桂三木助の「天狗裁き」前半2019/11/13 06:57

 三木助は、真打になって二年、ネタ下ろしは緊張するという(㐂いちとは逆 だ)。 いろんな不安があって、テープやCDで勉強する。 落語は口伝だから、 師匠によっていろんなパターンがある。 兄(あん)ちゃん、元に戻して(自 分の付けた色を落して)やろうとか、そのままやる人もいる。 原本のテープ をくれたりする。 落語界は、まだテープレコーダーが現役だ。 伯父は四代 目三木助。 可哀そうな先輩がいて、亡くなった人のテープが聞けない。 お 化けが嫌いで、怖いと言い張る。 十年ほど前の話で、兄さん、大人になって、 昼間だったら聞けるよ、と。

 高座が近づくと、見る夢がある。 当日、噺を憶えられずに、舞台の袖にい る。 高座に座っても、噺に入れず、ずーーっとマクラをしゃべっている、今 日のような状態。 焦って、目を覚ます。 そして、稽古しようと思う。 夢 は不思議だ。

 この人は、こんな所で寝て、だらしない顔。 今度は、嬉しそうな顔をして、 笑ってる、面白い夢かなんか見ているんだ。 お前さん、どんな夢を見たの。  夢なんか、見ちゃいないよ。 女の夢かなんか見ていたんだろ、どんな夢だっ たの。 夢なんか、見ちゃいない、しつこいな。 怒んなくてもいいだろう(泣 く)、この貧乏所帯を 切り盛りしているのは、誰なんだい。 張り倒すぞ。 張 り倒せるものなら、張り倒してみろ。 何を! さあ、殺せ! 待ちな、待ち な、お崎さんも、熊の野郎も。 どんな夢を見たかで、さあ、殺せ!になった んかい、仲裁に入りやすい喧嘩をしてくれよ。 お崎さん、俺んちへ行って、 かき餅でお茶でも飲んできな。

 すまなかったな、兄弟。 お前と俺の二人っきりだ、どんな夢を見たんだ?  お前と俺は、ガキの時分からの友達だ。 夢なんか、見ちゃいないんだよ。 お い、おい、おい、それはないだろ、話せよ。 俺は口が堅い、背中を鉈で割ら れて、鉛の熱湯を注ぎこまれても、しゃべらない。 だから、夢なんか、見ち ゃいない。 悪かった、あらすじだけでいいから。 帰えれよ。 俺は、命の 恩人だぞ、去年の暮、お前が風邪で寝込んだ時、駆けずり回って、銭をこさえ てやった。 一昨年の3月28日のことを忘れたか。 何を! お前なんか、 兄弟でも、何でもないからな! バチ、バチ、バチ、バチ! 待て、待て、待 て、お前たち、何で、取っ組み合いの喧嘩してんだ。 大家さん、こいつはど うしても見た夢の話をしないんだ、やな野郎でしょ。 お前も、他人の夢の詮 索をするぐらいなら、店賃を払え。 幾つ? 三つ溜まってるんだ、帰えれ、 帰えれ!