三笑亭夢丸の「将棋の殿様」後半2019/12/06 07:14

 殿様が将棋というと、みんな逃げる。 その方らは弱い。 一同の者、控え おるか。 殿が余りにもお強い。 余が一計を案じた。 逃げた者は切腹じゃ。  勝った方が、鉄扇で打ち据える。 殿がお負けになられても? 勝負のことじ ゃ。 お飛び越え、お取り払い、駒のお手討ちは、ございませんな。 まあな、 多少あるやもしれぬ。

 しかし、アッという間に、勝負がつく。 仕舞じゃ、鉄扇を。 家来の頭は、 瘤だらけ。 瘤と瘤の間が合体して、二倍になっている。 こっちは血だらけ、 あたま血イ世の中だ。 

 田中三太夫、お年寄、病気でしばらく休んでいた。 殿様が奇想天外な手を 使い、殿様の頭には瘤が一つもないと聞き、おのおの方の仇を、と。 おう、 爺ィか、皆、弱いでのう。 本日は、この三太夫がお相手を。 殿には昔、将 棋をお教え致しましたが、だいぶご上達のご様子、間に鉄扇が賭かっておると か。 三太夫はよい、余の情けじゃ。 この薬缶頭はへこみません、ぜひとも お手合わせを。

盤駒を持って参れ。 余の駒が並んでおらん。 将棋は畳の上の戦さ、並べ 方もご存知ないのでは、大将は務まりません。 飛車と角が、逆ですが…。 余 が先手じゃ。 ヘタが先手と決まっております。 まず、角道を。 殿、ヘタ は角道を開けるもので。 爺ィは、早いのう。 ヘタな考え、休むに似たりと 申します。 桂馬を取ってはならん。 そんな訳には参りません、これは戦さ、 身分の上下はございません。 余は、こうじゃ。 (勝手に取った)その飛車 は、お返しを。 (殿様は)投げ返す。 (三太夫は)元に戻す。 それでは、 殿、王手。 そこは角、そこは桂馬が効いております。 余の行く所がないで はないか、負けとうない、終わらん。 それは策も略もなく、馬鹿大将のなさ ること。 能ある大将は、ご決断を。 負けじゃ、余の。 お約束の鉄扇をば ご拝借、武士に二言はないはず。 三太夫若きより、一刀流片手打が得意で。  指をポキポキ鳴らして、殿、ご免。 頭ではなく、膝頭をバチッと打つ。 そ れでも、ポロポロッと涙、痛い! 片付けよ、盤も燃やせ。 今後、わが藩で 将棋を指す者は、切腹を申しつける。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック