの茶会を催し、当時の有名な茶人、 政治家、学者、建築家、画家などを招いた。 松永がここに住居兼茶室を構え たのは、松永を茶の道に引き込んだ益田孝(鈍翁)が明治39(1906)年にか ら東海道旧道沿いの南斜面丘陵に掃雲台の建築を始め、大正3(1914)年を晩 年をここで過ごした影響だろう。 掃雲台は2万数千坪ともいわれ、本宅、茶 室、農園などがあったが、現在は分譲地と化して当時の面影はない。 松永記 念館の庭園には、掃雲台にあった益田孝旧蔵の蝸殻庵の炉、本館玄関の沓脱ぎ 石、本館の三重塔(江戸、一部鎌倉時代)、春雨庵の九重塔(江戸時代)、不動 滝の下り龍などの石造物が移築されていて、見ることができる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック