『学問のすゝめ』のすゝめ・「人間交際」〔昔、書いた福沢129〕2019/10/16 07:17

       『学問のすゝめ』のすゝめ<小人閑居日記 2002.2.3.>

 2月3日は、福沢諭吉の命日。 「21世紀、あらためて福澤諭吉を読む」 をキャッチコピーに、『福澤諭吉著作集』(慶應義塾大学出版会)全12巻の刊 行が始まっている。 第1回配本は、1月15日発行の第3巻『学問のすゝめ』 (小室正紀、西川俊作編)。 福沢の著作で最も名高い『学問のすゝめ』だが、 いったいどれだけの人が、読んだことがあるだろうか。 この著作集、新時代 を生きる指針として、福沢の代表的著作を収録し、読みやすい表記、わかりや すい「語注」「解説」による新編集で、全巻予約の特典として特製CD-ROM 「福澤諭吉資料館」がつくという。

 西川俊作さんの解説によれば、『学問のすゝめ』全編をパソコンで検索したと ころ、「実学」は、わずかに3回しかヒットせず、「社会」は、十七編(明治9 年11月出版)に1回出て来るだけだという。 ちなみに、福沢は当初、 “society”の訳語に主に「人間交際」(じんかん、または、にんげんこうさい) を使っていた。(ほかに、「交際」「交(まじわり)」「国」「世人」などというの もある) 「社会」は、福地源一郎の初訳といわれる。

            「人間交際」<小人閑居日記 2002.2.6.>

“society”の訳語に、「社会」でなく、もし福沢諭吉の「人間交際」(じんか ん、または、にんげんこうさい)が定着していたら、どうなっていただろうか。  社会科、社会学は、人間交際科、人間交際学、何となく勉強してみたくなる科 目である。 社会党は、人間交際党だから、おそらく何度も政権を取っていた だろう。 社会主義は、人間交際主義で、やさしい感じになる。 人間交際保 障というのも、相互扶助の精神が出る。 グレース・ケリーは『上流人間交際』 だし、ラグビーは「人間交際人ラグビー」、学生でも軽く勝てそうではないか。  新聞の三面が、人間交際面というのもいい。