小栗忠順・栗本鋤雲と福沢[昔、書いた福沢161]2019/11/26 07:15

        小栗上野介忠順<小人閑居日記 2003.1.5.>

 3日のNHK正月時代劇は、小栗上野介忠順(ただまさ)を扱ったが、一口 でいえば駄作だった。 41歳の若さで官軍に打首にされてしまったためか、 小栗上野介はあまり取り上げられない。 その点では、今回の番組も意義があ ったかもしれない。

 小栗で、すぐ思い出すのは、司馬遼太郎さんの『明治という国家』で、司馬 さんは小栗を「国家改造の設計者」だったと言っている。 小栗家は三河以来 の家柄で、二千五百石、神田駿河台に屋敷があった。 家格としては小大名に 釣り合い、ドラマで重要な役柄だった小栗夫人は、げんに一万石の大名の息女 だったという。 小栗は無口な実行家で、文章もほとんど残していないそうだ。  薩長がイギリス、幕府がフランスを後ろ盾に、幕末の勢力争いは進行した。 小 栗は、幕府の軍制をフランス式に変えるべく設計し、見事に実施し、海軍と海 運を大いに充実し、徳川家を中心にしたヨーロッパ型の国をつくろうとした。  そのために横須賀に世界的なレベルの造船所をつくるという大構想を実行に移 す。 勘定奉行をやって幕府の金庫の中身を知った小栗は、フランスと結ぶこ とで、その資金を得る道を選ぶ。 横須賀造船所の施行監督に選んだのが栗本 瀬兵衛(のちの鋤雲(じょうん))で、小栗は栗本に(ドラマでは勝海舟に)、 造船所が出来上がれば、たとえ幕府がほろんでも「土蔵付き売家」という名誉 を残すだろうと、言ったという。 小栗には、歴史を大きく見る視野と、つぎ の国家へのうけわたしという思想があったと、司馬さんも指摘している。 司 馬さんは、徳川家とその家臣団に革命裁判をいっさいやっていない新政府が、 知行地の上州権田(ごんだ)村にひきこもっていた小栗をとらえ、小栗の言い 分もきかず、切腹の名誉を与えずに、ただ殺してしまったのは、小栗(という 人物の力量)がおそろしかったからだ、といっている。  

       幕府内の親フランス派<小人閑居日記 2003.1.6.>

 石井孝さんの『明治維新の舞台裏』(岩波新書)の、小栗上野介忠順が出て来 るところを拾い読みする。 幕末、薩英戦争と四国連合艦隊の下関砲撃によっ て、薩長は、列強の軍事力には抵抗できず、開国は避けられないことを知り、 貿易を通じて藩の富強化をはかる道をとっていく。 それには幕府による外国 貿易の独占という幕藩体制下の固有の制度を突き破ることが必要で、諸藩は幕 府から離れていくことになる。 この時、幕府には、とるべき二つのコースが あった。 一つは、雄藩に譲歩して、幕府みずからすすんで自己を雄藩連合政 権に改組することで、もう一つは、時代の流れにさからって幕府の独裁を強め ることだった。 前者の代表者が勝海舟、後者のそれが小栗忠順だった。

 栗本瀬兵衛(鯤(こん)、鋤雲)は、幕府医官の家に生まれ、箱館にいたとき、 フランス人メルメ=ドゥ=カション(ドラマでトルシエのダバティー通訳が演 じていた)と知り合い、日本語を教えたが、その後カションは公使館の書記官 になり、栗本も幕府の要職についたので、栗本はカションとの親交を利用して、 フランス公使ロッシュとの交渉において重要な任務に従事するようになる。  小栗、栗本など幕府内の「親仏派」は、幕府の権力を振興し、その独裁を強め るために、フランスの力(軍事力、経済力)を利用しようとする。 その最初 の大きな企図が、小栗、栗本コンビによる横須賀造船所(兵器廠、幕府では「製 鉄所」という)の建設だった。 

 フランスは日本の生糸貿易の独占を狙っていた。 フランスには当時、生糸 を需要するような事情があった。 19世紀半ばから、フランス・イタリアを 含むヨーロッパの蚕業地帯では、微粒子病という蚕の病気が流行し、フランス の養蚕業は壊滅的打撃を受けた。 それを回復するため、中国およびベンガル 産の蚕種移植をくわだてたが、失敗し、元治元(1864)年にはじまった日 本蚕種の移植は、予期以上の成功をおさめた。 ロッシュの対日政策は、幕府 への軍事的援助強化の代償として、生糸の直接的・独占的獲得という、対日特 殊経済関係の設定に向ったのである。

         『瘠我慢の説』<小人閑居日記 2003.1.7.>

 司馬遼太郎さんが『明治という国家』で、「土蔵付き売家」という小栗忠順の 言葉を引いたのは栗本鋤雲の『匏庵(ほうあん)遺稿』からのようだ。 その すぐあとで、司馬さんは、小栗が栗本に言った「両親が病気で死のうとしてい るとき、もうだめだと思っても、看病のかぎりをつくすではないか。自分がや っているのはそれだ」という言葉を引き(これも『匏庵遺稿』にあるのだろう)、 その言葉を、明治20年代福沢諭吉が栗本から聞いて、『瘠我慢の説』のなかで、 自分の言葉として使っている、と書いている。

 『瘠我慢の説』というのは、福沢が勝海舟と榎本武揚が維新政府の高位高官 になったのを批判したものだ。 福沢はこれを明治24年に書いたが、その写 本を勝と榎本に贈り、いずれ適当な時期に発表したいが、当分は一、二の友人 に示すだけで、世には公にしないつもりである、しかし書中に誤りがあれば御 指摘いただきたいし、また趣意にご意見があれば承りたいと申し入れた。 勝 は「行蔵(こうぞう)は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与からず我に関せ ず」として、他人に示しても異存はないと答えてきたが、榎本は忙しいのでい ずれ返事をするといってきただけで、そのままになった。

 福沢が「一、二の友人」と書いたのは、木村(摂津守)芥舟と栗本鋤雲で、 のちに旧紀州藩主徳川頼倫(よりみち)にも贈った。 栗本は福沢の親友の一 人であったが、晩年は眼を患って書を読むのが困難だった。 福沢は『瘠我慢 の説』を携えて栗本を訪ね、大要を語って聞かせたところ、栗本は非常に喜び、 熟読したいから置いて行ってくれるようにと懇願した。 栗本は不自由な視力 を使って、丁寧にそれを読み、「読んで此(ここ)に到り、覚えず声を放って痛 哭す」などと、写本の各ページごとに二、三の評言を欄外に書き込んだ。 栗 本がいかに感激して読んだかがわかる、その写本は今、慶應義塾図書館にある。

   維新の内乱に列強干渉の危険はあったか<小人閑居日記 2003.1.8.>

 栗本鋤雲は『瘠我慢の説』を読んだ感激を、自分だけのものにしておくこと が出来ず、気心の知れた来客に見せたようで、なかには写しとった者もあり、 次第に新聞雑誌にも漏れるようになった。 それが福沢の目にもふれ、正確な ものを発表したほうがよかろうということになり、明治34(1901)年の 元旦から『時事新報』に連載された。

 徳富蘇峰は1月13日の『国民新聞』に「瘠我慢の説を読む」という批評を 書き、維新の際の勝海舟の行動を弁護して、あの時はわが国の四周に迫って来 る外国勢力に対し日本の独立を護ることが肝要で、国内で相争っている場合で はなかったという趣旨を述べた。 これに対し、福沢は社説記者石河幹明に当 時の事情を事こまかに説明し、「碩果生(せきかせい)」の名で反駁文を書かせ た。 『福沢諭吉全集』などに『瘠我慢の説』付録として載っている「瘠我慢 の説に対する評論に就て」(1月25日に『時事新報』に掲載されたが、その日 に福沢は脳溢血を再発して、2月3日に亡くなる)である。 蘇峰は幕末外交 の実際を知らないからそんなことを言うので、諸外国は単に貿易による利益だ けが目的で、日本の内乱に乗じて兵力をもって干渉を試みるなどということは 出先の公使たちの虚喝に過ぎなかったのだということを述べた。

 これについて私は、植民地化の危険ということからいえば、蘇峰の反論のほ うが正しいように思えて、「等々力短信」第749号「福沢の海舟評価」という 一文を書いたことがある。(参照・福沢の海舟評価〔昔、書いた福沢72〕<小 人閑居日記 2019.6.27.>)

        小栗とロセツ(ロッシュ)<小人閑居日記 2003.1.9.>

 福沢が話して石河幹明に書かせた「瘠我慢の説に対する評論に就て」は、当 時の外交の事情を述べるに当り、まず小栗上野介忠順の「人となり」から説き 始める。 「幕末の事、既に為す可(べか)らざるを知ると雖(いえど)も、 我が事(つか)ふることの存せん限りは、一日も政府の任を尽さざる可(べか) らずとて、極力計画したる所少なからず」として、最も力を致したのはかの横 須賀造船所の設立だと評価している。

 当時の外国人が、開国した日本の様子を観察すると、案外開けた国で生糸そ の他の物産が豊かで、したがって外国製品を需要する力もある。 日本を貿易 の相手国として、その利益だけを求めたのであって、各国公使がややもすれば 兵力に訴えても目的を達するなどと脅迫的手段を用いたのは、公使一個の考え であって、本国政府の意志を代表したものではないと、福沢は言う。 そして 公使やそれに付随する一類の輩にも、いろいろな人物がいて、この機会に乗じ て自らを利し自家の懐を肥やそうと謀った者も少なくないという。

 仏国公使レオン・ロセツ(ロッシュ)は、小栗が全盛の頃、各国人がいて衆 人環視の横浜から病と称して熱海に行き、小栗に使いを出して、小栗かかりつ けの名医浅田宗伯の診察を乞うた。 仏公使の診察は日本の名誉というので、 浅田は熱海に派遣され、以後しばしば熱海を往復して公使を診察した。 ロセ ツは浅田が小栗に信用があることを探知して、治療によって浅田と親しくなり、 小栗との交通を開いたのであって、その謀りごとは、さすが「外交家の手腕」 を見るべし、と福沢はいう。 横須賀造船所の建設に当り、フランス人の技師 を雇い、器械材料の買い入れまで全部をまかせたから、これを引き受けたフラ ンス人の利益は想像しただけでも大変なもので、ロセツはこれが為に非常な利 益を得たと、福沢は途上国借款にからむ鈴木宗男の問題を指摘するようなこと を言っている。 通訳カションも、銅銭を輸出して金に換えて儲けようとして 失敗したと、書かれている。