またぞろ、偽作「福沢心訓」〔昔、書いた福沢132〕2019/10/19 07:15

      またぞろ、偽作「福沢心訓」<小人閑居日記 2002.3.24.>

 23日夜、TBSテレビの「ブロードキャスター」という番組で、今どき元 気な中小企業として「ハードロックナット」の会社を取り上げていた。 そし て、その会社の社長が「福沢諭吉心訓」の額を掲げ、その一項「世の中で一番 楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つ事です」を信奉していると、やって いた。

 この「福沢諭吉心訓」なるものは、偽作である。 福沢諭吉の書いたもので はない。 したがって『福沢諭吉全集』に収録されていない。 『福沢諭吉全 集』であるのは、その別巻228ページの編纂者富田正文先生による注意書き である。 曰く「(福沢諭吉心訓七則は)偽作文書であることを明らかにしてお く。 この文書が福沢の心訓であると称して流布され始めたのは、昭和三十年 頃であるらしい。 箇條が少くて複製し易いので、大小種々の形で印刷されて 広く世に行なはれてゐる」