〔昔、書いた福沢〕を続けて出している理由2019/10/11 07:11

 8月末の三日間〔昔、書いた福沢〕シリーズで、下記の「福沢索引」を出し、 『福澤手帖』の拙稿を、9月6日の「日本の「窓」ヨコハマ」から昨10月10 日の「「青木功一著『福澤諭吉のアジア』」読書会に参加して」まで、15編を発 信させて頂いた。

 福沢索引「等々力短信」952号~1000号〔昔、書いた福沢107〕<小人閑居 日記 2019.8.25.>

福沢索引「等々力短信」1001号~1114号〔昔、書いた福沢108〕<小人閑 居日記 2019.8.26.>

福沢索引『福澤手帖』拙稿一覧〔昔、書いた福沢109〕<小人閑居日記 2019.8.27.>

 先日、このブログを読んで下さっているお一人に、「馬場さん、体調でもお悪 いのですか?」と聞かれた。 「呆けそうになってきたので、呆けない内に、 まとめておこうと思いまして」と、お答えした。 昨年暮、このブログを読ん でくれている桑原三郎先生の教え子の方が、「書くことと、読んでもらえること の喜び<小人閑居日記 2018.8.23.>」にひっかけ、私が今まで書いた福沢関 係のブログを「何かしらの形で残したい!」(デジタル出版etc.)と感じたと、 嬉しいことを言って来て下さった。 『私の福沢諭吉』(仮題)という本を造る のは、魅力的である。 でも、今までに私家本を四冊造ってきて、新しい本を 造ることには、躊躇するところがあった。 それでインターネットでどなたに も読んで頂けるブログ「轟亭の小人閑居日記」に、今まで書いたものを発信し て行き、引き出しやすい「索引」をつけることから、始めてみたらどうだろう と、お話したのだった。

 体調が悪いわけではないけれど、この歳になると、いつ書けなくなるかわか らない。 そんなわけで〔昔、書いた福沢〕を集大成して、「今、書く福沢」に つなげていきたいと思っている。