阿川尚之さんの『アメリカが見つかりましたか-戦後篇』〔昔、書いた福沢144〕2019/11/01 07:22

        自分で考えるということ<小人閑居日記 2002.7.22.>

 6月のワールドカップ・サッカーの熱狂ぶりをみていて、そういう私もかな りテレビを見てはいたのだが、日本人が集団で一方向に走りだす傾向が、気に なった。 日本が負けた瞬間、もう一つ上に行けたのにという声が、瞬時に圧殺 され、よくやったに世論が統一されたのには、何となく不安を感じた。 そう いえば昨年の4月頃は、小泉人気というものがあったと、思ったのである。

 このところ、そんなことを考えているものだから、阿川尚之さんの『アメリ カが見つかりましたか-戦後篇』(都市出版)を読んでも、アメリカ人の個別主 義についての記述が気になる。 たとえば、たとえば、後にジャパンタイムズ のジャーナリストになる村田聖明(きよあき)さんの章。 村田さんは、日米 開戦の6か月前にアメリカへ留学し、戦争が始まると一時アリゾナの収容所に 入れられたが、10か月で出所、普通に大学生活を送る。 戦争相手である日 本人の村田さんを、当り前に遇する普通の市民が、思いがけなく大勢いる。  「目の前に敵国人が現れたとき、その人物を個人として評価する。 政府が 何と言おうと新聞が何と書こうと、自分で考え、それを遠慮なく口にする。」  「おそらく日本にも、戦争中アメリカ人の捕虜を人道的に扱い、占領地の住民 と個人として親交を深めた人はたくさんいたに違いない。 しかしどちらの国 民が、戦争という極限状況下における集団ヒステリーから比較的自由であった かと言えば、どうもアメリカに軍配を上げざるをえないだろう。」

        自分の意見、相手の意見<小人閑居日記 2002.7.23.>

 阿川尚之さんの『アメリカが見つかりましたか-戦後篇』の山本七平さんの 章に、天皇訪米に合せアメリカへ行ってみないかといわれた山本七平さんが、 キリスト教指導者植村環(たまき)女史の戦争直後のアメリカ講演旅行のこと を思い出す話がある。 昭和21年5月渡米した植村環女史は、「石もて追われ る」ような、きわめて厳しい旅を経験する。              

 「しかし、植村女史の記録を仔細に読むと、アメリカ人の反応は同じ状態に 陥ったときの日本人の反応と違うと、山本は感じる。いかに非難すべき相手で も、その発言自体は決して非難・妨害しないのである。」   「面と向かって日本人は悪魔だと言いながら、納得すると照れずに意見も態 度も変える。植村女史は『トルーマン大統領その他知名な人々も、高圧的な態 度で自分の意見を他に圧しつけることがないかわりに、自分に納得のいかない 不審な点は、あくまでも、きく』と記した。どうも日本人とは異なる反応の仕 方だ。多数は流動的で固定しないから、『これが天下の世論だ』などと高圧的に 言ってもききめがない。『一夜にして全国民が一定“世論”のもとに一変すると いった事態は逆に起こらない』。」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック