入船亭扇辰の「田能久」2019/11/11 06:56

 皆様、ご無事でよろしゅうございました。 午前中、出かけたんです、あの 豪雨の中を、濡れて肌寒かった。 休むほど、大した芸人じゃないし。 爺む さいのは、扇橋の弟子だから仕方ない。 鈴本は、昼夜休み、断水だそうで、 世間中水が溢れているってのにね。 落語界、世間とずれている。

 いろいろと、せっつかれる、家事、育児、介護…、車が錆びついている。 そ ういう時、道楽が潤滑油になる。 月一で、気の合う仲間(噺家じゃない)と、 10人くらいで句会をやっている。 宗匠がいなくて、互選。 一杯やりながら、 ああでもない、こうでもない、と言い合うのが楽しい。 結社に入れば、上達 するんだろうが、宗匠の色に染まるんじゃないか。 口うるさいおばさんに、 才能無しなんて、言われたくない。 よくあれに出るよ、志らくさんは…。

 阿波徳島の田能村に久兵衛さんという人がいて、大の芝居好き。 村芝居で 真ん中に立って座頭、田能久一座で伊予の宇和島へ出かけた、母親を家に残し て。 連日大入りだったが、4、5日して、おっ母さんの具合が悪いという知ら せが入った。 急遽かつらを2、3点、持って帰ることにし、鳥坂(とさか) 峠にかかるのを、村人たちが悪い獣がいるから止めろと言う。 しかし敢えて 山の中に入ると、日が暮れてきた。 ポツポツと降り出し、篠突くような雨に なった。 小さな掘立小屋、炭焼きの小屋らしいのを見つけて、入る。 真っ 暗、囲炉裏があったので、持っていた紙に火打石で火をつける。 あーー、助 かった、腹が減っているのを思い出す。 むすびを食う、クチャクチャ(梅干 の種を出す)。 大きなのを二つ食って、横になる。

 どのくらい寝たか、小屋の入口に八十過ぎの白髪白髭の老人が立って、こち らを見ている。 寝たふりをしていると、旅人起きろ、誰かに悪い獣がいるか らと止められなかったか、と言う。 味を忘れるところだった、人間の味を。  俺は、ウワバミだ。 あなたは、ウワ様で。 領収証の宛名みたいに言うな。  裸になって、俺の口に飛び込め。 母親の具合が悪くて、駆けつけるところで。  名前と所は? 阿波徳島、田能村の久兵衛、田能久で。 えっ、タヌキか、人 間じゃねえ、タヌキか。 俺は鳥坂峠のウワバミで人を化かす、タヌキが人を 化かすのを見てみたい。 化ける所を見せろ。 久兵衛さんが思い出したのが、 かつら、女のかつらをかぶる。 いかがで! 坊主のかつらで、ナンマイダブ!  つづいて、石川五右衛門の百日かづら。 うまいもんだな、俺は人間にしか化 けられない。 俺はあの松の木二本の間に住んでいる、親類づきあいをしよう じゃないか。 お前、何か怖いものがあるか? 饅頭は駄目だぞ。 お金が怖い、 人間の使う金が。 俺が怖いのは、煙草のヤニと、柿渋だ、あれが付くと動け なくなる。 早くお袋の所へ行け、俺も穴に帰る。

 助かった。 峠から、転がり落ちるように村里へ、タヌキに間違えられた話 をする。 ウワバミの声を聞いた。 悪い獣はウワバミだったのか、みんな来 い、ウワバミ退治だ。 一斗樽三杯に煙草のヤニと柿渋を集め、鳴り物をトン トンカンカン、法螺貝をブゥオーーッ、鉦をチーーン。 うるせえな。 旨そ うな人間が来たぞ。 ウワバミが穴から出る。 かけろ! 柄杓や水鉄砲で、 煙草のヤニと柿渋をかける。 ギャーーッ! ウワバミは穴に入る。

 久兵衛さんが家に戻り、おっ母さんの手を取って、明日の朝は旨え粥をつく ってやるから、と話していると、表の戸をドンドン、開けろ! 血だらけ、泥 まみれの老人が、勘弁ならねえと、金色の小判を撒き散らした。 金色の小判 が、八畳いっぱいに広がった。 久兵衛さんの金玉は八畳敷きだ。 勘定して みろ。 やっぱり久兵衛さんは、千両役者だ。