五街道雲助の「火事息子」前半2019/12/07 07:02

 私で最後ですから、しばらくお付き合い下さい。 今、帰ろうと思っても、 ドアに鍵がかかっていて、出られません。 江戸城の天守閣が、振袖火事で焼 け落ちた。 町方からの火事で、江戸の七割が焼けた。 火除地がつくられ、 町内に火の番小屋が置かれた。 定火消、大名火消、そして町火消が設けられ た。 町火消は、いろは四十八組というけれど、ひ組はいけないてんで、ない、 へ組はだらしがない、幅が利かない、ら組もない。 纏(まとい)を先頭に、 ま組の次にら組が来ると、具合が悪いともいうが、江戸っ子は巻き舌でら組が 言えない。 代りに百・千・万という組があって、いろは四十八組。 定火消 は10~14カ所あり、与力、同心に、臥煙(がえん)という火消人足がいた。 臥 煙は、褌(ふんどし)に法被(はっぴ)一枚、全身に彫り物を入れていたが、 これが痛いので、上方では「我慢」と言った。 噺家にも、以前は彫り物を入 れている人がいて、背中に定紋を入れ、夏場も失礼がないと言っていた。

 臥煙は、奴銀杏に髷(まげ)、鳶口持って、火の中に飛び込む。 その勇みに 憧れた藤三郎は、神田あたりの質屋の倅、火事が好きで、半鐘がジャンと鳴る と、飛び出す。 十七の時、火消になりたいと言い出し、十九の年に家を飛び 出した。 久離切って勘当ということになり、五年が経った。

 冬の寒い晩、筑波おろしの強い風の中、ジャンジャンと半鐘、それが二番、 擦半(すりばん)に変わり、太鼓がドンドン鳴る、大変な騒ぎ。 貞吉、どう した? 表を通る方が、この家は蔵に目塗をしていない、と言っています。 左 官の源治に言ってあるだろう。 風下の方で手一杯だと申しまして。 番頭さ ん、目塗をしておくれ。 高い所が得手ではありません。 私も一緒にやる、 土さえついていればよい。 番頭さん、梯子を登って、目塗台に乗って。 折 れっ釘をつかめ。 用心土をこねるんだ、用水桶の水でこねて、大きな団子に して。 いいかい、番頭さん、ヒノフノミ! おでんをつまんでんじゃないよ、 上からつまむな。 下からしゃくうように、受け取れ。 大きいのを、ヒノフ ノミ! 顔にベチャ。 私の頭でございます。

 その様子を近くの屋根で見ていた一人の臥煙、屋根から屋根へ、ポーーンポ ーーンと飛び越えて来た。 番頭、俺だよ。 アッ、若旦那。 親父は、めっ きり老け込みやがったな。 お前が動き易いようにしてやる。 (前掛けを折 れ釘に結わえてくれ)手を放してみろ。 番頭さんが、ブランブランしてます。  かっぽれ踊ってやがる。

 鳶頭(かしら)、どうした? 火事が湿りました。 表の品物を、どんどん運 び込め。 どちら様で? 吉田屋で。 早速の火事見舞、有難う存じます。 帳 面に付けて。 一杯、召し上がって頂くように。 昔から、肴は沢庵と決まっ ている。 高田屋でございます、風邪の親父の代りに参りました。 いい跡取 りに成んなさった、ウチのと宮参りが一緒だった。 嫁御と孫がいるのか、ウ チの馬鹿は、どこでどうしているのか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック